1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の種類
  4. 大好きなペットを同伴させたい! 思いを叶えるために大切なことは?

大好きなペットを同伴させたい! 思いを叶えるために大切なことは?

2019.10.02

最近、メディアに取り上げられている「ペット同伴の結婚式」!みなさんはご存知でしょうか?

「愛犬も大切な家族の一員!だから一緒に参列してもらった!」「夫よりも長い付き合いだから参列して当然!」、こんな声が実施した方から寄せられています。

結婚式にペットを参列するなんて!と両親に最初は反対された新郎新婦もいたようですが、並々ならぬ説得によって、開催にした方もいるようです。

結婚式を終えた方にこの件を伝えてみると「そこまでできる時代になったんだ」という新鮮な気持ちや「あの時代にあったらやってみたかったな」という反応があり、かわいいペットが参列することで、きっとゲストの心も温まり、オリジナリティ溢れる1日になりそうだな~というプラスのイメージがあるようです。

しかし、その一方で、今回結初めて耳にしたり、これから結婚について考える方にとっては、「ペット同伴の結婚式?」ってどんなことかイメージがあまりわかないようです。

「ペットってどこまで参列できるの?」「親族席に犬が座っているの?」「トイレは会場に置くの?」「動物アレルギーの方がいたら対応は?」などまだまだ解明されていない箇所がたくさんありますので、ポイントを絞ってお伝え致します!

【目次】

  • ペット同伴可能な式場を探す
  • ゲストの同意を確認する
  • ペットが同伴するタイミングを考える

ペット同伴可能な式場を探す

まずは、「ペットに合わせた会場選び」です。以前に比べてペット同伴OOKの会場は増えている傾向にあります!

結婚式に求める点として、「オリジナリティ」を重視している新郎新婦が多くなってきていますので、ウェディング会社などは、結婚式プランの1つに組み入れています!しかし残念ながら、すべての会場はOKというわけではありません。

例えば、ホテルなどは、1日に多くの結婚式を実施するカップルがいます。また結婚式以外にホテルに宿泊されるお客様もいるために、ペットを連れての実施は現実的に難しいといわれています。

ではどんな会場が「ペット同伴OK」と打ち出しているのでしょうか?例えば、「建物ごと貸し切ることが出来る邸宅」や「緑が溢れる庭付のゲストハウス」などがあげられています。

いくつかの会場を見比べてみますと、「貸し切り」「ガーデン」「邸宅」は最適な環境のようです。

気を付けたいこととして、ゲストの気持ちも大切ですが、新郎新婦もペットに気を取られながら楽しめないなんてことがないようにしたいものですね。

また普段と違った景色の中に置かれるペットにとっても、思いっきり庭を走ることが出来たりする場所があることによって、ストレスが溜まらずに、新郎新婦をお祝いしてくれることでしょう。

ゲストの同意を確認する

次に実施向けて「事前の参列者の同意」が欠かせません。

家族だから同伴OK・・といっても、ゲスト側は、苦痛になる方もいるかもしれません。

特に、アレルギーをお持ちの方や、ペットが苦手な方にとってはせっかくの結婚式に参列できなくなるかもしれません。

実際に、招待された方の気持ちを聞くと、「少し複雑かな・・」と漏らしている方もいました。

「せっかく買ったワンピースが汚れちゃうかも・・」「犬が吠えてしまったらどうしよう・・・」と考え出すと負のスパイラルにはまってしまうようです。

そこで、結婚式の招待状の中に、「当日は犬も参加しますが、大丈夫でしょうか?」と一声添えてみてゲストの反応を確かめてみたり、もしくは、参加することはどう思いますか?アンケートをとってみてはどうでしょうか?

ペットが参加するイベントの箇所のみ同席するゲストの方だけでも構いませんので事前の配慮は必要です。

ゲストにとっても事前にわかっていれば、心の準備もできますし、楽しみと感じてもらえるかもしれません!

そして、ゲストの生の声を聞いてみることで、ペットとの演出内容を決定づけることが出来そうです。

ペットが同伴するタイミングを考える

さて、会場は決まり、ゲストの方もほぼOK!という段階になったら、最後に新郎新婦が考えることは、「ペットをどのタイミングで参列させるか?」です!

正直、「食事を同じ会場でとる」ということは、NGに近いでしょう。とすれば、ペットが参加できるタイミング、それは、「挙式」です!

例えば、犬がバージンロードを得意げに先導したり、新郎に抱えられて入場し、一緒に新婦を待ってみたりと、とても愛くるしい演出が出来ますよね!

特に、新婦が扉を開けて新郎を見た時に、愛犬も一緒にいたら、感動も一塩です!他には、「リングドッグ」といって、リングピローを背負い、登場する演出もあります!

指輪の交換の際に、扉を開けて走ってくる愛犬の顔は、おそらく大役を任された誇らしい顔つきになっているに違いありません。

挙式であれば、参加する人数も多くはありませんので、事前の承認も少人数で済みますし、思い出に残ること間違いなしです!


今回のポイント

1.会場を選ぶ際はペットがリラックスできるスペースがあるかを確認する。

2.事前にゲスト確認をしておいたほうがよい。

3.常に参加ではなく、演出箇所を事前に決めておく。

結婚式は、自分にとって大切な家族や仲間に囲まれることが一番幸せです。ペットと一緒だからこそできる最高の場所と演出で、心に残る結婚式をつくりましょう。

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています