結婚式の1.5次会とは?会場の選び方や会費・金額相場まとめ

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2017.10.31
結婚式の1.5次会とは?会場の選び方や会費・金額相場まとめ

最近増えている1.5次会とは、結婚式披露宴と二次会との両方の特徴をもつパーティー形式の式です。

1.5次会の会場選びから会費設定の相場はもちろん、ご祝儀の必要性、演出内容に決まりはあるのかなど、知りたいことがたくさんですよね。

そこで今回は、結婚式の1.5次会の会費金額の相場や演出内容に関する基礎知識をご紹介します。


1.1.5次会とは?

「結婚式披露宴ほどフォーマルではないが、二次会ほどカジュアルではないパーティー形式の式」 といえるでしょう。

- 二人で海外ウェディングを挙げたが、帰国後は友達や親族にやはりお披露目をしたい
- 結婚式披露宴と二次会を一緒にまとめて挙げたい

という新郎新婦には、まさに1.5次会はぴったりです。

むしろ、義理で招待するゲストではなく、本当に結婚を祝ってほしい身内や恩師、親しい友人や同僚などを招待できる結婚パーティー形式といえます。


2.会費制とご祝儀制について

地域によって慣例は異なりますが、多くの場合、「結婚式披露宴にはご祝儀、二次会には会費」というゲスト側の暗黙の了解があるようです。

結婚式披露宴と二次会との両方の性質を併せ持つ1.5次会では、「会費制」と「ご祝儀制」の2パターンがみられるようです。

「みんなのウェディング」にてユーザーへアンケート調査を行なったところ、1.5次会における会費制とご祝儀制の割合は次のようになりました。

- 会費制・・・65%
- ご祝儀制・・・34%

<会費制のメリット>

招待ゲストのメリット
ご祝儀制に比べて、金銭的な負担が少ないことが最大のメリット。 結婚披露宴と二次会がセットの場合と比べ、半分近く費用負担を抑えることができます。

新郎新婦のメリット
引き出物や引菓子などを選ぶ手間がかからないので、結婚準備の負担が少ないことがメリット。

ご祝儀制と異なり、必ず一定の金額が返ってくることも魅力のひとつです。
デメリットとしては、払った金額相応の料理やドリンクを選ぶのが難しいところと言えます。
また1.5次会の場合は、着席スタイルが一般的のようです。

しかし、コース料理にするかビュッフェスタイルにするか、シャンパンをつけるか否かなど、慎重に検討したいところ。

◆会費金額の相場

みんなのウェディングのアンケート調査によると、会費制の場合の金額の相場は次のようになるようです。

  • 1位 : 5,000円~10,000円未満・・60%
  • 2位 : 10,000円~15,000円未満・・24%
  • 3位 : 15,000円~20,000円未満・・12%
  • 4位 : 20,000円以上・・4%

多くの場合、二次会よりは少し高めではあるものの、一般的なご祝儀相場より、かなりリーズナブルな価格設定になっています。

1.5次会の場合、会費の設定は食事内容にほぼ比例するようです。新郎新婦が希望する食事内容から会場やメニューを決めていきましょう。

<ご祝儀制のメリット>

招待ゲストのメリット
呼び方は異なりますが、基本的に結婚披露宴と同じように引菓子や引き出物がつき、料理やドリンクなどのサービスも安心して受けることができます。

新郎新婦のメリット
結婚披露宴と同じようなサービスを提供できるので、招待ゲストから会費とパーティ内容のギャップについて、悪い印象を持たれずに済みそうです。


3.料理や演出内容について

<食事のスタイル>

1.5次会ではコース料理と、ブュッフェの2つのスタイルがあります。
コース料理はゲストに着席してもらって料理を振る舞うのに対し、ブッフェは立食形式の場合もあるのが特色です。

◆コース料理

会費制の1.5次会であっても、高齢の親族や職場の上司が出席する場合があります。
ゲスト構成によっては、二次会的要素よりも、結婚式披露宴のようなキチンとした雰囲気を強めた方が良い場合にはおすすめです。

ゲストは着席しあらかじめ決められたコースに従って料理が運ばれてきます。

◆ブッフェスタイル

着席する場合もありますが、ゲストは会場に用意された料理を好きなだけ取りにいくことができます。

高齢の親族が出席する場合には、その都度席を立って料理を取りにいくことが難しいので、会場のスタッフに頼んで、料理を取ってもらうなどの配慮が必要です。

<関連記事>

「結婚式1.5次会の会場形式は着席or立食?それぞれのメリットとは」

<1.5次会の演出>

先輩カップル達から、1.5次会で行なった演出についてのリアルエピソードが寄せられています。 ぜひ、演出を考える際の参考にしてみてくださいね。

体験談:「定番の演出とくじ引きのプレゼント」

■余興と皆でたくさん写真を撮りたかったので、フォトラウンド、従来のようなケーキカットとファーストバイト、生い立ちムービー、あとは、受付でくじを引いてもらっておいて、その引いた記号によってプレゼントしたりをしました。(20代前半女性)

体験談:「海外ウェディングのDVDを上映」

■小さいゲストからのケーキの飾りつけ、ケーキカット、ハワイ挙式のDVDの上映、親族からの余興、テーブルフォト。(20代後半女性)

体験談:「時間配分をきちんとして楽しむ!」

■ディナータイムとアトラクションタイムに時間を分けて、ディナータイムは食事と写真を楽しむ、アトラクションタイムは余興を繰り出し、楽しめるような内容を考えた。(30代前半女性)

体験談:「新郎新婦で司会進行をした!」

■会食中心の気の置けない場にしたかったので司会者も入れず新郎新婦で司会進行をした。最初にホテルが用意したケーキカットと、最後に新婦父からの締めの挨拶で終えた。(30代前半女性)

体験談:「ホームパーティのような会に!」

■演出と言える演出はありませんでした。イメージとしてはホームパーティーのような会でした。席も決めず、みんなが好きなように動けるように心がけました。(20代後半女性)

体験談:「全員がスピーチをした!」

■友人や上司のスピーチではなく、全員にマイクを回して好きなように話してもらいました。後は友人手作りのムービーを流したりしました。(30代後半女性)


4.費用について

結婚式1.5次会の費用金額はどのくらいなのでしょうか?

<1.5次会の費用金額ランキング>

  • 1位 : 50万円未満・・35%
  • 2位 : 101万円以上・・33%
  • 3位 : 51~60万円・・11%
  • 4位 : 91~100万円・・9%
  • 5位 : 81~90万円・・7%

全体的には、大きく分けて、

  • A : 50万円未満のカップル層
  • B : 100万円以上のカップル層

の二つに分かれるようです。

◆費用と満足度について

では1.5次会にかけた金額が50万円未満と回答したカップル層と、101万円以上と回答したカップル層では、満足度に違いはあるのでしょうか?

先輩カップルたちのリアルエピソードが寄せられているので、ご紹介します。

A : 50万円未満・・35%

本来披露宴を行なう予定ではなかったカップルは、1.5次会を行なうと決めた時点から費用を最小限でおさえたいと考えているようです。
会費制にして予算総額を計上し、その範囲で確実におさめようとした様子がうかがえます。

体験談:「大満足!新郎新婦の「持ち出し」費用は想定内! 」

■会場費とは別に自分たちでの持込みなど入れるともう少し別途でかかっていますが、自分たちの持ち出しとしては(親族の飲食代なども含めますが)30万円ぐらいに収まりました。値段に関しては、予定通りで大満足でした。(20代後半女性)

体験談:「満足!式を挙げない予定だったのでリーズナブルな1.5次会で!」

■ちょうど良かったと思います。これ以上高ければ式を挙げたいし、低いとケチケチした感じになってしまうので良かったです。(30代後半女性)

体験談:「納得=会費を設定して費用を決めたので、想定内だった!」

■会費でまかなえるようにもともと計算して行ったので、想定内の金額でした。スライドを作ったり、自分たちで手作りする時間はさきましたが、節約できました。(20代前半女性)

体験談:「微妙…一般的な二次会よりは、「おもてなし」を意識! 」

■招待客に負担にならない金額で、なおかつ、一般的な二次会のように、会費をいただいても景品やらで差がでないよう、皆にも平等に景品がいくようにした。キャンセルも少しあり、2人の負担が少しあった。(30代前半女性)

体験談:「微妙…予定外の1.5次会だったのでこの出費はちょっと惜しい! 」

■結婚式と別に1.5次会を行ったので、正直、この出費がなければもう少し旅行に沢山使えたな、とか、家具にお金を使えたなとかも思いましたが、みんなにお祝いをしてもらえたのでよかったです。(30代前半女性)

B : 101万円以上・・33%

100万円を超えると、2次会の特徴よりも披露宴のイメージが強くなってくるようです。
特に、食事の費用が全体を決める披露宴と同様、着席のコース料理が主流となります。

ご祝儀制にして、「おもてなし」や「見栄え」にも重点をおいた、こだわりの内容になる傾向がみられます。

体験談:「大満足!持ち出し分よりも、通常の披露宴に匹敵する内容に満足!」

■形式は1.5次会だったけれど、内容(食事・引き出物等)は通常の披露宴と同等のものを用意できたと思うので、会費制にした分自分たちの持ち出し分の額はかなり高かったけれど、その分とても満足しています。(20代後半女性)

体験談:「満足!こだわりの演出、プロミュージシャンのライブ!」

■雰囲気や料理、プロのミュージシャンによるライブなどこだわる点があったので費用はかかりましたが、招待者のみなさんにも楽しんでいただけ、自分たちも納得がいくパーティーになったのでよかった。(20代後半女性)

体験談:「満足!二次会への移動を省けてよかった!」

■一次会とは別に二次会をすることを考えると安く済んだと思います。また二次会の計画を立てたり、移動する手間も省けてよかったと思います。(30代後半女性)

体験談:「満足!150名を招待したので、コスパはよかった! 」

■金額としては大きいですが、人数が150名近くいたので、一人ずつの値段を考えると、とってもコストパフォーマンスの高い会でした。人数が多いからできたことかなと思います。(30代後半女性)

体験談:「微妙…ご祝儀制だが、ゲストの包む額に幅がありすぎた!」

■ご祝儀制でしたが、包む額がまちまちで料理と飲み物、引き出物だけの計算でも赤字となりました。会費制にすれば良かったなと今なら思います。(20代後半女性)

体験談:「微妙…持ち込み不可のものが多いということが、あとから発覚!」

■最初は、手作りにして安くと思っていたけれど、ほとんど持ち込みが不可でどんどん見積もりが上がって、内容に比べると値段の高い披露宴になってしまった。(30代前半女性)

体験談:「微妙…契約前に値段交渉をすればよかった!」

■もう少し安くなればよかったけど、けちりすぎて見栄えが悪くなるのも嫌だから、これくらいで仕方ないのかなと思いますが、契約してからでは料金を下げることはできないので、契約前に交渉して安くできればよかったです。(20代後半女性)

「結婚式の1.5次会『会費制結婚パーティー』を行なった5つの理由」


5.会場選びについて

先輩カップルは1.5次会の会場をどのような基準で選んでいるのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

<1.5次会の会場選びランキング>

アンケート調査によると、1.5次会の会場として選んだ場所は次のようになりました。

  • 1位 : レストラン・・60%
  • 2位 : カフェ・・7%
  • 3位 : 結婚式場(専門式場)・・7%
  • 4位 : ホテル・・6%

断トツ人気、6割のカップルが選んだのが「レストラン」です。
結婚式披露宴会場ほどかしこまらないけれど、おもてなしの料理には妥協しない、という新郎新婦のこだわりが感じられますね。

では、それぞれの会場を選んだ理由をリアルエピソードからご紹介します。

◆レストランを選んだ新郎新婦

体験談:「ご当地での有名レストランで!」

■会場の雰囲気が和でありつつ、創作フレンチを頂けるレストランで行いました。その地では誰でも知っている有名店で、昔から美味しいと評判だったことからゲストにも喜んでもらえると思って。ゲストに年配の方が多く、卓が椅子とテーブルだったことも大きいです。(40代前半女性)

体験談:「アクセス重視!クローク必須! 」

■遠方から来て下さる方もいたので、飛行機・新幹線でも着やすい立地であること、もし天気が悪くてもぬれずに来られることも良かったです。料理が美味しく色々持ち込みができる、プロジェクターが無料で借りられる、控室がある。冬だったので、クロークがあることもポイントでした。(30代前半女性)

体験談:「普段は行かないような高級レストランで!」

■コストパフォーマンスが良かったのでレストランウェディングを選びました。重視したのは、普段は入れるような無難なレストランではなく高級感のあるレストランを選ぶよう気を付けました。(20代後半女性)

レストランウェディング会場をお探しの方はコチラ

◆カフェを選んだ新郎新婦

体験談:「カジュアルにくつろげるカフェで」

■二次会に重点をおいていたので、ケーキカットなどのイベントや抽選会はせず、カジュアルにすごしてもらえるように広めのカフェにしました。(20代後半女性)

体験談:「行きつけのご飯のおいしいカフェで」

■普段から友達とかと良く行っていて、店員とも顔見知りだったので。ご飯が美味しいのも魅力的でした。アクセスの良さを重視しました。(30代前半女性)

体験談:「雰囲気重視で!」

雰囲気を一番に、重視しました。きれいなかんじでおしゃれで、みんなが盛り上がりやすいところ。でもくだけてないかんじ。(20代後半女性)

結婚式場(専門式場)を選んだ新郎新婦

体験談:「1.5次会だが「本物の披露宴」のようにしたかった! 」

■なるべく本物の披露宴のようにしたかったので、1.5次会ですが、式場を選びました。かわいくてよかったです。(20代後半女性)

体験談:「結婚式場ならば設備が整っていたから! 」

専門式場ならではの対応のよさが決め手だった! ■ その会場が気に入って、式場を決めた。広さ、明るさ、アクセスの良さ、料理の良さ、スタッフさんの良さなど(20代後半女性)

◆ホテルを選んだ新郎新婦

体験談:「控え室やロッカーなどの設備が必須と考えたため!」

■親族用の控え室や遠方から来る人のためのロッカー、更衣室が絶対必要だがレストランなどではないのでホテルに(30代前半女性)

体験談:「格式や豪華さを選びたかった! 」

■お世話になった会社の諸先輩・上司が半数を占めていた為、重厚感がありながら、開放的な雰囲気がある会場にしました。(20代後半女性)


いかがでしたか? カジュアルな雰囲気でのお披露目会や結婚式をやりたい!という方にはぴったりですね。

ふたりで話し合って検討してみてくださいね。


<関連ページ>

レストランウェディングの会場を探すならこちら♪

<レストランウェディング関連記事>

美味しい料理や貸切りの会場♪レストランウェディングのおすすめポイント

レストランウェディング完全マニュアル!会費相場や演出について

結婚式を挙げるのはホテル?レストラン?各会場のメリットデメリット

今どきのカジュアルウェディング♪1.5次会や二部制結婚式

<カジュアル&レストランウェディングにおすすめのウェディングドレス関連記事>

ミニ丈も♪結婚式で着たいカジュアルウェディングドレスまとめ

結婚式を華やかに!カラフルなカラーウェディングドレスまとめ

カジュアル&おしゃれ!話題のツーピースのウェディングドレス

カジュアルな結婚式向け♪ミニ&ショート丈ウェディングドレスまとめ

ナチュラル&カジュアルテイストなウェディングドレスデザイン集

<会場を自分らしく♪ウェディング小物DIY関連記事>

【試してみた】カジュアルな結婚式におすすめ♪タッセルガーランドDIY

【試してみた】自分らしい結婚式に♪簡単ウェディングロゼットDIY

【試してみた】おすすめウェディング小物♪サンキュータグDIY

DIYしたくなる♪結婚式の席札デザインアイディアまとめ

みんなのウェディング相談デスク

関連する記事