1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 定番演出の「ケーキカット・ファーストバイト」にはこんな素敵な由来があった!

定番演出の「ケーキカット・ファーストバイト」にはこんな素敵な由来があった!

2016.03.07

「ケーキカット」や「ファーストバイト」と言えば、披露宴の王道として欠かせないものになっていますよね。このケーキカットやファーストバイトにおける素敵な由来はご存知ですか?

今回は、このケーキカットとファーストバイトの由来についてご紹介したいと思います。


諸説あるケーキカットの由来

西洋では「悪魔は甘いものが嫌い」という言い伝えがあり、幸せな人生を送ろうとする新郎新婦の元に悪魔が近づかないよう、甘いケーキを近くに置き、そのケーキをみんなで食べて「魔よけ」にしたそうです。

また、古代ギリシャに貧しいカップルが1つのパンを分かち合い永遠の愛を誓いながら食べた。という言い伝えから、ケーキカットを「将来食べるものに困らないように」という願いを込めて行うようになったというものもあるそうです。

結婚した新郎新婦の二人が最初に行う「初めての共同作業」であり、二人の人生を切り開くという意味もある事から、披露宴での定番として定着したようです。

ファーストバイトの由来

ケーキカットの後に新郎と新婦がお互いにケーキを食べさせ合うセレモニーを「ファーストバイト」と言います。
新郎から新婦への一口には「一生食べるものには困らせない」という意味で、新婦から新郎への一口は「一生美味しい料理をつくります」という意味があるそう。

また、ケーキの大きさは愛情の大きさに等しいと言われている事から、新郎へのひと口は大きなスプーンなどですくって食べさせる演出も人気です。大きな口を開け、顔中にクリームを沢山つけながら頬張る姿は絶好のシャッターチャンスですし、会場も盛り上がりますよね!

サンクスバイトとラストバイト

サンクスバイトは、これまで慈しみ育ててくれた両親への感謝の気持ちを込めて、自分の両親へケーキを食べさせる儀式。
「今まで美味しいご飯を食べさせてくれてありがとう」という気持ちを込めて。ちょっと照れくさいと思いますが、楽しく感動的な演出ですね。

そして、ラストバイトはサンクスバイトのお返し。
ご両親から息子・娘への最後の一口としてケーキを口に運びます。新郎や新婦にはじめてご飯を食べさせたのはお母様やお父様。そして今まで養い育ててきた役目が終わり、今日からは夫婦が友に助け合って生活していく。そんな新郎新婦へ両親からの最後のひと口なのです。

ファーストバイト・サンクスバイト・ラストバイトは、どれも楽しくて素敵な演出ですので、ぜひ3つ揃って行ってほしいものです!


いかがでしたか?

定番の演出も、意味を知ることで一層演出に思い入れが深まりますよね。思い出に披露宴になる様、是非取り入れてみてくださいね。

※ 2016年2月 時点の情報を元に構成しています