1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 新婦が大号泣!!大好きな彼女のために新郎が仕掛けた披露宴でのサプライズ演出

新婦が大号泣!!大好きな彼女のために新郎が仕掛けた披露宴でのサプライズ演出

2020.01.21

レストランウェディングを希望していたカップルのお話。
新婦が音楽好きで友人も音楽好きな人が多い事から、白いグランドピアノが飾られているレストランを選び、生演奏中心の音楽披露宴にしたいとの事でした。


生演奏中心の披露宴


新婦は小さい頃からピアノを習い、中学高校と吹奏楽部に所属していた音楽好きの方でした。
音楽好きの友人が多いので、余興の代わりに、友達に生演奏をしてもらったりBGMもプロの生演奏をいれたり、音楽に包まれた披露宴にしたい というのが新婦の希望でした。

新郎は音楽とは無縁で、楽譜も読めなければ楽器も演奏できないそうで、新婦は「新郎も音楽が好きになってくれたら嬉しいのに」 と打ち合わせでも何度もおっしゃっていました。


アカペラとの出会い

生演奏中心の披露宴という事で、歓談中にプロが弾くピアノとチェロ、そして入場などの演出の際にプロのアカペラ歌手に依頼して演奏をしてもらう事になりました。

ある日、新郎からメールが届きました。
普段、相談などは新婦のアドレスから届くことが多かったので新郎からのメールは珍しいと思っていると、新婦には内緒でサプライズ演出をしたい との事。

「当日、新婦に内緒でピアノの弾き語りをプレゼントしたい。でも一人だけで演奏して歌うのは恥ずかしいのでアカペラの方にも協力をしてほしい」というものでした。

アカペラのバックコーラスの中、新郎のサプライズ演奏なんてとっても素敵ですよね。
アカペラと新郎とのセッションのための練習が行われました。新郎も新婦に内緒で必死にピアノの練習を行い、アカペラ歌手達と事前に練習や打ち合わせも行いました。


当日

新婦の友人による生演奏が行われている中、新郎には準備のため一旦会場から出てもらいます。 新婦友人からの素敵な演奏が終わった所で司会者から、「ではここで、特別な方から歌のプレゼントがございます」というアナウンス。

何も聞いていなかった新婦は、あれ?と不思議顔でしたが、扉から出てきてスポットライトを浴びたのはプロのアカペラ歌手だったので、アカペラ歌手からのお祝いの歌が始まるのだと思ったようす。

しかし、これこそが私と新郎の計画だったのです。アカペラ歌手によるイントロが始まりました。そのイントロにあわせて入ってきたのは、そう新郎です。

どよめく会場。そして驚く新婦。
ここではじめて司会者から新郎が新婦に内緒でピアノの弾き語りを特訓し、アカペラ歌手と一緒に練習をしていた事が告げられました。

所々、間違える箇所もありましたが、アカペラのコーラスに助けられながら無事に1曲演奏が終わると、会場は大きな拍手に包まれました。 新婦だけではなく親族や友人の方も泣いていました。


新郎の思い

新婦の好きな音楽を使って想いを伝えたかった 。物のプレゼントではなく、心に残るものをプレゼントしたかった、との事で新郎の気持ちはしっかりと新婦に伝わったことでしょう。


今までは音楽や生演奏というのは新婦の趣味でしたが、この披露宴をきっかけに、一緒に演奏会に行ったり楽器やピアノを演奏する時間を作ったりしているそうです。
同じ趣味を楽しめる夫婦というのは素敵ですね。

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています