カタログギフトのメリットとデメリットとは

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2017.09.07
カタログギフトのメリットとデメリットとは

結婚式の段取りを決めていくなかで、意外と頭を悩ませることが引き出物選び。
ゲスト全員に喜んでもらえるものを選ぼうとすると、なかなか決まらないものです。

結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」の相談広場では、引き出物選びがなかなか難しく、カタログギフトでゲストに自由で選んでもらうのはどうかと悩む女性からの相談が寄せられ注目を集めています。


私は遠方から来るお客さんが多いため、カタログギフトにしようかなと考えています。
ですがカタログギフトってもらった人たちは嬉しいものなのでしょうか?
それともその場でなにか形のあるものをもらったほうが嬉しいですか? ? (27歳女性)

この相談に対して、みんなのウェディングユーザーから沢山のコメントが寄せられました。


<メリット:重くないし、選ぶ楽しみがある>

披露宴後、2次会や3次会まである場合もあるし重くないのがいいと思います。
選ぶ楽しみもありますし、私はもらって嬉しいですよ! (33歳女性)

ゲストそれぞれの趣味を満足させる引き出物を選ぶのはなかなか大変です。
カタログギフトは重くないうえに、ゲストに選んでいただける点が便利ですね。


<デメリット:欲しいものがあまりない>

私が頂いたカタログギフトの商品で欲しいものは余りありませんでした。今でも商品に交換していないものもあります。(26歳女性)

カタログギフトにはたくさんの種類があるものの、それぞれ特徴も違っていて、必ずしもすべてのゲストが満足することは、やはり難しいようです。

そこで、このようなアイディアもあります。


<ゲストによって変える>

私はゲストによって変えました。友達は近くからしか来ないので、食器。
親戚は遠方からだし年配の人が多いのでカタログギフトにしました。
親戚受けは良かったですよ。予算にあうカタログを見て、選ぶ人の好みを想像して、決めると良いかもしれませんね。(32歳女性)

ゲスト全員ということでなく、「遠方」、「年配」の方への配慮として、かさばらず重くないカタログギフトを用意する、というアイディアがあります。


結婚式のお楽しみとして「形のある引き出物」を期待するゲストは多いかもしれません。
また地方によっては、実際の引き出物を持ち帰るのが当然、という考え方もあるようです。ゲストそれぞれの状況に配慮しつつ、カタログギフトを便利に喜んでくれそうなゲストは誰か、という視点で考えてみるのもよいかもしれませんね。

<「引き出物」関連記事>

結婚式での引き出物の金額相場や喜ばれるギフトとNGギフトとは

意外と知らない?? 引き出物に関する4つのポイント

迷いすぎて決められない!?ゲストに本当に喜ばれる引き出物って

歴史から勉強してしっかり選びたい♪結婚式「引出物・引菓子」選びのマナー

バームクーヘン以外もある!引菓子のいろんな意味を紹介

結婚式でゲストに喜ばれる引き菓子選びの4つのコツ

関連する記事