1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 「料理上手」は良い女の必須条件! 美味しいご飯が作れるようになるステップ

「料理上手」は良い女の必須条件! 美味しいご飯が作れるようになるステップ

2016.07.25

料理作りは新婚生活の最初の難関。もともと料理が得意であれば問題ないですが、料理経験があまりなかったり苦手だったりすると大変ですよね。

そんな料理初心者の花嫁たちはどのように腕を上げていったのでしょうか。

「みんなのウェディング」の相談広場では、結婚を控えているのに料理ができないことを心配する女性からの相談が注目を集めています。


相談内容

体験談
■私はお料理ができません。こんな年齢になってお恥ずかしいことなのですが、一人暮らしは5年ほどしていますが、ほとんど外食かたまに家で作るのもただ焼くだけの野菜とか焼きそばとか、とにかく焼くくらいしかできなかったのでとても心配になってきました。皆さんは結婚前はお料理教室に行ったりしましたか? (33歳女性)

大好きな旦那さんにはおいしいご飯を食べさせてあげたいですよね。

それでは、料理が苦手な花嫁はどうすればいいのでしょうか。

回答

ステップ1:最初は失敗ありき! 何度も料理を作るのが上達への近道

■プロの料理人になりたいというのでなければ、結局家庭料理の腕前というのは単純な「経験値」によって決まると思います。致命的な腕前でもない限り料理はやればやるだけ上手くなります。手際がよくなり、冷蔵庫の残りから思いつくレシピの数が増えるのです。(28歳男性)

■料理をする前に必要な材料を必要な分量ごとに準備しておくとレシピを見ながらでも結構順調に作っていくことが出来ます。初めは誰だってへたくそで手際が悪いんです。それでも、繰り返し作っていく事で味付けのコツがわかったり、手際も良くなるものです。教室に通うよりもただひたすら作り続けるのが一番ですね。(29歳女性)

「習うより慣れろ」といいますよね。時間がかかってもいいから作り続けることが上達の一番の近道かもしれませんね。

また、ウェブサイトや習い事で勉強するのもアリです。

ステップ2:クックパッドは手料理の味方

■クックパッドで、毎日あまった食材で何が出来るか検索して作っています。なので、かなりの節約にも役立つし、材料は腐る前に使い切る事が出来ます。(34歳女性)

冷蔵庫にあるもので作れるレシピを検索できるので便利ですよね。

「簡単」と書かれているレシピから試してみるといいかもしれません。

ステップ3:料理教室に通って基礎を学ぶ

■今は来年の結婚へ向けてお料理教室に通っています。手慣れた方から、私と同等のレベルの方まで幅広いです。まだまだ料理は苦手ですが、私の場合、教室にでも通わない限り包丁を握らないので。思い切って申し込みました。いつ行ってもオッケーなので、自分のペースで月に二回ぐらい通ってます。(27歳女性)

■煮物の味付けも目分量でレパートリーも少なかったので結婚前には実家近くに出来た料理教室に通っていました。そこで、基礎的なことを学び、作ることの楽しさを知りました。(30歳女性)

習ったことを家で復習するまでを習慣にできるといいようです。自分に合った教室を見つけて趣味にまでできたら最高ですね。


世の中の主婦たちも少しずつ料理の腕前を身に着けていったようですから、結婚前からあまり焦らずに自分のできるペースで苦手を克服していければいいのではないでしょうか。

愛情込めて作れば彼もきっと喜んでくれるはずです。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています