1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 入籍・婚姻届
  4. 【体験談】婚姻届、提出してきました。書き損じにご注意!!

【体験談】婚姻届、提出してきました。書き損じにご注意!!

2020.04.07

実体験を交えて婚姻届を書く際のポイントを紹介します。
提出までの大まかな流れは以下のとおりです。


1.婚姻届の入手

[入手編] 気づいたら本棚に…

体験談
■婚姻届は、全国の各市区町村役所の窓口で無料でもらうことができます。
僕の場合は、仕事が忙しいことを言い訳に、なかなか取りに行くことが出来ませんでした。
そんなある日、僕の部屋の本棚をふと見ると、見知らぬクリアケースが一つ置いてありまして、中を覗くと婚姻届が2部入ってました。
奥さんが仕事の合間に取りに行ってくれたのです。ほんとうに頭が下がります。


目次に戻る

2.記入

目次に戻る

[記入編] 誤字脱字なく記入しようとしたが…

体験談
■一生に一度だけ記入する大切な書類なので、誤字脱字は絶対にしたくない、と思いながらみんなのウェディングの結婚塾を参考にして記入しました。
が、しかし、早速やってしまいました(汗)住所の枠に本籍を書いてしまったのです。
同時に横から奥さんの冷たい視線を感じたものの気づかないふりをして、気を取り直し2枚目の婚姻届を手に取りました。
「もうミスはできない…」そんな心情の中で、8割程度記入したところで、ご想像の通りまたもや、やってしまいました。
そのときのすごく悲しそうな奥さんの表情、今でも忘れることが出来ません。(汗)
でも、大丈夫です!書き損じが発生した場合でも、正しく訂正すれば問題ありません。
その場合は、以下の手順を踏んでください。
・誤って記入した部分を二重線で消して、正しい内容を記入。・届出人欄と同じ印を、届書の左側欄外に捨印。
なお、自治体によっては訂正印が必要な場合もあります。
僕の自治体の場合、新本籍の修正に関しては訂正印が必要でした。
事前に確認すると良いでしょう。


目次に戻る

3.証人による署名

[証人による署名編] 証人欄に署名をしてもらう

体験談
■証人は、親・仲人・友人・兄弟など、20歳以上ならば誰でもOKです。
僕は、自分の父に、奥さんは彼女のお母さんにお願いしました。
僕の父の場合、食事会を開いた後に署名をもらいました
アルコールが進み楽しい会となり、そこまでは良かったのですが、父はだいぶ酔ってしまったようで大胆に書き損じてしまいました。
食事の前に署名してもらえばと、少し申し訳ない気持ちになりました。
一方、奥さんのお母さんは一発OKでした!


目次に戻る

4.必要書類の手配

[必要書類の手配]必要書類は早めに手配しよう

体験談
■本籍と届先の役所が異なる場合、戸籍謄本が必要になります。
郵送でも手配が可能ですが、1-2週間程度の余裕を持って準備をしたほうがよいでしょう。
僕達もこのケースにあたるため、2週間前に郵送で手配しました。
問題なく手配完了!なお、定額小為替が必要になりますのでご注意ください!


目次に戻る

5.窓口へ提出

[窓口へ提出] 7/20(土)の正午、二人でいざ窓口へ

体験談
■役所には、夜間窓口や時間外窓口があるため、365日、24時間、受け付けてくれます。
僕たちは、7/20(土曜日)の正午に訂正印と二重線だらけの婚姻届を持って家の近くの役所に向かいました。
不備がないか不安を感じつつ婚姻届を窓口の方手渡ししました。
そこで身分証明書の提示が求められまず僕が提示し、次に奥さんの番です。
「・・・」なんと奥さんは身分証明書を家に置いてきてしまったようです!
窓口の方に、なんとかなりませんか?と懇願すると、不備があればこちらから連絡しますが、とりあえずは大丈夫ですよ、と受理してくれました。
少し冷やっとしましたが、こうして、僕達は夫婦になりました!


目次に戻る

振り返ってみて

体験談
■もっとこうしておけば良かったなと思うこととして
・婚姻届は、多めにもらう
・証人に署名をもらうタイミングは、相手のことを思いやる
・窓口へ提出する際に必要な持ち物を確認する
・誤字脱字のない完璧な婚姻届を提出したかった

以上、みなさまのご参考になればと思います!


<「入籍・婚姻届」関連記事>

※ 2016年7月 時点の情報を元に構成しています