1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 引出物
  4. カタログギフトのメリットとデメリットとは

カタログギフトのメリットとデメリットとは

2020.01.24

結婚式の段取りを決めていくなかで、意外と頭を悩ませることが引出物選び
ゲスト全員に喜んでもらえるものがわからないなら、「カタログギフト」というセレクトもありかもしれません。

引出物で人気のカタログギフト

カタログギフトとは、もらった側が品物を自分で選べるギフトです。
かさばることなく持ち帰ることができ、ゲストが好きなものを選ぶことができるので引出物としてとても人気があります。
ゲストの好みによってカタログギフトの内容を変えることもできるため、気軽に贈りやすいのも特徴です。

目次に戻る

カタログギフトのメリット

では、カタログギフトのメリットとはどんなものなのでしょうか?

メリット

  • ゲストが好みのものを選べる
  • ゲストの持ち帰りが楽
  • 金額ごとに贈り分けをする場合に便利

いちばんのメリットは、ゲストが好きなものを選べること!
ゆっくり物品を選ぶ楽しみも提供できます。
また、持ち帰る際に重たくない、かさばらないという点もゲストにとってメリットです。

新郎新婦にとっての嬉しいポイントとしては、ゲストごとに贈り分けをする場合でも、カタログギフトの価格帯を変えて手配すればよいので非常にスムーズに準備を行うことができます。

目次に戻る

カタログギフトのデメリット

カタログギフトには、メリットもありますがデメリットもあります。
カタログギフトのデメリットとはどんなものなのでしょうか?

デメリット

  • カタログ商品にゲストの欲しいものがない
  • ゲストが申し込みをしないといけない

カタログギフトはたくさん種類はあるものの、ゲストの欲しい商品が掲載されていない場合もあります。
また、ゲスト自身がカタログギフトから申し込みをしなければならないため、手間がかかります。
申し込み期限があるカタログギフトもあるため、うっかり忘れていて引き換えられなかったというケースもあります。

デメリットをカバーする方法

  • 幅広い商品展開のカタログギフトを選ぶ
  • 人気のカタログギフトを選ぶ
  • 引出物がカタログギフトであることのフォローを入れる

「欲しいものがない!」という心配を減らすため、カタログギフトを選ぶ際に掲載商品をしっかりチェックすると◎。
迷ったときは人気のカタログギフトを選ぶと無難かもしれません。
また、引出物は結婚式当日にもらえると考えているゲストもいます。
たとえば「当日の手荷物が増えないようにカタログギフトにした」「好みのアイテムを選んでほしいからカタログギフトにした」など、カタログギフトを選んだ理由を伝えることで、丁寧な印象になります。

目次に戻る

ゲストによって贈り分けをする

ゲストによって引出物を分ける「贈り分け」にはカタログギフトがおすすめです。

金額の異なる引出物を贈り分ける

頂くご祝儀の額はゲストによって異なります。
ご祝儀の額を予想したうえで行う贈り分けは、なるべく引出物の大きさの差が出ないよう金額の異なる物品を考えるというなかなか大変な作業です。
カタログギフトならギフトのグレード(価格帯)を変えるだけで贈り分けができます。

遠方のゲストにはカタログギフトを

金額ではななく、遠方のゲストに考慮して贈り分けをする場合にも便利です。
宿泊する遠方のゲストは、手荷物が多くなりますよね。
持ち帰りやすいカタログギフトは、遠方のゲストへの気遣いに!
「荷物にならないようカタログギフトにしました」など、遠方からわざわざ足を運んできてくれたことを労う気持ちを伝えましょう。


以上、カタログギフトのメリットとデメリットでした。
引出物に迷っている際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

《編集部のおすすめ記事》

※ 2020年1月 時点の情報を元に構成しています