1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式に子連れで参加は大変!? 「アンジェブリッサ」で体験しました

結婚式に子連れで参加は大変!? 「アンジェブリッサ」で体験しました

2020.01.08

親戚の結婚式に、子連れで参列してきました。
式場は茨城県つくば市にある「レストランウェディング アンジェブリッサ」。

挙式・披露宴は親族だけの少人数での結婚式です。
子どもが1歳と4歳とまだ小さいので式の途中で飽きて暴れてしまうのではないか?下の子は寝てしまうのでは?と内心不安でした。
案の定、泣くは走るはで、親は汗だくになりましたが、やっぱり結婚式!親子で素敵な一日を過ごすことができました!

披露宴会場にベビーベッド。ぐっすり眠りました!

アンジェブリッサ館内はテラスからは光が入り、自然光と爽やかな風を感じることができる白を基調とした開放的な空間です。
花嫁花婿と近い距離で料理と会話を楽しめるのはレストランウエディングならでは。

そして、披露宴会場に入ると、最初からベビーベッドが見える位置に置いてありほっと一安心しました。
特にお願いしていなかったのでこれはうれしい驚きでした。

結婚式は通常2、3時間に及ぶ長丁場ですので、赤ちゃんは途中で寝てしまう可能性が高く、子連れには大助かりなアイテム。
「これなら披露宴の最中に子どもが寝てしまってもあたふたしなくて済む」と気が楽になりました。

案の定、披露宴の途中でベビーベッドのお世話になることに。可動式タイプだったので、自分の席の隣で寝かせることもできました。
披露宴会場のベッドで眠れるなんて、幸せですね。

自己負担金5万円からの結婚式
会費婚で叶うアットホームなファミリーウェディング♪

子どもに慣れているスタッフさんたちの温かい配慮

スヤスヤとベッドで寝てしまう直前まで、椅子から降りたがったり、いろいろなものを触りたがったり、好奇心に任せて動き回る子ども。
親はおいしい料理を堪能しながらも、落ち着かない子どもの相手をして、大忙し!

ゆっくり式を楽しむ余裕がない、そんな親の状況を察知してか、式場のスタッフさんがさりげなく席にきてくれ子どもに話しかけたり、相手をしてくれました。

何回もスプーンを落とす娘に対して、やさしくかつ手際よく新しいスプーンを持ってきていただきました。

「何度もすいません」と言うと、「うちにも同じくらいの子どもがいるから大丈夫ですよ!うちの子はご飯を頭の上まで飛ばしちゃうぐらいもっと派手に動きますから。」と温かいお言葉。
こういう一言で救われますよね。おしぼりもたくさんもってきてくれました。子連れには本当にうれしいサービスですね。

この他、頼んでいなかったのに当日の朝、子どものヘアメイクをやってくれたり、風船をプレゼントしてくれたり、自然な流れの中で温かい配慮がありました。

元保母さんのプランナーも在籍されているということもあるのでしょうか。
子ども連れでも安心して参加できるアットホームな式場でした。

料理はひと言、「おいしい!」

料理はひと言でいうと「おいしい!」このフレーズが一番しっくりきます。
当然、お子様メニューも大満足で、デザートもウェディングならではの豪華版で4歳の子どもは大はしゃぎでした。
持ち込みの食材でもメニューを創ってくれるそうです。

口コミ投稿の中に、祖父が作ったお米や野菜を持ち込んでオリジナルメニューを作ってもらい、式に参列した家族に好評だったというくだりを見つけました。

料理とスタッフが高く評価されていることに納得です。アレルギーなど個別の食事対応も行き届いています。
当日に分かった場合もできうる限り対応していただけるそうです。

結婚式に子連れで参加は大変!?

「結婚式に子連れで参加は大変!?」、この質問に答えるとすると、当然、みなさんが察する通り大変です。
子どもがいると、落ち着いて参加できないし、一番怖いのが、新郎新婦より目立ってしまい式を台無しにしてしまうかも、ということです。

でも、事前準備をしっかりすれば、子どもにも親にも、そして新郎新婦にも素敵な思い出の一つになること間違いなし、と確信しました。

【事前準備のポイント】

1.新郎新婦に食事内容、ベッド、ベビーチェアの要不要など気になることを伝える
新郎新婦は子どものことは詳しくありませんので詳細に伝えてあげましょう。
新郎新婦を介してプランナーさんが準備をしてくれます。

2.子どもの体調管理
結婚式当日、体調が悪いとぐずる原因になりますよね。

3.前日までに荷物をまとめる
当日の朝はママはヘアメイクがあったり全く時間がありません。
子どもの好きなおもちゃなども前日にバッグに入れておきましょう。

4.余裕のあるスケジューリング
会場に着くまでにぐずったり、トイレに行きたがったり何があるかわかりませんので、余裕をもった時間割を。(私は時間の読みを誤り急いだ結果、汗だくで会場につく羽目になりました…。ヘアメイクが崩れました。また1歳の子どもの髪型も本人がぐちゃぐちゃにしてしまっていましたので、身なりを整える余裕も必要です。)
子どもが新郎新婦や参加した他のゲストに話しかけに行ったり、笑顔を振りまいたり。
子どもを介して知らないゲスト同士が話をする場面もありました。

やはり子どもがいると笑顔が増えますね。結婚式に子連れで参加、素敵な体験になりますよ!

当たり前のことを自然に

結婚式の後、式場のスタッフさんに素敵なエピソードを伺いました。

ある日、マタニティの方が来館されました。
すぐに挙式を望まれていると思いきや、子どもが生まれてから3人の家族で式を挙げたいと言われ、一年以上先の予約をされたそうです。
出産前におおよその打合せを済ませ、いざ出産!
落ち着いてから3人で再来館され最終の打合せを経て結婚式当日!
親族や友人に子どものお披露目を兼ねた、アットホームでとても感動的な式だったそうです。
「マタニティだから慌てて、生まれる前にとか、お腹が大きくなる前にとか、体調とも相談しながらの準備と当日になってしまう花嫁さんも少なくありません。
ウェディングには様々な形があると思います。
お二人と赤ちゃん、ご家族、ゲストの皆様の素敵な思い出となる結婚式をご提案していきたいと思っています。」

「ウェディングの1日が終わっても、おふたり、ファミリーがいつでも帰ってくることのできる場所でありたい、お客様の人生を通じて、そのシーンに寄り添いたい」、アンジェブリッサが掲げるコンセプト。

この言葉がしっくりくるエピソードでした。

ファミリーウェディング いつ挙げる方が多いの?

七五三のお披露目を兼ねてするケースもあるそうです。
もちろん子どもの誕生日、結婚記念日、ママの誕生日などに挙げられるファミリーも。

茨城県や千葉県の一部の地域では、七五三のお披露目を結婚式の披露宴に引けを取らないくらい盛大にする文化があるそうです。

パパ、ママ、お子さま3人が主役の結婚式。
ファミリーを取り巻く祖父母や親族にもお子さまを紹介できる絶好の機会ですね。

お子さまにとってもステキな思い出になります。


式場情報

レストランウェディング アンジェブリッサ
住所: 茨城県つくば市東新井38-9
アクセス: 学園南大通沿い。つくばエクスプレスつくば駅からはタクシーで約3分、徒歩で約14分。
小さなお子さまがいる場合はタクシー利用がおすすめ。
専用ダイヤル:0037-6161-184850

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています