1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. プチギフト・その他ギフト
  4. 実用品から変わり種まで*卒花さんは両親贈呈品に何を贈った?

実用品から変わり種まで*卒花さんは両親贈呈品に何を贈った?

2019.10.15

結婚式のクライマックスで行われる新郎新婦から両親へのプレゼント贈呈
両家の両親への贈呈品は、感謝の気持ちが伝わる特別な一品を選びたいですよね。
でも、どんなものを選べばいいのか迷ってしまう、というプレ花嫁さんも多いはず!

そこで、今回は「両親贈呈品」についての実例をまとめました。
先輩花嫁さんたちがどんな品を贈ったのか、どこで手に入れたのか、予算はいくらぐらいなのかなど詳しくご紹介!


プレゼント品はいくらくらい?

結婚式で両親にプレゼントする贈呈品の相場は、10,000円前後と言われています。
中でも、5,000円~15,000円の間で選ぶ人が最も多いようです。

とはいえ、5,000円未満や30,000円以上のものを贈るカップルもいるため、絶対的な決まりはありません。
大切なのは値段よりも、感謝の気持ちがしっかりと伝わること
新郎と相談して、両親贈呈品の予算を決めるといいでしょう。


目次に戻る

どこで入手するの?

両親贈呈品の入手については、以下のような方法があります♪

結婚式場の提携業者に依頼する

もっともスタンダードな方法がこちら。
結婚式場専属や式場と提携している業者に依頼すれば、一般的に人気の贈り物を選んでスムーズに手配することができます。

外部の業者に依頼する

みずから業者を探して手配したという花嫁さんも多くいます。
式場提携の業者が扱う贈呈品のなかに気に入ったものがなかった場合や、オリジナリティのある贈り物を選びたい場合は、外部の業者を選ぶと良いかもしれません。

新郎新婦で手作りする

オリジナリティのある贈り物にしたい、より気持ちがこもった品を贈りたい、というカップルには贈呈品を手作りするという選択肢もあります。
時間をかけて準備したことで両親に喜んでもらえるほか、予算を抑えられるというメリットもありますよ。


目次に戻る

両親への贈呈品《基本編》

ここからは、卒花さんが選んだ両親贈呈品アイデアをご紹介します♡
まずは定番のものから*

花束

感謝の気持ちを伝えるシーンで華やかさを演出してくれるのが、色鮮やかな花束です。
せっかくなら、特別な日にふさわしい豪華な花束を贈りたいですよね。
長く残しておけることから、プリザーブドフラワーを選ぶのもおすすめ♪

ウェイトドール

ウェイトドールとは、新郎新婦が生まれたときの体重と同じ重さのぬいぐるみのことで、両家贈呈品の人気アイテムとして知られています。
ぬいぐるみを抱きながら娘や息子が生まれたときのことを思い出し、思わず涙ぐんでしまう両親も多いようです。

アルバムや写真立て

家族写真を使ったアルバムや写真立ても、両親に喜ばれる贈呈品です。
手書きのメッセージを添えれば、より思いがこもった一品になりますね。
WEBから申し込むだけでアルバムに仕上げてくれる業者もたくさんあり、お好みのデザインを選べるのも嬉しいポイント。
写真を使って、オリジナルの時計を作るサービスもおすすめです。

イラストや感謝状

精一杯の感謝の気持ちを表せる贈り物として、両親の似顔絵や感謝の気持ちをつづった感謝状を手作りするカップルもいるようです。
世界にひとつだけの贈り物は、きっと両親に感激してもらえるはず♡
ワインなどのお酒やグラスをセットにして贈ってもオシャレですよね♪


目次に戻る

両親への贈呈品《実用編》

ウェイトベアと旅行券

こちらの先輩カップルは、新郎新婦が生まれたときの体重と同じ重さのテディベアのぬいぐるみと旅行券をセットにしてプレゼント。
「こんなに重たかったかしら」と泣き笑いするお母さまの表情が忘れられない思い出になったそうですよ♡
夫婦水入らずの特別な時間をプレゼントする旅行券もステキなセレクトですよね。


目次に戻る

両親への贈呈品《オシャレ編》

オリジナルの詩「ネームインポエム」、「メモリプレイ」の演出を添えて

両親への贈呈品

プリザーブドフラワーのリースと、家族全員の名前を使ったオリジナルの詩「ネームインポエム」をプレゼントしたカップルの実例がこちら。
工夫を凝らした詩とお花の組み合わせは、なんともオシャレ♪

メモリプレイ

もうひとつ、ご両親への感謝を表す演出として取り入れたのが、新郎新婦の幼少期の思い出を再現する「メモリプレイ」。
新郎新婦に似たプロの子役たちが演じてくれ、ご家族にも大好評だったそうです。
斬新で楽しい演出ですよね♡


目次に戻る

両親への贈呈品《感動編》

子育て感謝状とオーダーの似顔絵

手作りの子育て感謝状は、記念品として残しておける感動のアイテム。
写真とオリジナルのメッセージを入れて作成し、新郎新婦がお互いの両親へプレゼントしたそうです。
きっと、ご両親も大喜びだったはず♡

感謝状に加えて、オーダーした愛嬌たっぷりの似顔絵もプレゼント。
こちらも思い出の品として飾っておけるので嬉しいですよね♪

旅を両親贈呈品へ

「これからは2人の時間を大切にしてほしい」という想いを込めて旅行ギフトと花束をプレゼントした先輩カップルさんも♡
両家のご両親がとても、喜んでくれたそう。
結婚式後にはカタログを見ながらどこに行こうかと楽しそうに相談していたそうですよ♪


目次に戻る

両親への贈呈品《番外編》

両親へ愛の誓いをプレゼント「バウ・リニューアル」

バウ・リニューアルとは、5年、10年と一緒に過ごしてきた夫婦があらためてお互いの愛を誓い合うセレモニーのこと。
欧米で定着している文化ですが、国内でもバウ・リニューアルのプランを設けているホテルもあります♪

とある先輩カップルは、結婚式でこのバウ・リニューアルの演出をサプライズでご両親にプレゼント。
グアムの美しいビーチを前に、あらためて愛情を誓い合ってもらったのだとか♡
幸せに包まれるハッピーな贈り物ですよね。

両親へのファーストミート

新郎へのファーストミートはよくある演出ですが、ご両親へのサプライズとしてファーストミートを行った花嫁さんも。

ウェディングドレス姿をお披露目したあと、ご両親への感謝の気持ちを伝えたそう。
感極まって涙ぐむ新婦と感慨深い面持ちでその姿を見守るご両親。
なんとも心温まる贈り物ですね♡


これまで育ててくれたご両親へ感謝の気持ちを伝える「両家贈呈品」の演出。
実用的なアイテムから思考を凝らしたものまで、バラエティーに富んだ先輩カップルの実例をご紹介しました。
一番大切なのは感謝の気持ちがしっかり伝わり、ご両親に喜んでもらえること。
贈り物に加えて、心を込めたメッセージを添えたり、思い出がよみがえるようなムービーを流したりすると、より鮮明にご両親の記憶に残るのかもしれません。
ご両親の喜ぶ顔を想像しながら、贈り物を選んでみてくださいね♡

《両親贈呈品 関連記事》

※ 2019年5月 時点の情報を元に構成しています