1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 亡き父を近くに感じさせた結婚式!新郎から新婦へのサプライズ演出

亡き父を近くに感じさせた結婚式!新郎から新婦へのサプライズ演出

2016.03.23

元プランナーの体験談。

娘の結婚式を楽しみにしていたお父様ですが、持病が悪化し娘のウェディングドレスを見ることなく亡くなってしまいまったそうです。

結婚式を楽しみにしながらも、どこか寂しそうな新婦のために新婦に向けて新郎と一緒に「天国のお父様へのプレゼント」のサプライズを考えました。


打ち合わせ

新婦はお父様にも結婚式に出席して欲しかったので、お父様の姿がないのを寂しそうにしておられました。
お父様との思い出話も沢山聞かせてくださいました。

お父様は新婦にはいつも優しくてお母様からは「娘にはいつも甘い」と言われていた程だったそうです。
結婚が決まった時もニコニコして「お前が選んだ人なら間違いないと思うから頑張れ」と応援してくれたそう。

そこでお父様もきっと披露宴に出席して娘の晴れ姿を見たかっただろうと、披露宴会場にお父様の席もご用意することを決めました。
そして他にももうひとつサプライズの演出を行うことに。新婦のお母様にもご協力頂き、準備はOK。新婦に喜んで頂く事はできるのでしょうか。

お開きの前に

新婦から両親への手紙と花束贈呈が終わった後、司会者からのコメントで、亡くなってしまったお父様と新婦との思い出のエピソードなどをご紹介させていただきました。

そして、「天国のお父様にも結婚の報告をして一緒にお祝いをして頂きましょう」と。何も知らない新婦はびっくりしながらも、涙があふれて止まりません。

星空に広がる祝砲

その時です。窓の外から「ドーンドーン」という音と共にキレイな花火が打ち上げられました。
ガラス張りの部屋からも花火が美しく見え、思わずゲストも窓際に駆け寄ります。

天国のお父様もきっと、この花火の音を聴きながら「おめでとう」と祝福してくれていることでしょう。
満点の夜空に広がる美しい花火はきっと新郎新婦にとっても新婦のお母様にとっても、そして参加していたゲストにとっても、忘れられない思い出になったと思います。


まとめ

お父様に披露宴に出席してもらうことはできなかったけど、天国にいるお父様を近くに感じることが出来て、一緒にお祝いをしてもらえたような気がした、と新婦。大変喜んで頂く事が出来ました。

披露宴で花火を打ち上げる演出を行うこともありますが、今回は亡くなったお父様への結婚のご報告、お父様からの結婚のお祝い、という意味も込めて打ち上げました。

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています