1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の種類
  4. 結婚式のご祝儀制と会費制、それぞれのメリット

結婚式のご祝儀制と会費制、それぞれのメリット

2020.07.09

結婚式では、ご祝儀をお渡しするのが基本。
ですが、最近では会費制のウェディングも増えてきました*

「ご祝儀制か会費制か」お祝い金の扱いが異なるとマナーも変わってきます。
そこで今回は、ご祝儀制と会費制のそれぞれのメリットについてご紹介します。

最近の傾向は「どっちもあり!」

日本の結婚式披露宴において、ゲストから新郎新婦側へ贈るお祝い金はご祝儀制の場合が多く、会費制で行なう結婚式は主に北海道など北の地域での慣習とされてきました。

ところが最近の傾向として、

  • 堅苦しくなくアットホームな雰囲気でゲストを「おもてなし」したい
  • 職場の上司や義理の関係よりも、本当に気心の知れた人達に祝ってほしい

という考えも増えてきており、披露宴と二次会の両方の特徴を併せ持つ「1.5次会」という位置づけのパーティーが確立されてきました。

アンケート調査を行なったところ、1.5次会における会費制とご祝儀制の割合は次のようになりました。

  • 会費制…65%
  • ご祝儀制…34%

※みんなのウェディングアンケート

多くの方が、会費制で1.5次会を行っていることがわかりました。 新郎新婦にとって、「ご祝儀制」「会費制」どちらのスタンスで宴を催すべきか、それぞれのメリットをよく考えたうえで、方針を決めたほうがよいでしょう。

《関連記事》


目次に戻る

ご祝儀制のメリット

ご祝儀制のメリット

ゲストとしてのメリット

引菓子や引き出物がつき、料理やドリンクなどの充実した「おもてなしのサービス」を安心して受けることができます。

新郎新婦のメリット

「おもてなし」のための結婚式費用は、ゲストからのご祝儀によってある程度まかなわれます。


目次に戻る

会費制のメリット

招待ゲストのメリット

ご祝儀制に比べて、金銭的な負担が少ないことが最大のメリット
結婚披露宴と二次会がセットの場合と比べ、半分近く費用負担を抑えることができます。

新郎新婦のメリット

会費制のウェディングでは、派手な演出などをなくし「ゲストと共に食事を楽しむパーティー」をコンセプトにする方がほとんどです。
ですので、引き出物や引菓子などを選ぶ労力を極力最小限にすませることができるため、結婚準備の負担が少なくすみます。


目次に戻る

会費金額の相場

  • 1位:5,000円~10,000円未満…60%
  • 2位:10,000円~15,000円未満…24%
  • 3位:15,000円~20,000円未満…12%
  • 4位:20,000円以上…4%

出典:みんなのウェディングのアンケート

多くの場合、二次会よりは少し高めではあるものの、一般的なご祝儀相場よりかなりリーズナブルな価格設定です。


目次に戻る

会費制のウェディングのおさえておきたい注意点

おさえておきたい注意点

1.5次会をはじめとした会費制の披露宴が増えている理由として、

  • ご祝儀の額でゲストに気を遣わせたくない
  • 堅苦しくない、アットホームな雰囲気の披露宴にしたい
  • 披露宴」というよりは「食事会」に近い雰囲気にしたい
  • スピーチや余興などの演出に追われるよりも、ゆったりとゲストと歓談の時を持ちたい

などが挙げられます。

そして、形式にとらわれないオリジナルの「おもてなし」の傾向が強まっている昨今、気の張らない会費制のウェディングは、ますます人気となってきています。

一方、会費制の披露宴の場合、あれこれ節約に走ってしまうと、「内容をけちっている」と見られて、会費と食事やその他サービス内容をシビアに評価され、せっかくのお祝いムードに水を差すことにもなりかねません。

一般的に、会費制は無駄を省いてシンプルなスタイルであるために、経費は安く済みます。
しかし、経費をただ節約するのではなく、たとえば食事に関してはご祝儀制と同レベルのクオリティを目指す、など、「おもてなしポイント」ははずさないことが鉄則です。


費用が心配なふたりには…

費用

費用がかかりすぎるから、という節約のために会費制を選ぶのであれば、ゲスト目線で納得してもらえる披露宴にするために、分割払いが可能になるブライダルローンを利用することを検討してもよいかもしれません。

このごろはクレジットカードでの支払いも一般的になってきています。

自分たちの費用負担とゲストたちの満足度をよく比較して、後悔のない内容の披露宴になるよう、ご祝儀制か会費制か、しっかり検討しましょうね。


目次に戻る

ご祝儀を多くいただいた場合

ご祝儀制の場合は、思いの外少ない金額しか集まらないこともあれば、想定外の高額のご祝儀を頂く場合もあります。
特に、親戚関係では慣例としてお互いの家を高額のご祝儀が行き来することがあるかもしれません。

しかし、多くいただき過ぎた!と思っても、それは「ご祝儀」としてありがたく受け取ることがマナーとされています。
もし、そのお礼をしたいのであれば、

  • 新婚旅行先のお土産をランクアップして贈る
  • 贈った方にお礼の品を後日贈る

など、金品でないものを「お礼の気持ち」として贈ることがスマートでしょう。


ご祝儀制も会費制もどちらも特徴があり、それぞれのメリットがあります。

ふたりにとって理想とする披露宴やパーティに添った形式で行えるよう、金額ばかりではなく、まずは内容をよく検討して、素敵な結婚式披露宴になるように計画しましょうね!


みんなのウェディング【相談デスク】

みんなのウェディング相談デスクでは結婚にまつわることなら何でもご相談いただけます!

  • 会費婚
  • 結婚式場探し
  • ドレスや婚約・結婚指輪選び
  • 前撮り・フォトウェディングについて
  • 引き出物やギフト選び

『相談場所がわからない』『何かアドバイスがほしい』という際には、ふたりで悩まずにまずはお気軽にご相談ください。

\気軽に相談したい方にオススメ【無料】/

目次に戻る

1.5次会ができる結婚式場を探す

※ 2016年2月 時点の情報を元に構成しています