1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 結婚式の定番「お色直し」って必要なの!?お色直しの歴史とそのメリット

結婚式の定番「お色直し」って必要なの!?お色直しの歴史とそのメリット

2019.10.04

憧れのウェディングドレスって言葉はあるけれど、憧れのカクテルドレスとは言いませんね…。

でも、結婚披露宴ではお色直しをするのが定番なのか? もしくはお色直しをしない花嫁さんも多いのか?

今回は、そもそもお色直しってどうして必要なのか?しなくても良いのか?

目的は?意味は?と、お色直しにまつわる疑問にお答えします。

【目次】

  • お色直しの歴史
  • 式服→レセプション(披露宴)のカクテルドレス
  • 時代背景が影響
  • お色直しの間はトイレタイム
  • お色直しの習慣は日本だけ?

お色直しの歴史

奈良時代にさかのぼるこのお話。
結婚は、女性が男性の家に嫁ぐことがほとんどで、当時、結婚して3日間は白無垢を着続け、4日目に色打ち掛けを着る習慣がありました。

このようにして、相手の家に染まることが許されたそうです。 今でも、披露宴の司会者さんがよくコメントで「あなた色に染まるという意味を持って、お色直しでご登場です」なんて、耳にしたことありませんか?

和装で結婚式を行う場合、白無垢姿で挙式を行い、色打ち掛けを着て披露宴の入場をするというパターンが多いです。

さて、現代はさまざまな解釈があるのが現実です。お色直しに限らず、日本の文化には、海外から取り入れたものを日本風にアレンジして広まっていく傾向があります。お色直しの場合も、いくつものパターンがあります。

式服→レセプション(披露宴)のカクテルドレス

挙式は、式服としての純白のウェディングドレス。そして、披露宴としてカクテルドレスに着替えるという考え。

ただ、披露宴のはじめは、ウェディングドレスのままであることが多く、途中のお色直しでカクテルドレスに着替えることが多いです。

もちろん、先に述べたように、古い歴史の由来も加味して、洋装(ドレス)の場合でも、純白からあなた色に染まるという意味合いを持たせることがあります。

時代背景が影響

派手婚、地味婚という言葉を聞いたことあるでしょうか?

バブル期は、派手婚と言われ、とにかく豪華にお金をかけようという時代でした。

当時は、ほとんどの披露宴において両親が息子、娘を披露する場として考えられていた時代ですから、派手な結婚式の象徴として、とにかく高さのあるウェディングケーキと、お色直しの回数で競い合っていたようなものです。

結婚式は、一生に一度の晴れ姿を披露する日ですから、花嫁に何度もお色直しをさせてやりたいと、3回以上のお色直しもあったほど。当然、披露宴中、新婦が席に座っている時間はわずか、ほとんど中座ということがありました。

もしも今、ご両親がお色直しをしないことに猛反対されているようでしたら、こんな時代背景があってのことかもしれませんね。

お色直しの間はトイレタイム

さて、少し現実的なお話。よくずっと会場にいたいから、お色直しをしたくないという相談を受けます。

そんなときに、よくご説明するのが新婦様のお手洗いのこと。披露宴は約2時間半であることが多いと思いますが、挙式のリハ、挙式、写真撮影、披露宴と結婚式の一日はとても長く、約半日がかりになります。

しかも、その日は何かと緊張の連続。2時間半の披露宴は、主役であるおふたりがメイン席に座っていたらずっと大勢のゲストの注目を浴び続けることになります。

そんな中、フッと息抜きがしたい、お手洗いに行きたいとなったとき、中座というきっかけがなければとても不自然に席を立たなければなりません。

衣装を変えなくても、例えば、小物をチェンジしたり、ブーケやヘアアレンジでイメージチェンジするなど、中座のきっかけをつくっておくことをオススメします。

また、おふたりがメイン席に座っている間はなかなかゲストの方も席が立ちにくいので、その中座中に、ゲストの方もお手洗いに席を立てるなど、実は大事な中休みになるのです。

あまり、中座をデメリットと考えず、活用してみてください。

お色直しの習慣は日本だけ?

ちょっと豆知識。海外ではお色直しをすることはありません。

また、最近では日本でもオーダーのウェディングドレスが広まってきていますが、海外ではウェディングドレスのレンタルは少なく、新しいドレスを購入し、そのウェディングドレスで一日過ごします。

その日一日限りのウェディングドレスですが、その分、気兼ねなく思い切ってガーデンを歩きまわったり、ビーチに出掛けたりといった写真を目にすることができます。

また、お色直しがないこともあって、海外の花嫁のブーケは個性にあふれています。

日本では、挙式でウェディングドレスを着ることもあり、また、古来の純白の…というイメージからか、ブーケも純白に近いイメージが多い印象を受けますが、海外では真っ白なウェディングドレスに合わせてカラフルなブーケを手にする花嫁姿が多いです。


今回のポイント

1.日本の結婚の意味を考えたら、カラードレスは、新郎の好みをプラスして選ぶのも素敵な演出のひとつ

2.最近は、ゲストと過ごす時間を大事にしたいから、お色直しの回数が減っています。でも、中座は新婦にもゲストにとっても必要な時間なので、中座をするきっかけを作っておきましょう

3.中座には、衣装チェンジ以外にもアイディアがいっぱい。小物チェンジ、ブーケチェンジ、ヘアアレンジと予算に合わせて効果的に考えてみましょう

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています