【編集部の結婚体験談】最終回 ラフ&カジュアルな海外風ガーデンウェディングレポ 

みんなのウェディング編集部 YJ
最終更新日 2017.06.05
【編集部の結婚体験談】最終回 ラフ&カジュアルな海外風ガーデンウェディングレポ 

「編集部の結婚体験談」ではカナダ人の夫を持つ、私編集部YJが国際恋愛・結婚・結婚式について語ってまいりました♪

最終回の今回は、結婚式レポ!ということで、結婚式当日の様子をダイジェストでお送りしたいと思います。


快晴の中でのガーデンウェディング!

ガーデンウェディングを選んだ時点から最も心配だったのは、やはり当日の天気
式の1~2週間前まで予報が思わしくなかったこともあり、ギリギリまで気をもんでいましたが、当日は見事な快晴に

真夏の開催だったのもあり気温は大変高かったのですが、希望通りのガーデンウェディングを行うことができました。

人前式スタイルで行った挙式は、終始カジュアルに。
ゲストの数人に花を持ってもらい、新郎がそれを集め花束を作るブーケセレモニーや、ガーデンウェディングらしいバブルシャワーの演出を行いました。

普通、挙式というと独特の緊張感があるものですが、私たちの結婚式ではお堅いムードはゼロ(笑)
私たち自身からもゲストからも、笑い声が漏れる楽しい雰囲気の挙式となりました。
自然と開放的な気分になれるのは、ガーデンウェディングの良さの一つかもしれませんね♪

プログラムは、誓いの言葉・キス、指輪の交換とオーソドックスな流れに。
猛暑日ということもあり、長時間の進行はゲストに負担をかけすぎてしまう恐れがあったので、コンパクトな式次第にすることにしました。

ちなみに人前式ならではの「結婚の承認」は、挙手制で
「ふたりの結婚に賛成してくれる人~?」と司会の方から呼びかけてもらい、ゲストのみなさんに元気に挙手をしてもらいました。


披露宴も「とことんカジュアルに」がテーマ

挙式後はレストラン内での、お披露目パーティー。
オープニングムービーから始まり、

サングラス姿のまま登場♪
パーティーも引き続きラフな雰囲気です。

外国からのゲストもいた私たちの結婚式では、全てのスピーチを新郎が英語で、私が日本語で…とWで行いました。 司会者もバイリンガルの方にお願いをしたので、適宜英訳を入れてもらいながらの進行です。
ちなみにカジュアルなパーティーでは増えているスタイルですが、主賓のスピーチは設けず、友人の一人に代表して乾杯をお願いしました♪

お仕事関係のゲストが多い場合などは、このスタイルは難しいかもしれませんが、友人のみのパーティーや1.5次会などの場合は気楽な雰囲気で楽しめますので結構おすすめの進め方です。


(乾杯のシャンパンもなしで、最初からビールで乾杯!)

今回レストランでの開催ということもあり、高砂も設けなかったため、私と彼は終始会場をうろうろ。 ゲストと写真を撮ったり、話をしたり自由な時間を過ごしました♪ 後から写真を見返すと、ほとんど席に座って撮ったものはなかったのに、ちゃっかりふたりとも料理は完食していたので、笑いました(笑)

ちなみにさすがレストラン。
試食をしていなかったのでやや不安でしたが、コースのお料理はとても美味しくて大満足でした♪


演出はオリジナリティにこだわる♪

そんなラフなパーティーの中でも、いくつかのイベントを実施したのですが、これは全て「普通の結婚式っぽくない」ということにこだわってプログラムを作りました。
例えば…

ケーキカットはするものの、お決まりのファーストバイトはなし。
代わりに、

すいか割りを行なって、ふたりで「ファーストすいかバイト」

ブーケトスは行わず、「ブロッコリートス」を実施。
こちらは既婚/未婚関わらずに参加OK♪
彼は男性ゲストに、私は女性ゲストにそれぞれトスを行い、見事キャッチしたゲストには後日宅配で野菜の詰め合わせをプレゼントさせてもらいました♡

また、二次会を兼ねた夜のパーティーも同じ会場で行なったのですが、こちらでは国際結婚らしく?「ファーストダンス」を採用。

最初はベタにEd Sheeranの「Thinking Out Loud」を流し(ファーストダンスといえばこれ!というほど流行りましたね♪)ロマンティックな空気を出したものの…
途中からPSYの「GENTLEMAN」に変わり、皆でワイワイと騒ぎ・踊る!という流れに♪
音響として知り合いのDJに入ってもらい「とにかくテンションが上がるような選曲で」とオーダーをして場を盛り上げてもらいました。

この辺りは、海外風ウェディングの文化を少しでも取り入れられてよかったです♪

その他、ガーデンを使って「水風船投げ大会」をやったり(新郎新婦はびしょ濡れです)終始ゆるーい感じで進めた私たちの結婚式。
ゲストにもきちんとしたおもてなしは出来なかったかもしれませんが「結婚式じゃないみたいだった」「泣かなかった結婚式は初めて」「とにかく面白かった」との感想を頂き、ひとまずほっと胸を撫で下ろしました。


サマーウェディングにおすすめのアイテム

・生ビール

最後に、真夏に開催した私たちの結婚式で用意してよかったなと思ったアイテムをご紹介します。

まずは、生ビールサーバー!
私はあまりお酒を飲まないのでピンと来ないところはあるのですが、ビアガーデンのような気分で暑い中飲むビールは「最高!」だそうです。

・ネイキッドケーキ

ナチュラルウェディングブームで、そのラスティックなデザインが可愛い♡と大流行した、ネイキッドケーキ。
見た目がおしゃれなのはもちろんなのですが、生クリーム面が少ないので、夏の結婚式では機能的に使いやすいというメリットも。
特に私たちのように、テラスやガーデンなど屋外でケーキカットなどの演出をする場合はいいかもしれません♪

・サングラス

サングラスをゲストへのプレゼントとして、受付に用意。
皆当日の服装に合わせて色をチョイスし、身につけてくれたり、持って帰って普段も使ってくれたりと活用してくれて嬉しかったです♪
見た目にもファンキーなイメージになるので、楽しい写真が撮れました♡

・ちょっと失敗…かき氷

サマーウェディングということで、かき氷セットも用意していたのですが、なんと当日マシン(ブレンダー)が上手に稼働せず…!
結局シロップや容器などを大量に用意したにも関わらず、全く使えませんでした(涙)

暑い1日だったので、しっかり作れていれば…と未だに後悔しています。
彼に一度試してもらっていたのですが、ちゃんと自分でも確認すべきだった…!と反省しており、やはり事前準備の大切さを痛感しました。


結婚式をやってよかった!

さて、連載11回に渡りお送りした「編集部の結婚体験談」いかがでしたか?仕事をしながらの結婚式準備はやはりとっても大変。
正直途中で投げ出したくなることもありました。
こだわりきれずに中途半端に終わってしまい後悔したり、当日失敗したことや「もっとこうすればよかったな」なんて反省もたくさん。

それでも、大切な人たちと過ごせた1日は間違いなく一生の思い出に残る、貴重な時間となりました。
全てを終えて出てきた感想はシンプルに「あー楽しかった!」

お金も時間もたくさん使いましたが、全てが報われるような素晴らしい感動がそこにはありました。

ホテルや専門式場での大規模なパーティーも素敵です。でも結婚式はそれだけじゃない。
私たちのように友人だけを招いたカジュアルなパーティーもありだし、家族だけでも、ふたりだけでもいいんです。

形式にとらわれず、是非おふたりにとって最良の結婚式の思い出を作ってもらいたいな♡と思います。

私もいつか後悔している部分のリベンジも兼ねて(笑)
結婚10年目などの節目に、もう1回結婚式をやりたいな…なんて密かに夢見ていたりします♪


<今までの記事はこちら♪>
vol.1 初めての外国人彼氏との付き合いにパニック!
vol.2「婚約指輪はいりません」から始まるプロポーズ
vol.3 国際結婚の婚姻ってどうやるの?
vol.4 国際結婚後のビザ(在留資格)の切り替えは大変だった!
vol.5 私が驚いたカナダと日本の結婚式の違い
vol.6 波乱含みの、極寒のハネムーン!
vol.7 大後悔!テーマウェディングの落とし穴
vol.8 ロゴから、招待状まで!DIYレポート♪(前編)
vol.9 ナチュラルな席次表や装飾アイテム♪DIYレポート(後編)
vol.10 大成功と大失敗!?ドレス・ヘア・アクセサリー準備編

※ 2017年5月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事