1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ウェディングドレス
  4. 1着で4Way?「Quantize(クォンタイズ)」のウェディングドレスのサプライズが凄すぎる!

1着で4Way?「Quantize(クォンタイズ)」のウェディングドレスのサプライズが凄すぎる!

2020.01.31

結婚式で最も花嫁さんがこだわり、また悩むものの一つがウェディングドレス。
「いつかウェディングドレスを着ることが夢だった」という方も多く、運命の一着を見つけるまで妥協はできない!とドレス選びに勤しむたくさんの花嫁さんを目にします。

ウェディングドレス選びは、まず以下の3種類からどういう方法で買うか、借りるかを考えるところから始まります。

  • レンタルドレス
  • セルドレス
  • オーダードレス

詳しくはこちら

それぞれメリットやデメリットがありますが、価格の点がクリアできれば、やはりオーダーでドレスを作りたいもの。

そんな中、手の届く価格でこだわりのフルオーダードレスを作ってくれるブランドがあると聞き、さっそく編集部が取材に伺いました♪

ユニークさと、モード感で人気上昇中の「Quantize(クォンタイズ)」

お話を伺ったのは、東京そして福岡にオフィスを構えるオートクチュールドレスブランド「Quantize(クォンタイズ)」オーガナイザーの川野さん。(写真:左)

川野「オーダーのウェディングドレスってとにかく高いと思って敬遠されてしまうお客様もいるんですが、私たちは手の届く価格で、かつ完全オリジナルのデザインでドレスを作ることにこだわっています」

ウェディングドレス https://www.mwed.jp

確かにドレスを見せて頂くと、どれもユニークなデザインや素材・プリントなどを使用しており、まさに「オーダーだからこそできる」ウェディングドレスの魅力が満載

川野「デザインのユニークさだけではなく、それぞれの花嫁様の体型や事情に合わせてフレキシブルに調整ができるのがオーダーの良さですね。例えばマタニティウェディングドレス。式直前ギリギリまでお直しが可能なので、体型の変化にも柔軟に対応できます。」

マタニティだけでなく、卒花さんから「式直前で体型が変わってしまって、当日“どうしよう!?”とパニックになった」という話をたまに聞くことがある、編集部メンバー。 式直前にフォローしてくれるのはとっても心強いですね♡


目次に戻る

「Quantize(クォンタイズ)」のドレスの魅力は自由な発想で叶える、ユニークなデザイン

着方は何と4way!1着分のお値段で、全く違うスタイルが可能に

新郎新婦 後ろ姿

こちらのシンプルなスリップドレス。ラインの美しさが特長的な大人っぽいデザインですが、何と、この他に3通りの着方ができるというから驚き!

新郎新婦 ボレロ

こちらを見てください。「え?さっきのドレスと同じ?」と思わず疑ってしまうほど受ける印象が違います。
こちらはスリップドレスをベースに、ボレロ、そしてオーバースカートを追加しているのだそう。

新郎新婦

スリップドレス+ボレロだけならこんなイメージに。

新郎新婦 ストリート

スリップドレスに、オーバースカート、さらにサッシュベルトを巻けばまたまた違うイメージの出来上がり!
こちらの新郎新婦は海外ウェディングのために購入をされたそう。

日本でも1.5次会や披露宴などのパーティーを行う場合、写真が同じような印象ばかりになってしまうのは残念ですよね。
これなら、いろんなスタイルに変身できるので、好きなタイプを自由に選べて嬉しい!

あれも着たいし、これも着たい!そんな欲張り花嫁さんの夢を叶えるドレス

花嫁 後ろ姿

こちらのウェディングドレス。
一見してオーセンティックなプリンセスラインのドレスですが、このドレスにも隠れた「Quantize(クォンタイズ)」の技が!

花嫁

それがこちら。そう、マーメイドラインのドレスです。
こちら、先ほどのプリンセスラインのドレスと、実はトップスが同じなんだそう!

「プリンセスもマーメイドも、どっちも着たくて選べない・・・」という花嫁さんも安心の、着まわしドレスなんです。
スカートだけを2着仕立てることで、予算も節約可能。
これには編集部も「なるほど!」と感心してしまいました。

新郎新婦

もちろんカラードレスだって、「Quantize(クォンタイズ)」は自由発想!

花嫁

タイトスカートだけを別で仕立てて、二次会用ドレスに様変わり!
普段使いもできるデザインのため、花嫁さんは式後もパーティーなどで使われているそう♪
オーダーでドレスを作ったときの「挙式後どうしよう・・・」もこうやって解決できるんですね!

目次に戻る

挙式後も想い出をすぐ側に♡メモリアルドレス

新郎新婦

洋服以外のリメイクだって、もちろん可能です!
こちらの花嫁さんは、マーメイドのドレスにブルーのオーバースカートを巻いているそうなのですが、(これだけで既に2Way!)

クッション

こちらのスカートを、式後クッションにリメイク。
可愛すぎるデザインはもちろんですが、結婚式の想い出を身近に残しておけるなんて、素敵すぎます♡

目次に戻る

ギミックを効かせたドレスで、ゲストを驚かそう!

最後に紹介するのは、衝撃の演出を兼ねたドレス。
こちらは是非動画でご覧ください♪

な、なんと!
純白のウェディングドレスが一瞬にして、ブルーのカラードレスに!
花嫁のお色直しは楽しみだけど、会場に長い間いないのは寂しい・・・というゲストの声はよく聞くもの。
このドレスなら、お色直し退場の時間なしで、かつ演出としても使えて盛り上がりそう♪


いかがでしたか?注目のドレスブランド「Quantize(クォンタイズ)」。
取材させて頂き、改めてオーダードレスの可能性と自由さ、そして「Quantize(クォンタイズ)」の発想の豊かさに感激!

ドレスを検討している花嫁さんは、是非チェックしてみてくださいね♪
*ブランドの詳細についてはこちら

「Quantize(クォンタイズ)Tokyo Salon & Showroom ショップページ」

「Quantize(クォンタイズ)Fukuoka Office&Atelier ショップページ」

「Quantize(クォンタイズ) 公式HP」

《編集部おすすめの記事》

※ 2016年7月 時点の情報を元に構成しています