1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 「ありがとうございました」は過去形?意味と使い方、「ありがとうございます」との違いを解説。シーン別の例文も

「ありがとうございました」は過去形?意味と使い方、「ありがとうございます」との違いを解説。シーン別の例文も

2021.11.12

結婚式やビジネスシーンなど、感謝を伝えるときに使うことがある「ありがとうございました」という言葉。語尾が「ました」と過去形になっているのが、感謝を伝えるのにおかしいのでは?違和感がある、という声も。

敬語として正しいのか、その意味や使い方、「ありがとうございます」との違いを紹介します。シーン別の例文も要チェックです。

「ありがとうございました」の意味は?

「ありがとうございました」の意味

「ありがとうございました」は「ありがとう」の丁寧語です。
「ありがとう」は滅多にない・珍しいを意味する「有り難し(ありがたし)」が語源になっています。人に何かしてもらうのは当たり前ではなく、"感謝に値する有り難いことだ"という気持ちを表現する感謝の言葉です。

目次に戻る

過去の出来事に対して感謝するときに使う

「ありがとうございました」は感謝する対象の出来事が過去のことである場合に使います。
感謝しているのは今であっても、過去の出来事を話題にしたり思い出したりしながら「あのときはありがとうございました」というように使います。

目次に戻る

「ありがとうございます」との意味の違いは?

「ありがとうございます」も「ありがとう」の丁寧語で、現在も継続している出来事に対して感謝するときに使います。

贈り物を受け取ったときにその場で「ありがとうございます」と言ったり、相手がわざわざ来てくれたときに「お越しいただきありがとうございます」と言ったりするのがその例です。

目次に戻る

「ありがとうございました」を使った例文

「ありがとうございました」を使った例文

過去の出来事に対して感謝を伝える「ありがとうございました」の使い方を例文で確認してみましょう。

接客やビジネスシーンで

接客やビジネスシーンなど、ひとりないし数人を相手に感謝を述べるときの例文です。過去にやりとりがあり再会したときの挨拶としてよく使います。

例文

先日はご来店いただきありがとうございました。


〇〇プロジェクトでは大変お世話になりありがとうございました。

大勢に話す結婚式で

大勢の人が集まる結婚式のようなイベントで、全体に向けてお礼を述べるときの例文です。
閉会時の締めの挨拶でよく使われます。

例文

■新郎の謝辞
無事に披露宴を行えたのはひとえに皆様のおかげと存じます。本日は私たちのためにお集まりいただき、誠にありがとうございました。


■お礼状
先日は私たちの結婚式にご参列いただき、本当にありがとうございました。

学校や地域など身近な人に

「ありがとうございました」は丁寧語ですから、学校の先生やお世話になった近所の人などにも使えます。卒業するときや就職して再会したときなどに使える例文です。

例文

先生方には3年間ご指導いただき、ありがとうございました。


部活動前にいつも励ましの言葉をいただきありがとうございました。

目次に戻る

「ありがとうございました」を「感謝が終わった」と受け取る人も

「ありがとうございました」は過去の出来事に対する現在の感謝を伝える言葉で、決して感謝が過去のものになったわけではありません。

しかし、地域や相手によっては「感謝そのものが終わった」と捉えられる場合もあります。「過去形を使うことで関係性に区切りをつけようとしているのでは?」と不安な感情を抱かせてしまうことも。付き合いを継続したい相手との会話ではできるだけ「ありがとうございます」を使うように意識するといいかもしれませんね。



「有り難い」ことに感謝する素敵な言葉ではありますが、過去形と捉えられることもあるので状況や相手に応じて注意して使いましょう。気持ちよく感謝を伝えていいコミュニケーションができるといいですね。

※ 2021年10月 時点の情報を元に構成しています