【プチプラDIY】ダイソーのエンボスペーパーでテーブルナンバーを手作り*

みんなのウェディング編集部 大石蘭
最終更新日 2019.03.10
【プチプラDIY】ダイソーのエンボスペーパーでテーブルナンバーを手作り*

披露宴のテーブルには欠かせないテーブルナンバー
数字やアルファベットなどのテーブル名を書き、ゲストが自分のつく席を見つけやすいように誘導するものです♪
今回は、最新トレンドエンボスペーパーを使ったテーブルナンバーをご紹介します!

今回は「エンボスペーパーでテーブルナンバー」♪

披露宴でゲストが座るテーブルをわかりやすく示すための テーブルナンバーは、カード型や立体的なものなど、さまざまなデザインのものが取り入れられています♪
その中で最近トレンドなのは、エンボスペーパーを使ったテーブルナンバー*
細かい凹凸が入ったエンボスペーパーは、ダイソーでもgetできるんです♡

View this post on Instagram

wed_karinさん(@wed_karin)がシェアした投稿 -

こちらは、エンボスペーパーを使った席札の例ですが、 テーブルナンバーを作るときも、このようにエンボスペーパーの周りをちぎりゴールドの縁をつけるのが人気です♪
プリントされた文字がおしゃれですね♡

View this post on Instagram

mai weddingさん(@wm_0316wd)がシェアした投稿 -

こちらは、エンボスペーパーを使ったテーブルナンバー♪
100均などで手に入るゴールドクリップをスタンド代わりにするのも人気です♡

View this post on Instagram

kanaさん(@natsuchiyan8)がシェアした投稿 -

こちらは、コルクと切り株をスタンドにした例♪
ナチュラルな雰囲気にまとまってかわいいですね♡

今回は、ダイソーのエンボスペーパーを使い、ゴールドの縁小枝のスタンドのついたテーブルナンバーの作り方をご紹介します♪

目次に戻る

早速作ってみた!エンボスペーパーでテーブルナンバーの作り方

材料

  • エンボスペーパー(ダイソーにて20枚入り100円)
  • ゴールドのマッキー
  • ゴールドのアクリル絵の具(セリア)
  • 小枝セット(セリア)

総額:約500円+税~

その他道具類

  • グルーガン&グルースティック

エンボスペーパーをちぎる

まず、エンボスペーパーの周りを手でちぎります。
「いい感じ」な雰囲気にするには、周りを細く長くちぎっていくこと!
左のほうは、少しちぎりすぎて、形がいびつになっています。
右は、周りのナチュラル感は出しつつ、長方形のだいたいの形はとどめています。

エンボスペーパーの縁をゴールドに塗る

次に、エンボスペーパーの縁をゴールドに塗ります。
アクリル絵の具かマッキー、どちらでもお好みの方でOK◎

アクリル絵の具

  • 光沢感と立体感が出る
  • 乾くのに少し時間がかかる
  • リッチ感あり

マッキー

  • 紙に染み込んでいく感じ
  • 手軽さは◎
  • 比較的すぐ乾く

文字を書く

次に、テーブルごとの文字や数字を書いていきます。
今回は、手軽さ重視でゴールドのマッキーを使いました。
※あらかじめエンボスペーパーにプリントしておいてもOK!
その場合は、ちぎる前がベストです◎

小枝をスタンドにする

仕上げにスタンドを作ります。
小枝のセットから太めの物を選び、グルーガンでグルーをつけて、エンボスペーパーを挟みます。
こちらは前から見た図です。

後ろから見るとこんな感じ!

バランスよく自立するように小枝を足してくっつけていけば完成です♪

目次に戻る

ほぼ100均でできちゃう今っぽテーブルナンバー♡

どんな装花やインテリアにも似合うテーブルナンバー♪
ダイソーのエンボスペーパーは20枚入りなので、1セット買えばすべてのテーブルの分が作れちゃうのも魅力です!
DIY初心者さんも、ぜひ気軽にトライしてみてください♪

【ウェディング診断テスト】
"好き♡"を選ぶだけで、結婚式のイメージがまとまります♪

※ 2019年3月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事