1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式準備
  4. プロに頼むべき?結婚式のスナップ写真を友人に依頼するメリット・デメリット

プロに頼むべき?結婚式のスナップ写真を友人に依頼するメリット・デメリット

2019.10.23

一生に一度の大切な結婚式。

かけがえのない一瞬を頭の中だけでなく、きちんとかたちとして残すためには、写真を撮ってくれる人が必要になりますよね。通常は式場のスタッフにお任せしますが、なかには撮影代を節約しようと、カメラが趣味の友人に頼む人も珍しくありません。

しかし、実際に写真ができてきて「プロに任せるべきだった…」と後悔する場合も。そこで今回は「結婚式のスナップ写真」を友人に頼むメリット・デメリットをご紹介してまいります。


メリット1. 撮影代をおさえられる

プロのカメラマンに撮影を頼むとなると、高くて10~20万円ほどかかるといわれています。専門的な人に頼むわけですから、それくらいかかって当然でしょう。
しかし、友人に頼むとなると、撮影料を払うというよりも「心ばかり」として2万円前後を渡すくらいでOK。本来、10万円かかるところを2万円で済ませることができたら、かなり節約になりますよね。

大学時代に写真サークルに入っていたり、趣味でカメラを楽しんでいたりと、撮影スキルに問題がなければ、信頼できる友だちに頼んでみてはいかが?


メリット2. 自然な表情を撮ってもらえる

相手がカメラマンの場合、どうしても近くにカメラが来ただけで構えてしまうもの。実際に写真をみても、表情が固まっていて、2人らしい雰囲気がでていない場合もありますよね。
しかし、普段から仲良くしている友だちに撮影を任せておけば、カメラを向けられても、きっと自然な笑顔で対応できるでしょう。

プロのカメラマンが輪の中に入っていくと、どうしても空気や雰囲気が乱れてしまいますが、友だちが入っていく分には、雰囲気を壊さずに、新郎新婦やゲストの自然な表情をカメラにおさめることができます。

あまりプロっぽい写真を求めていないなら、あえて友だちに頼んでみるのもいいですね!


デメリット センスがいまいち!

「カメラが趣味だから任せて!」と言われて、実際に撮影を任せたものの、出来上がった写真をみて、ガッカリした…という話も珍しくはありません。

どうしてこのタイミングで斜めに撮影するの?とツッコミたくなるような写真があったり、ブレていて表情が分からなかったりと…せっかくの結婚式の思い出が全て台無しになる可能性も。

確実に記念として残しておきたいなら、やはり素人に頼むよりも、プロにお任せするべきでしょう。また「趣味だ」と言い張っていても、どのレベルまでを趣味と呼ぶかは個人の裁量によりけり。

きちんとそれ相応の金額をお支払いして、プロにお任せすれば、失敗することはおそらくほとんどないといっていいでしょう。


いかがでしたか?

節約重視で結婚式の準備を進めることは大切ですが、本来、お金をかけるべき部分まで削ってしまうと、結局は失敗する可能性もあります。 写真撮影を友人に頼む際には、きちんと技量を確かめたうえで依頼しましょう!

※ 2016年2月 時点の情報を元に構成しています