結婚式、披露宴を東京で考えているお二人へ。「フェリーチェガーデン 日比谷」は、東京駅・皇居周辺エリアのゲストハウスです。挙式や外観、会場内の写真から式場の雰囲気をつかんだら、先輩カップルが投稿した実際の費用と料金プランを見比べたり、結婚式場口コミで料理やスタッフ、進行演出、衣装や施設の評価をチェック。気になったら、ブライダルフェア・見学予約をして式場訪問してみましょう。

2017年 東京駅・皇居周辺エリア ゲストハウス 1位 +
2017年 年間ランキング
  • 東京駅・皇居周辺エリア ゲストハウス 1 位
最寄駅
日比谷駅, 有楽町駅
会場ジャンル
ゲストハウス
  1. 口コミ (129)
  2. 費用明細 (20)
下見
たまぴろ さん (女性) 認証済み
下見時
20代後半
訪問日
2016年7月
投稿月
2016年8月
総合評価 3.90
費用 2.50 設備 4.00
演出 4.50 料理 -
スタッフ 4.50 立地 4.00
衣装 -    

外国風カジュアルガーデンウェディング
たまぴろさん(フェリーチェガーデン 日比谷口コミ)

(947文字)

費用・コストパフォーマンスの満足度

軽井沢での教会挙式を検討しているので、友人のみ招いての、1.5次会のような気軽なパーティ会場として使用できたらと思い伺いました。個人的に、こちらでの人前式はなくてもいいかなと思いましたが、プランに組み込まれているようで、2次会だけでの使用は難しいようでした。パーティだけでの費用であれば、もう少しリーズナブルであれば嬉しいと思いましたが、やはりガーデンということと、一軒家貸切ということを考えると打倒な値段なのかもしれません。

結婚式場の雰囲気・設備の良さ

日比谷公園内にあるので緑が多く、都内ということを忘れさせてくれます。ドイツ建築の有形文化財の洋館は、可愛らしく、ここを貸切にできたり、集合写真の背景となるのは素敵だと思いました。
洋館の隣にはテントがあり、そこでガーデンウェディング風なパーティーができるので、ナチュラルな雰囲気でカジュアルな挙式ができそうです。
ただ、収容人数が多くはなく60人までとのことだったので、こじんまり挙式にはいいですが、友人を多く招いてわいわいしたい私達には、スペースが足りなそうでした。

演出・オリジナリティの満足度

挙式やパーティにおいて、かなり自由が効くとのことで、ホームページでのブログや、写真を見せていただきましたが、みなさん趣味などテーマにして、オリジナリティ溢れる会にしているようです。緑の中でのテントでのパーティはとても開放的で、装花もかわいらしくお花屋さんのセンスもいいようです。カジュアルな雰囲気が理想なので、ゲストにも気軽に参加して楽しんでもらえそうな気がします。ガーデンパーティでバーベキューなどもできるようです。夜はテントでライトアップして、とても可愛らしくロマンチックなパーティができそうで、魅力的だと思いました。

式場スタッフの満足度

男性の方でしたが、とても感じがよく、優しい印象でした。そして終始親身に相談に乗ってくださり、時折熱く、アドバイスをしてくださりました。プランナーさんの人柄に、とても魅力を感じました。彼も、気が合うようでした。

立地・交通の便の良さ

日比谷の出口を出ると、思ったよりすぐ日比谷公園だったので、アクセスは悪くないと思います。

たまぴろさんが比較検討した式場

この口コミは役に立ちましたか?
後で読みたい場合は、お気に入り保存が出来ます。

役に立った! 0
お気に入り
口コミの内容は、好意的・否定的なものも含めてたまぴろさんの主観的なご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
また、口コミで記載されている式場サービス内容・金額・スタッフ・運営会社は、2016年7月当時のものです。現在とは異なる可能性がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

この式場の下見の口コミをもっと見る

基本情報・お問い合わせ

会場名 フェリーチェガーデン 日比谷
挙式スタイル 教会,人前
収容人数 2人~50人
TEL・予約
通話無料0066-9680-510939
フェリーチェガーデン 日比谷のウェディング専用ダイヤルです。
この式場で挙式・披露宴を検討されている方の専用フリーダイヤルです。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。※IP電話からはつながりません。通常回線・携帯電話などからご利用ください。
この式場が気になったら、まずはブライダルフェアの予約をしよう!
ブライダルフェア一覧へ
空き日程などの確認や資料のお問い合せはこちら
見学予約する 資料請求する お問い合わせ
定休日 毎週火・水曜 定休(祝日の場合は営業)
受付時間 11:00~19:00
住所 東京都千代田区日比谷公園1-1  旧公園資料館
アクセス情報へ >
PR おすすめの記事