1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 【感動エピソード】叶わなかった祖父の思い。天国から届いたビデオレター

【感動エピソード】叶わなかった祖父の思い。天国から届いたビデオレター

2020.01.17

もしこの披露宴に出席することができていたら、おじいちゃんは私のウェディングドレス姿をどれ程よろこんでくれていただろう…。

実はおじい様もまた、「孫娘のウェディング姿を見れたらどれ程嬉しいだろう。披露宴でおめでとうと言ってあげたい」という強い想いを持っていました。


おじい様の思い

新婦には内緒で披露宴の最後に流してほしい、というビデオを新婦のお父様に預かりました。今は亡くなっている新婦のおじい様からのビデオレターだそうです。

新婦は小さい頃からおじいちゃんっ子で、生まれて初めて話した言葉も「おじいちゃん」なのだとか。
赤ちゃんの頃の新婦を抱きながら、「おじいちゃん」という言葉を一生懸命に教えたそう。

中学生の頃は、部活で遅くなる孫を心配して車で迎えに行くこともあったのだそうです。
病に倒れ孫の花嫁姿を見る頃までこの世にいられないかもしれない、という事を知ったおじい様は、新婦のお父様に依頼してビデオレターを作った のだそうです。


披露宴当日

華やかで楽しく感動的な披露宴もお開きに近づいてきました。新婦からご両親への手紙。お父さんやお母さんへの感謝の気持ちを伝えた新婦でしたが、手紙の中には天国のおじいちゃんへの気持ち も綴られていました。

「いつも優しくて必ず味方をしてくれたおじいちゃん。学校帰りに迎えに来てくれた時、家族には内緒で寄り道して二人でおやつを食べた日々を懐かしく思います。今日のこの日をおじいちゃんもきっと天国から祝福してくれているよね。これからもずっと見守っていてください」
新婦からの手紙に会場のゲスト達もハンカチで目からあふれる涙を拭っています。

そして司会者からビデオレターの説明が。「実はここである方から新婦へのお祝いのビデオが届いています。」

このまま新郎の謝辞でお開きになると思っていた新婦は、驚きながらもスクリーンを見ていると…。
そこには大好きだったおじいちゃんの顔 が!そして優しいおじいちゃんの声が聴こえます。

「結婚おめでとう。キレイなウェディング姿や幸せそうな姿、本当は直接見たかったんだけど…。いつも天国から見守っています。幸せにね…」
新婦は大号泣。何も知らない新婦や親族からも嗚咽が聞こえる程でした。


「孫の結婚式にお祝いをしたい」という今は亡きおじい様の想いが新婦にも伝わり、懐かしく嬉しく、とても感動したそうです。
きっと今でも新婦ご家族のことを天国から見守ってくれている事でしょう。

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています