【結婚式の費用】リアルなお金事情!資金はどのくらい必要?

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2018.12.27
【結婚式の費用】リアルなお金事情!資金はどのくらい必要?

結婚式の挙式費用は、主に、新郎・新婦の貯金や、ゲストからのご祝儀でまかなわれます。
金額の相場はあるとはいえ、節約したいカップルと演出等にこだわりたいカップルでは、必要な料金が違ってきます。
また、結婚資金はすべて自己負担なのか、親からの援助があるのかにもよって違ってくるでしょう。

そこで今回は、結婚式に必要な金額の相場をケース別にご紹介します。


「結婚」にかかる各費用の相場

「結婚」となると、「結婚式」を思い浮かべまずが、それ以外にもプロポーズ、両家顔合わせ、指輪の購入やハネムーンなど様々なイベントが目白押し!
そこでまずどんなことに、いくらかかるのかというところを押さえておきましょう。

プロポーズ

  • 婚約指輪…約34.7万円

プロポーズに婚約指輪。 これは女性であれば、誰しもが一度は憧れるシチュエーション!
それだけに、指輪選びにも力が入りますよね。
婚約指輪は、ダイヤの大きさなどで値段が変わってきます。
結婚指輪の予算も考え、検討してみましょう。

結納/顔合わせ

  • 結納…約200万円
  • 両家顔合わせ食事会…約10万円

ふたりが結婚を決め、互いの家族が一同に会す場は、「結納」「両家顔合わせ」のいずれかによって機会が作られます。 結納は値段が高いということや、場所も限られるために、現代では多くの方が「両家顔合わせ」を選択しています。

「結婚」を形にする

  • 式費用:約380万円~480万円
  • ウェディングフォト撮影(前撮りや後撮りなど):約18万円
  • 結婚指輪:約24万円(※2人分)

「結婚式」は結婚にまつわるイベントの中でも、もっとも金額が高いもの。
列席人数や会場によって金額は左右されるので、ふたりでよく話し合って結婚式の方向性を決めましょう。 最近では、ペーパーアイテムや装飾を自分で作ってコスタダウンする花嫁さんもいますよね!
また、最近人気なのが「ウェディングフォト」。
結婚式をしない方は、写真で思い出作りを♡なんてのもアリですよね!
さらに、「結婚指輪」もふたりの結婚を形にする大切なアイテム。
婚約指輪より、平均相場が下がる傾向にあるのが特徴です。

ハネムーン

結婚を祝してふたりで旅行に行くのが「ハネムーン」。
国内旅行・海外旅行を選ぶかで、値段も大きく変わってきます。
早めの予約や、パッケージプランなどを利用すると、賢くコストダウンすることができます!
ぜひ、早めに計画してお得なハネムーンを♪

  • 旅費…約60万円
  • お土産代…約10万円

目次に戻る

資金費用の分担

結婚にかかる主な費用の相場がわかったところで、続いて気になるのがその分担です。
多くの人はどうなっているのでしょうか?

  • 費用分担はどのように行いましたか?
    1位:新郎新婦で折半…51%
    2位:新郎が多く負担…27%
    3位:新婦が多く負担…11%

※みんなのウェディングアンケート調

多くの方は、ふたりで費用を準備するという結果になりました。
新たなふたりの人生。 ぜひ協力して費用を工面していきましょう!


目次に戻る

資金の貯め方

さて、いざふたりでお金を貯めよう、となった時。
どうやって貯めようか?と思う方も多いかと思います。
ここでは、費用の貯め方や節約の方法をご紹介します。

家計簿をつける

家計の無駄な支出をなくすことから、まずは始めましょう!
はっきりとお互い見える化するためには、家計簿をつけるの一番良い方法です。
食費、外食、交際費、日用品などに渡るまで、細かく書くのがポイントです。
今はアプリなどもあるので、三日坊主にならない最良の方法を選んでくださいね。

月の貯金額を必ず決める

なんとなく「貯金をしよう!」といっても、なかなか貯まらないもの。
必ず「毎月◯◯万円は貯めよう!」という目標を立てましょう。
ふたりで同じ口座に貯金をするのも有効な手立てですよ!

費用をかけるところとかけないところを見分ける

先ほど紹介した通り、プロポーズ~ハネムーンまでお金がかかる場面が多くあります。
全てにお金はかけるのは難しい…そんな時には、お金をかけるところとかけないところをふたりで話し合って決めましょう!
例えば、「指輪にお金をかけるから、結婚式費用は抑える」「結婚式にお金をかけるから、ハネムーンの費用は抑える」など。
そうすることで、全体の費用を抑えることができますよ!


結婚式はもとより新生活へのゆとりを考えれば、貯金額は多いに越したことはありません。
とはいうものの、結婚を決意してから結婚式を挙げるまでの期間によっては、貯金可能額も決まってくるでしょう。
どのような結婚式を挙げるか、現実を見つめつつ「これだけははずせない!」ことをふたりでしっかりと話し合って、資金計画を立てることが大切ですね。


<間蓮記事>

みんなのウェディング相談デスク

関連する記事