1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の費用
  4. 結婚式の費用を抑えて安くしたい!低予算で挙式するコツ

結婚式の費用を抑えて安くしたい!低予算で挙式するコツ

2021.01.06

結婚式や披露宴の費用といえば決して安くはないですよね。
みんなのウェディング結婚式の費用に関するアンケート」によると、結婚式の総額費用(挙式・披露宴)の平均は「316万円」ということがわかりました。

一般的な相場はあるといえ、新生活のために少しでも節約して負担を軽くしたいものです。

また、今ある貯金やご祝儀の額で支払える範囲におさめることも大切です。
結婚式費用の内訳のなかで、コストダウンできる4つのポイントをお教えします。

自作アイテムで予算を浮かす!

みんなのウェディングでアンケートを行なった結果、結婚式で使うアイテムをDIYして結婚式費用を節約したという意見が多く寄せられました*

よく花嫁さんがDIYするウェディングアイテムは例えば…

  • 席次表
  • 席札
  • プロフィールブック
  • テーブルナンバー
  • メニュー表
  • ウェルカムボード
  • リングピロー
  • ムービー(プロフィールムービー・オープニングムービーなど)

《関連記事》


目次に戻る

結婚式会場に持ち込みをする

結婚式会場に持ち込みをする

ウェディングドレスや小物、装飾品を持ち込んだ人も。
ただし、式場によって持込みができるものが違ってきますので、事前に確認しておきましょう。

体験談
持込で15万円節約!
■ネットで沢山調べて、持ち込みした方が安いものはないか比べて、持ち込んだ方が安いものは持ち込み、お願いした方が安い方はお願いする、といった方法をとりました。
また、プチギフトは自分で作るなど、少しでも安くしました。ちりも積もれば、15万位は頑張って抑えたと思います。(30代前半 女性)

体験談
生もの以外は持ち込み
■持ち込み料金が殆どかからない式場だったので、生もの以外は殆ど持ち込みにしたことでかなりコストダウンしました。
でも安っぽくはしたくなかったので、席次表などもゴムでまとめるのではなくサテンのリボンで1部づつ結んだり、メニュー表も紙を重ねたり落ち着いた色見(ボルドーとシャンパンゴールドを基調としました)を使うことで安っぽくならないようにしました。(30代前半 女性)


目次に戻る

外注を活用し費用節約!

式場関係の業者を利用するよりも、外注の業者を利用して費用を節約した方も多いようです。

特に、ブーケやドレス、プロフィールビデオなど、コストダウンできる幅が大きいようです。
ただ、品質で失敗しないよう、しっかり見極める必要はありそうです。

体験談
ネットで安い業者を検索
■ペーパーアイテムは持ち込み可だったので、ネットで安い業者を探し外注した。筆耕も頼まず印刷にした(招待状は後に残るものでもないし、印象に薄いと思ったから)
費用で納得がいかないものは式場と徹底的に交渉した。(20代後半 女性)


その他、お色直しをしない代わりに、前撮りで結婚式当日に着る衣装とは別の衣装を着たり、生花は高いので造花にして節約したというアドバイスもありました。

値引き交渉のコツの他、新郎新婦の費用分担の割合についてまとめている記事も参考にしてみてくださいね。

►結婚式費用の基礎知識はこちら

《関連記事》


目次に戻る

相談カウンターに相談すると安心!

初めて見る結婚式の見積もりやプランって分からないことが多いですよね。
そんな時はプロのアドバイザーに相談してみては!?
ブライダルカウンターのアドバイザーは経験豊富なので、あなたに合った結婚式場やプランを紹介してくれますよ♪

体験談
「ブライダルカウンターで具体的なプランを教えていただきました!」
■こちらの要望を聞いてすぐに複数の会場、専用プランを紹介いただき大変助かりました。
会場への見学も翌週だったにも関わらず、すぐしていただけたのが良かったです。
まったく知識のない中で伺ったので、予算規模等は参考になりました。具体的なプランの提示をいただけて満足しました。(30代女性)


みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています