1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 入籍・婚姻届
  4. 婚姻届入手から提出までの流れと注意点*知っておきたい婚姻届のこと

婚姻届入手から提出までの流れと注意点*知っておきたい婚姻届のこと

2019.12.25

結婚が決まったらいざ「婚姻届の提出」が頭に思い浮かぶ人も多いのでは?
結婚記念日となることから、提出はいつにしようか迷っちゃいますよね♪

この記事では、婚姻届の入手から提出までの流れ、注意点を徹底解説します。

婚姻届はどこで入手できる?

まず、肝心の婚姻届ってどこでもらえるのでしょうか?
婚姻届の入手先は2つあります*

役所でもらう

オーソドックスな入手先は、「市区町村にある役所の戸籍を扱う部署」です。
役所によって取り扱っている部署が違いますが、受付で「婚姻届をください」と言えば案内してくれます!
婚姻届は全国共通なので、全国どこでもらっても、誰がもらいに行ってもOK◎

自治体によっては、インターネット上でダウンロードもできるので忙しいワーキング花嫁さんでも安心です♪

オリジナルの婚姻届を入手・購入する

役所でもらえるシンプルな婚姻届とは対象的に、キャラクターやおしゃれなデザインの婚姻届もゲットできるんです!
オリジナルの婚姻届をゲットする方法はこちら

  • インターネット上で無料か有料でダウンロード
  • 好みのデザインの婚姻届を購入
  • 自分で手づくりする

一生に一度のものだからこだわりたいって人にはこちらがおすすめ♡
人気の婚姻届製作所では、無料ダウンロードから有料のものまでたくさんの婚姻届のデザインがあります♡
おふたりのお気に入りのキャラクターやデザインを見つけるのも、良い思い出になりそうですね。

目次に戻る

役所の婚姻届じゃなくてもOK

先ほどもお伝えしたとおり、役所の婚姻届ではないオリジナルのものでもOKなんです!
最近では、自分好みに手づくりして世界にひとつだけの婚姻届も人気があります*

2部つくって、記念に飾っておくのも素敵ですよね♡

役所規定のサイズや用紙の規定、内容を満たしていればOKなので、オリジナル婚姻届のつくり方と注意点は下記の記事を参考にしてみてくださいね。

目次に戻る

婚姻届に関する注意点

婚姻届は特別なものなので、記入する際は緊張して間違えてしまう可能性があります。
しかし、いちいちもらいに行ったり、またダウンロードするのは面倒!

そこで、婚姻届はあらかじめ複数枚もらっておくと良いでしょう◎

目次に戻る

婚姻届に記入すること

では、いよいよ婚姻届に記入します!
婚姻届に記入する項目はこちら

  • 1. 届出日・・・届出日=入籍日になります
  • 2. 氏名・・・旧姓を記名します
  • 3. 住所・・・婚姻届提出時点での住民票に記載された住所と世帯主です
  • 4. 本籍・・・住民票の本籍地を記入します
  • 5. 父母の氏名・父母との続柄・・・両親が離婚している場合を除き、母の姓は必要ありません
  • 6. 婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍・・・婚姻後の夫婦の氏と新しい本籍です
  • 7. 同居を始めたとき・・・挙式日か同居開始日の早いほうを記入します
  • 8. 夫婦の職業・・・国勢調査のある年だけ記入します
  • 9. 届出人署名押印・・・旧姓を記入し、印鑑を押す
  • 10. 連絡先・・・日中連絡がとれる連絡先を記入します
  • 11. 証人・・・それぞれの証人に署名・生年月日・住所・本籍を記入してもらい印鑑を押してもらう

鉛筆や消えるボールペンではなく、黒ペンか万年筆で書いてくださいね◎
印鑑は認印で構いませんが、シャチハタはNGです!

目次に戻る

婚姻届に必要な事柄

婚姻届の「11.証人」について説明します。
証人の条件は

  • 20歳以上
  • 親・兄弟・友人など結婚を認める者なら誰でもOK
  • 夫婦が証人の場合は同じ名字でも別々の印鑑を用意

必要な書類は?

婚姻届を提出する際に「身分証明書」「戸籍謄(抄)本」が必要になります。

この「戸籍謄(抄)本」とは、すべての人が必要な書類ではなく
本籍地と婚姻届を提出する市町村区が違う場合のみ提出する書類です。

たとえば

  • 夫の本籍地・・・東京都世田谷区
  • 妻の本籍地・・・神奈川県横浜市
  • 婚姻届を出す役所・・・東京都世田谷区

この場合は、本籍地と婚姻届を提出する市町村区が違う妻のみ「戸籍謄(抄)本」が必要です。
役所に提出する際は、このような必要書類もお忘れなく!

目次に戻る

婚姻届の提出はどこでもOK

婚姻届に記入をしたら、いよいよ役所に提出をします!
じつは、婚姻届は全国どこの役所に提出をしてもOK!

ですから、沖縄でリゾートウェディングをしてそのまま役所で婚姻届を提出すれば、挙式日と入籍日が同じ♡なんてことも可能なんです◎
記念撮影のサービスがある役所もあるので、良い記念になりますよね♡

また、ほとんどの役所では365日24時間対応しているので、夜間の場合は夜間窓口に提出してください。

目次に戻る

婚姻届の提出に関する注意点

最後に婚姻届を提出する際の注意点として、ふたりの旧姓の印鑑を持っていくことをおすすめします。
もし記入ミスなどがある場合、その日に受理されずに希望日に婚姻ができなくなります!

記入ミスが発覚しても印鑑さえあれば訂正印を押せるので、慌てずに対処できますよ◎
スムーズに婚姻届を提出できるよう、慎重に準備をしましょう!


婚姻届の入手から提出までの流れ、注意点をご紹介しました。
婚姻届の提出の参考にしてくださいね!

《編集部のおすすめ記事》

※ 2019年10月 時点の情報を元に構成しています