結婚式の引き出物のルールとは??

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2017.09.07
結婚式の引き出物のルールとは??

結婚式はお祝いごと、何でも「縁起のよいもの」でそろえます。「数」もその一つ。
「2つに分れる」偶数や「4」「6」「9」は避ける、というのが習わしです。

結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」の相談広場に、お持ち帰り予定で席札を手作りしたが、すると引き出物が「4」個になって縁起が悪い、考え直したほうがよいのだろうかと悩む女性から相談が寄せられ、注目を集めています。


プリザーブドフラワーで席札を立てる台を作り、お持ち帰り頂ければと思っています。
引き出物はすでに3個用意してあり、席札もカウントされるなら4個で好ましくないと言われて今悩み中です。
列席は年配者が多くなります。(40歳女性)

この相談に対して、みんなのウェディングユーザーから沢山のコメントが寄せられました。


<引き出物には入らないのでは?>

引き出物には入らないと思います。席札は紙でも持ち帰るのが普通なので、とっても素敵なおまけだと思います。(32歳女性)

自分の席札(メニューなど)は引き出物としてではなく、持ち帰ることが多いようです。


<引き出物の数え方は、さまざま>

以前プランナーさんに、引き出物は、「袋、引出物、引菓子で3品」だったり、「引出物、引菓子、鰹節で3品」だったり、プチギフトも一品に考えたり、地域や家の考え方でほんとに様々だと聞きました!(27歳女性)

「引き出物」の考え方の範囲については、明確な決まりはないようです。


<年配の方には「のし紙」が付いているものが「引き出物」>

席札(名入りで値がはるもの含む)、お見送りのプチギフト、装花の持ち帰りなどは引き出物にカウントしないと思います。
年配になればなるほど、引き出物は「のし」がかかった、両家の名御露目のあるものだという認識が強いと思うので。(35歳女性)

席札には「のし紙」はついていません。お持ち帰りいただいても、引き出物としての認識はなさそうです。


手作りの席札の準備を進めていて素敵ですね。
手が込んでいることや、材料費がそれなりにかかる点から、通常の席札より、「プレゼント」のイメージが強くなりそうです。
しかし、あくまでも席札として用意されているもの。引き出物としてはカウントされずにすみそうです。
素敵なサプライズのプチギフトとして、きっと喜ばれるのではないでしょうか。
よい披露宴になるとよいですね。

<「引き出物」関連記事>

結婚式での引き出物の金額相場や喜ばれるギフトとNGギフトとは

親族への引き出物の相場は?? 友人・上司への金額もご紹介

意外と知らない?? 引き出物に関する4つのポイント

歴史から勉強してしっかり選びたい♪結婚式「引出物・引菓子」選びのマナー

バームクーヘン以外もある!引菓子のいろんな意味を紹介

結婚式でゲストに喜ばれる引き菓子選びの4つのコツ

関連する記事