結婚式、披露宴を兵庫で考えているお二人へ。「神戸迎賓館 旧西尾邸」は、神戸・阪神エリアのゲストハウスです。挙式や外観、会場内の写真から式場の雰囲気をつかんだら、先輩カップルが投稿した実際の費用と料金プランを見比べたり、結婚式場口コミで料理やスタッフ、進行演出、衣装や施設の評価をチェック。気になったら、ブライダルフェア・見学予約をして式場訪問してみましょう。

2017年 兵庫県 ゲストハウス 1位 +
2017年 年間ランキング
  • 兵庫県 ゲストハウス 1 位
2016年 年間ランキング
  • 兵庫県 ゲストハウス 料理 1 位
2015年 年間ランキング
  • 兵庫県 総合 1 位
最寄駅
月見山駅, 須磨寺駅, 須磨駅
会場ジャンル
ゲストハウス
  1. 口コミ (693)
  2. 費用明細 (44)
本番
サンダス さん (女性)
式場返信あり
本番時
30代後半
挙式日
2016年9月
投稿月
2016年9月
総合評価 4.57
費用 4.50 設備 4.50
演出 4.50 料理 5.00
スタッフ 5.00 立地 4.50
衣装 4.00    

非日常を感じられるしっとりした雰囲気
サンダスさん(神戸迎賓館 旧西尾邸口コミ)

(1864文字)

費用・コストパフォーマンスの満足度

基本プランでは当然まかないきれません。
最低限必要なものの費用は計算されていますが、その「最低限」にどこまで納得できるかです。大概は加算していくことになります。
費用は招待人数によっても大きく変わりますし、初回見積りには写真、動画などの記録要素、引出物などが組み込まれていませんし、衣裳関係の費用で、値上がりを左右するように思いました。
オリジナリティを追及すればするほど値上がりするのは間違いありません。
しかし、当日契約割引やお日柄選び、その時々のフェアなどを上手く利用できれば様々な割引が受けられます。
結果、かかった費用分の満足度は得られると思います。高かった!とは思いません。

結婚式場の雰囲気・設備の良さ

本物の迎賓館というだけあって、雰囲気は最高です。兵庫県の重要文化財という歴史ある建物なので、もちろん古さは否めません。が、大正時代からお客様をおもてなしする場として、ずっと受け継がれてきた品格は本物だと思います。また、しっかり行き届いた清掃とお手入れに、古き良きものを大切に思う「心」と受け継がれてきた伝統を大切する「心」を感じることができました。
ひとつあげるとしたら、エレベーターがないので、体に不自由がある方やご年配の方などに配慮の必要性を感じました。

演出・オリジナリティの満足度

こちらがふわっとしたイメージしかない場合は、過去の演出の例を提案して頂いたり、こちらの強い希望の場合はそれにあうようにしっかりプランを立てて頂いたり、臨機応変に対応して頂いたように思います。
オリジナリティがあるかどうかは…こちらの提案次第なのではないかと思います。

衣装・小物の満足度

お色直しを考えていなくても、1着で2通り、3通りとイメージチェンジできる衣裳もありましたし、イメージチェンジのアイテムの提案もあり良かったです。
もう少しドレスのバリエーションがあれば、もっとドレス選びも楽しかったかなぁと思います。

料理の満足度

事前の試食会にて、自分達で味を確かめることができたので、当日は納得のいくお料理をゲストに食べて頂くことができました。プリフィックスコースという、前菜、メインなど、それぞれを自分達で選び、構成できるコース料理が特徴で、好感がもてました。
試食会は自分たちがお料理を楽しむだけでなく、シェフとお話しする良い機会なのでお勧めです。
また、こちらから要望を相談すれば、色々な対応をして下さいます。アレルギーに対する対応などもしっかりして下さいます。
ゲストの方々からは「お料理美味しかった!」とのお声を頂くこともできとても満足しています。

式場スタッフの満足度

プランナーさんへの信頼度は非常に高いです。準備の段階からとても細やかな気遣いときっちりした対応に不安要素は皆無でした。こちらの要望に一生懸命応えようとする姿勢や、不安要素をなくすための気遣いが随所にありました。
式場のスタッフの方々も、きびきびとした動き、にこやかな笑顔を絶やさずに、スマートな立ち振舞いをしておられ、プロ意識を感じました。素晴らしい!!

立地・交通の便の良さ

交通に関しては、郊外にあるため一見不便に感じますが、式場で手配することができるシャトルバス(最寄り駅のJR 須磨駅から発着)を利用することで、ゲストの送迎問題は解決すると思います。また、タクシーを利用してもワンメーターほどなので、さほど不便は感じないかと思います。もちろん、駐車場もあります。(駐車台数は多くはないようですが)
立地に関しては、入口などパッと見では少しわかりずらいかもしれません。車で来た場合、通りすぎてしまう可能性も高いように感じました。生い茂る森の中にあるような感じなので、ホームページで紹介されている洋館を目印にしても、実際は中まで入らないと出現してきません。しかし、一見わかりにくいことで、中に入るドキドキ感を演出することができ、さらに非日常感を味わえる独特の良さがあることは間違いありません。都会の利便性をとるのか、結婚式という特別感を優先するのかといったところです。

その他・上記項目以外に何かありましたら、ご自由に書いてください。

こちらで結婚式を挙げさせて頂いて本当に良かったです。見学時の第一印象(スタッフの印象や会場の雰囲気)を信じて正解でした!結婚式を大切なおもてなしの場として、式場全体での最高のパフォーマンスを期待できます!

この口コミは役に立ちましたか?
後で読みたい場合は、お気に入り保存が出来ます。

役に立った! 30
お気に入り

式場からの返信コメント

神戸迎賓館 旧西尾邸

(返信日:2016年9月25日)

サンダス 様

この度はご結婚誠におめでとうございます。
おふたりとゲストの皆様にとって大切な一日を
神戸迎賓館にてお過ごしいただき誠にありがとうございました。

また、おいそがしい中ご丁寧に口コミをご投稿頂きありがとうございます。
サンダス 様より素敵なご感想をたくさん頂戴し
スタッフ一同大変嬉しく光栄に思っております。

お気に召していただいた『迎賓館』という建物の価値ですが、
神戸迎賓館が皆さまへ誇る1番のプレゼントでございます。
その価値をご体感いただき大変嬉しく思います。
また大切なゲストの皆さまもおそらく感じていただけたのではないかと存じます。

県指定重要文化財に登録されているからこその、
守られる建物でございます。

おふたりの大切な思い出も永遠に守られますので、
どうぞご安心くださいませ。

スタッフの対応においても「素晴らしい!!」なんて
身に余るお言葉でございます。
今後もより多くの幸せなご夫婦をお手伝いさせていただくべく、
日々精進してまいりますので、どうぞご指導の程、よろしくお願いいたします。

ぜひ、またお気軽に帰ってきてくださいませ。
おふたりのご来館を心より楽しみにお待ちしております。

神戸迎賓館 スタッフ一同

口コミの内容は、好意的・否定的なものも含めてサンダスさんの主観的なご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
また、口コミで記載されている式場サービス内容・金額・スタッフ・運営会社は、2016年9月当時のものです。現在とは異なる可能性がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

この式場の本番の口コミをもっと見る

  • 本番

    初期の見積りは本当に必要最低限の金額しか入っていませんでした。結局、最終見積りは初期より+130万円くらいになりました。 料理のランクを上げ、チャペルや披露宴会場の装花のランクも上げました。 追加の演出...

    よしえ1203 さん
    挙式2017年12月(投稿 2017年12月)式場返信あり
  • 本番

    当初の予算よりかなり高くなってしまいましたが、それに見合ったクオリティーのサービスを提供して頂いたと思います。料理や会場装花をランクアップし、鏡開き、生演奏の演出を追加しました。 もう少し何か割引があ...

    てつし1203 さん
    挙式2017年12月(投稿 2017年12月)式場返信あり
  • 本番

    最初の見積もりより100万ぐらいは高くなると聞いていたので良いのですが、他より少し高い分サービスをよくして欲しかったです。 親族の控え室が寒かったみたいです。廊下の方が暖かかったと言っていました。...

    さとすけ さん
    挙式2017年12月(投稿 2017年12月)式場返信あり

基本情報・お問い合わせ

会場名 神戸迎賓館 旧西尾邸
挙式スタイル 教会,神前,人前
収容人数 2人~128人
TEL・予約
通話無料0066-9680-546148
神戸迎賓館 旧西尾邸のウェディング専用ダイヤルです。
この式場で挙式・披露宴を検討されている方の専用フリーダイヤルです。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。※IP電話からはつながりません。通常回線・携帯電話などからご利用ください。
この式場が気になったら、まずはブライダルフェアの予約をしよう!
ブライダルフェア一覧へ
空き日程などの確認や資料のお問い合せはこちら
見学予約する 資料請求する お問い合わせ
定休日 火曜日・水曜日(祝祭日は除く)※電話でのお問い合わせは定休日でも可能
受付時間 土日祝10:00~19:00、平日12:00~19:00
住所 兵庫県神戸市須磨区離宮西町2-4-1
アクセス情報へ >
PR おすすめの記事