1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ウェディングドレス
  4. ウェディングドレスを格安入手♪おすすめの海外サイトと購入方法を教えます*

ウェディングドレスを格安入手♪おすすめの海外サイトと購入方法を教えます*

2020.04.17

「前撮り用に気軽に着ることができるカジュアルなドレスが欲しい」、「1回しか着ないのにレンタルでも高いなぁ」、「提携のショップだとほかの人のドレスとかぶっちゃう…」、「2次会用に汚れても気にならないドレスを探したい」。
もっとお安く、もっとかわいいドレスを探したいというプレ花さんにおすすめしたいのが、《海外のウェディングドレスサイト》を利用するという方法!
パーティーシーンも多いためデザインも豊富な海外のドレスサイトは、個性的でかわいいドレスの宝庫♡
シッピングコストも抑えめで、お安く購入することができるんです!
今回は編集部イチオシの海外ドレスサイトと購入方法をご紹介します♪


ドレスのレンタルと購入、どっちがいいの?

そもそもドレスのレンタルってみんなどれくらいのお金をかけているの?
レンタル料に約20万円以上かかるというのが相場と言われているそう。
卒花の筆者も、某憧れ系ドレスショップで試着を重ねたら、それぞれのドレスレンタル料がすべて50万円を超えていたことがあり、びっくりしました。
それぐらいみんなドレスのレンタルにお金がかかっているんです!
一方、海外のドレスサイトに注目してみると、10万円前後のものが目立ちます。
海外のサイトで手に入れるのが断然低コスト!
会場にドレスを持ち込む際には持ち込み料(一般的には5~10万円ぐらいが相場)がかかることが大半ですが、ドレスを安く抑えられればレンタルするよりドレスにかかる費用を抑えることも可能なんですよ。


目次に戻る

かわいいドレスが見つかるおすすめサイト!

さぁ、さっそく海外のおすすめドレスサイトを見ていきましょう!

Etsy

世界最大のハンドメイド&ヴィンテージマーケットプレイス「Etsy(エッツィ)」。
Etsy 公式サイト

アクセサリーやホーム&リビング、おもちゃ&エンターテイメントなどさまざまなカテゴリーのなかにウェディング&パーティーも。
これハンドメイド!?というような驚くほど秀逸なデザインが多い一方、ハンドメイドものをサイトで購入する不安もありますが、利用者のレビューがついているのでそこを入念にチェックすれば問題なし!
ドレスは3万円代~10万円代ぐらいまでのものがメインで、お値段の幅(とくに低価格のもの)やサイズ展開が大充実しています。

In Wedding Dress

花嫁のウェディングドレスはもちろん、フラワーガールのドレスやブライズメイド花嫁のお母さんのためのドレスやアクセサリーまで、ウェディングに特化したアレコレが揃うサイトが「In Wedding Dress」です。
In Wedding Dress公式サイト

こちらでのドレス選びの楽しさは、ドレスを探しやすいこととドレスのバリエーションが豊富なこと!

ドレスのデザインや、シチュエーションを細かく分けてカテゴライズされているのでわかりやすい!
いろんな項目があるので、イメージを固める参考にもなります。
ほとんどのドレスが999ドル以下(約10万円)なので、どれを選んでもお財布にやさしいのも嬉しい♡

BHLDDN

NYの人気ブランドが手がけている「BHLDN(ビーホールディン)」。
BHLDN公式サイト

シンプルなデザインのなかにモードやクラシックの要素を上手に取り入れたドレスを展開していて、世界中の花嫁さんに大人気!
サイトで見つけることができるドレスは、とにかくスタイリッシュでオシャレなデザインのものばかりなので、ぼんやり眺めているだけでも幸せな気持ちになれちゃいます♪
価格帯も広く、1万円代から15万円ぐらい のものもちらほら。
価格だけじゃなく、誰ともかぶらないオンリーワンなドレスを着たい個性派プレ花さんには、絶対にこちらがおすすめ。
おしゃれすぎるインスタグラム(@bhldn)からは、ウェディングのアイデアもゲットできるはず♡
@bhldn

こちらのブランドは日本の海外通販サイト「BUYMA」からも購入可能なのが便利なポイント!


目次に戻る

注文時に注意すべきこと!

ドレスが決まったらさっそく注文へ進みましょう!
ただ気をつけたいことがいくつかありますので、事前に知っておきましょう。

①ドレス代に加えて送料などが追加でかかってくる
②住所や問い合わせ等は英語で入力したほうがベター
③発送から到着まではかなりの時間を要すること
④梱包がしっかりとなされていない場合があること
⑤サイズはしっかりと確認しておくこと

まず、①ですが、2,000円~6,000円ぐらいでサイトによって(またはドレスの発送地によって)料金が異なりますので、合計金額に注意しましょう。

②に関して、google翻訳などを使って英語にしておくほうが、配達違いや発送の確認など間違いがありません。

また、③にあるように、海外からの発送になるので時間がかかるのは当然です。
これまで海外サイトを利用した卒花さんも「式のギリギリまで商品が届かなくて焦りました」という人が多数。
スケジュールにはトラブルが生じたときのことも想定して十分すぎるほど余裕をもって!
サイトには大体4~6週間ほどかかりますなどと書かれているので、そちらも確認しつつ、もう少し余裕があると◎です。

そして④。
梱包は、日本の梱包ほどていねいでなくてあたりまえと思っておくのがベター。
もしかしたら破損等もあるかも…ということは想定しておきましょう。
そして一番しっかりと確認しておきたいのが⑤サイズです。
できれば一度ドレスショップでサイズを測ってもらうなど、自分の体について把握しておいて購入するのがおすすめです。
サイズが合わなければドレスが届いても肌の露出具合やデザインに合うインナーが見つからなかったり、ドレスのお直し代に予想外のお金がかかってしまうことも!

そして、もうひとつ大事なことは、
会場にドレスの持ち込みがOKかどうか、持ち込み料がいくらかの確認を!
憧れのチャペルがあるからと決めた会場だけどドレスの持ち込みがNGだった、ドレスの持ち込み料が高くてレンタルしたほうが安かった…ではもったいない!
まずは、ドレスの持ち込みについて確認しておきましょう。
衣装の持ち込みについての相談を見る

目次に戻る

やっぱり海外サイトは不安!というあなたへ

それでも海外サイトは不安!という人もいるかもしれませんよね。
そういう場合はインスタやいろんなSNSで、海外サイトを利用した卒花さんの口コミに目を向けてみましょう。
ドレスをネット通販した方(国内)からの相談を見てみる
インポートドレスに関する相談を見る
どうやって注文したか直接コメントに残すと、親切な方なら答えてくれるかも♪
また、ネットの翻訳サイトを駆使したり英語ができる人に訳をお願いしたりもひとつの手段です。
サイズに関しては、インポートのドレスを扱うショップで試着を重ね、素材や質感を確認してから購入するのもありかもしれません。


ウェディングドレスは、かわいいものをお安くゲットしたいですよね。
他とはかぶりにくいデザインのドレスも豊富に揃う海外のウェディングドレスサイト、ぜひチェックしてみてくださいね!


《ウェディングドレス 関連記事》

※ 2019年3月 時点の情報を元に構成しています