1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の種類
  4. 卒花だからこそわかる「リアル」!ハワイウェディング体験談

卒花だからこそわかる「リアル」!ハワイウェディング体験談

2022.06.01

一面をエメラルドブルーの海に囲まれた、白いチャペルで挙式…
ハワイウェディング、と聞くだけでその美しい情景が浮かんできますよね♪
小さい頃から憧れだった…なんてプレ花嫁さんも多いのではと思います。
海外ウェディングの中でも圧倒的な人気を誇るハワイ。
今回は、実際にハワイで結婚式を挙げられた卒花さんたちに、ハワイ婚の「リアル」なエピソード をお伺いしました!

「ハワイ卒花会」に参加してくれた卒花さんたちはこちら

Aさん
コオリナリゾートの人気会場「パラダイスガーデン・クリスタルチャペルatコオリナ(旧パラダイスコープ・クリスタルチャペル)」で挙式を終えたばかり。
現在は日本での1.5次会に向けて準備中!

Kさん
Aさん同様コオリナの「ホヌカイラニ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ」で昨年挙式。
毎年のようにハワイへ旅行に行く、ハワイ通♪

Nさん
「ザ・カハラホテル&リゾート」にて今年挙式。お気に入りのハワイスポットは天国の海とも呼ばれる「ラニカイビーチ」♡


家族も友達も、皆が喜んでくれるのがハワイ!

編集部「みなさん、なぜハワイ挙式をやろう!と思ったんですか?」

Kさん 「やっぱり青い海が見えるチャペル で挙式がしたいとずっと思っていたからですね。それと友人のハワイ挙式に参列したときに、“やっぱりハワイ婚って素敵”と実感したからかな」

Aさん「私は家族全員で旅行に行きたかったからですね。旦那さんの兄弟が皆結婚していて、ハワイなら全員で行っても楽しいかなと思って」

Nさん「それわかります。私も親から“ハワイでやってほしいな~”と言われたことがきっかけだったんですが、姪っ子とか甥っ子とか小さい子供も含めて、ハワイなら旅行感覚で行けるな! と思いました。」

編集部「確かに、ハワイなら結婚式はもちろんですが、その後も一緒に滞在を楽しめるっていうメリットがありますよね」

Aさん「そうなんです。友人からも“ハワイ挙式だからってことで休みが取れる” と言って喜ばれました!」

Kさん 「私の友達なんて、私より長くハワイに滞在したりしてましたよ(笑)昔から一緒にハワイに行きたいね!と言っていた友人グループを誘ったんですが、皆すごい楽しんでくれて。あと旦那さん側の友達とも仲良くなってくれたのが嬉しかったですね。私たちがいないところでも皆で遊んでたりして!」

Nさん「ハワイだと何でもあるし、皆喜んでくれますよね。家族の旅行先としても安心だし」

Aさん「それにきてくれた友達とは、より絆が深まった気がします。本当に家族みたいな感じ」

編集部「やっぱりゲストが喜んでくれるって主催側としては、嬉しいですよね。ハワイ挙式は、海外ウェディングの中でも“みんなのテンションがあがる!”ってことが特徴みたいですね!」

Nさん「あと自分自身の準備のテンションもあがりますよ!ハワイのためなら頑張れる!! っていう(笑)」

Aさん・Kさん 「わかる~!(笑)」


皆悩む!「チップどうする!?」問題

編集部「ハワイ挙式で困ったこととかはありましたか?」

Nさん「チップは結構難しかったですね…。ドライバーとか、お世話になる方にはチップを渡すんですが、行きと帰りの送迎のドライバーが同じ人なのか、違う人なのか当日までわからないと言われて。違った場合困るので、チップも2個用意しておかないといけないとか」

Kさん 「当日はバタバタして、結構渡し忘れちゃったり するんですよね~。私も後日渡しに行きました。そのままにしちゃう人も多いみたいですけど…」

Nさん「日本だとチップの習慣がないから、渡し方も難しくないですか!?」

Aさん「そうそう、ネットに“さりげなく渡したほうがいい”と書いてあったんですけど、でもドレスだし隠す場所もないし…(笑)」

編集部「相場っていくらくらいなんですか?」

Kさん2~30ドル くらいですかね。介添人とかずっとお世話になる人には多めに渡しました。プランナーさんが渡す人のリストをくれて、前日に用意していない人がいないかチェックしました」

編集部「なるほど~海外挙式だと、こういう細かい部分も日本と違いますもんね!」


何が起こるか当日までわからないのが、海外挙式!

Kさん 「チップだけじゃなくて、やっぱり海外挙式ならではのハプニング とかはたくさんありますね。私の場合は、撮影の時に雨が降って来ちゃって。ちょっとの雨だとハワイってそのまま気にしないからか、何と誰も傘を持ってなくてずぶ濡れになりました。傘くらい持っててよ~(笑)って思いますよね。でも逆にバルーンの持ち込みはリムジンで運ぶ時6個までって言われてたんですけど、当日は“全部乗せちゃって!”と言われて10個入れてくれました。いい意味でも適当 ですね(笑)」

Nさん「私の時は、ホテルで映画の撮影が行われてたんですよ。なので、ホテル内で撮影がほとんどできなくて…前もって教えてもらえなかったんですよね。まあ、でもそれもある意味思い出ってことでポジティブに捉えましたけど」

Aさん「ちょっとドキドキは多いですよね。ハワイ挙式って」

Kさん当日までどうなるかわからない ですよね。でも、逆にダメだっていうことを当日やってくれたり、いいこともありますけどね」


ハワイ卒花に大人気の「ラヴィファクトリー」

ラヴィhttps://www.la-viephotohawaii.com

Kさん 「後撮りってどこでやりました?私はラヴィファクトリーさんにお願いしたんですが」

Aさん・Nさん「私もです!!!」

編集部「え、全員同じですか!?すごい人気!」

Kさん 「いろんなフォトグラファーがいていいんですよね。好みで選べるので」

Aさん「撮影の盛り上げもすごいですよね。彼のことは“王子”私のことは“姫”って呼んでくれて笑いました」

Kさん 「ラヴィファクトリーさんは日本にも店舗がたくさんあるので、事前に国内で打ち合わせできる のも安心でしたね」


小物は日本から持って行く?現地調達?

編集部「撮影時の小物とかは、皆さん日本から持って行ったんですか?」

Kさん「私はスーツケース1個分持って行きました。あとは現地にも可愛い店がたくさんあるので、向こうで調達しましたね」

Nさん「私も向こうで買いましたね。Party Cityとか、TARGETとか結構ハワイ婚の人は行きますよね」

Aさん「私は日本で自分でジャイアントフラワー を作って持って行きました。茎と花の部分を別にして持って行って、現地でグルーガン でつけました。小物は結構頑張って持って行きました。あと、プロップスは棒をつけずに持って行きました。持ち運びに不便だし、壊れちゃったりするかなと思って。棒部分がないと、パスポートケースに入って便利でしたよ!」

編集部「それとてもいいアイデアですね!私は海外に棒付きのプロップス持って行って見事折れていたという経験があります(苦笑)」


手配会社は自分のこだわりによって選ぼう

編集部「今後ハワイ挙式を検討されている方へのアドバイスとしてなんですが、手配会社を選ぶ時の注意とかってありますか?」

Kさん 「大手の会社だと安心ではあるんですが、割と融通が利かないっていうのはあるかもしれないですね。パッケージはしっかりしているので、色々任せたい!という方にはいいと思います」

Aさん「私の会場は、天井からの光が綺麗に入るチャペルが魅力だったんですが、一番いい12時くらいの時間帯は特定の手配会社 でというのが決まっているんですね。なので、もしこだわりがある場合は、その辺りも調べるといいかもしれないですね」

編集部「なるほど、勉強になります!」


いかがでしたか?
小1時間ほどの卒花会でしたが、ハワイにほとんど行ったことのない編集部も気づけばいろんな知識を習得!
やはり実際にハワイで結婚式を挙げられた卒花さんに話を聞くのが、一番参考になりますね♪

また、皆さん事前にいろんなことを調べて準備されているんだなというのも特徴的でした。
ハワイ挙式を検討中の方は、ぜひたくさんの情報をインプットして会場や手配会社を決めてくださいね♡

▼ハワイ挙式の魅力・口コミ・会場を見る

※ 2022年6月 時点の情報を元に構成しています