【プチプラDIY】トレーシングペーパーでナチュラルデザインのプロップスを作ってみた!

みんなのウェディング編集部 大石蘭
最終更新日 2018.02.07
【プチプラDIY】トレーシングペーパーでナチュラルデザインのプロップスを作ってみた!

自分だけの花嫁DIYに憧れるプレ花嫁さんは多いはず♡
前撮りやハネムーン、結婚式本番や、プチギフト…自分らしいアイテムを手作りできたら、新郎新婦もゲストもさらに楽しめそうですよね♪

この連載では、定番のものからトレンドのものまで、ウェディングに欠かせないさまざまなアイテムのDIYをご紹介します。
DIYに挑戦してみたいプレ花嫁さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね♡


今回は、ナチュラルウェエディングにぴったりの「フォトプロップス」!

前撮りから挙式、披露宴、ハネムーンまで、ウェディングの様々な場面の写真撮影に活躍するフォトプロップス
写真を使ったり、イラストをプリントしたりと、そのデザインは実にさまざま!

☆ #フォトプロップス . . 1人満喫してます☺️💕 仕事終わってまたレクト行って←1人ではない また週末もいく😍 遊びに誘ってくれる皆々、感謝😭💗 友達増えたら、また広島離れるのさみしくなるかな🙄 仕事がんばろ〜🏃💨

A post shared by eriko (@ery___4) on

ナチュラルウェディング派の花嫁さんには、色味を抑えたシンプルなデザインが人気。
こちらのデザインはも、モノクロでまとめられています。 そこにカリグラフィーが映えて素敵ですね♡

せっかくナチュラルをつらぬくなら♡とフォトプロップスも手づくりしてみました。 チュールのリボンつける予定が、プリティになりすぎたので、やっぱりシンプルにそのまま行くことにしました(ノv`*) プロフィールブック関連とフォントも合わせていきたかったので、いい感じ♫♫ #ナチュラルウェディング#フォトプロップス #フォトプロップス手作り #フォトプロップスdiy #diy #ジュニアアンバサダー#ウェディングニュース#ウェディング準備

A post shared by yopiii (@yopi_marriage) on

ちょっと色味を足したい場合は、色馴染みの良いパステルカラーを使うと◎
グリーンを基調にしたやさしい色合いにすればナチュラルに仕上がります。
植物モチーフは大人気のかわいさです♡

♡ 順番ばらばらの #ウエディングレポ 👰💕 高砂はソファーだったので、手作りした #高砂クッション を持ち込みました🎵 #フォトプロップス と同じ葉っぱのデザインに気づいてくれたのか、このアングルの写真をゲストが撮ってくれていました😆💓 高砂にあまり座っている時間がなくて、ごはんもお肉2切れしか食べれなかったけど、ちゃんと見ていてくれて、写真も撮ってくれててうれしいなー❤️❤️ ・ お返事前にごめんなさい🙇💦 ・ ・ ・ #卒花嫁 #高砂 #photoprops #weddingreport #wedding #bride #bridal #weddingreception #weddingitem #weddingdiy #2016swd #weddingday #weddinginspiration #marryxoxo #2016wedding #結婚式 #花嫁diy #結婚式diy #2016春婚 #weddingideas #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #ウエディングdiy #wedding #高砂装花 #高砂装飾 #ナチュラルウエディング #高砂ソファー #チェアサイン

A post shared by YUKKO♡ (@yukko_99) on

プロップスは、フォトブースの他にも、高砂なんかに置くのもグッドアイデア。
ゲストが写真を撮りに来てくれる度に、大活躍間違いなしですよ!

今回は、そんな根強い人気のナチュラルウェディングにぴったりのプロップスをご紹介します♡

キーアイテムは、トレーシングペーパー
トレーシングペーパーは、薄っぺらいイメージですが、2つ折りにすることで丈夫さを担保する事ができるのです。
透明感あるデザインや、手書き文字のあたたかさは、ナチュラルウェディングにもぴったりです♪

ここからは、作り方をご紹介しましょう。


早速作ってみた!フォトプロップスの作り方

材料

  • ペーパーストロー 数種類(「ソストレーネグレーネ」/ 1パック158円)
  • トレーシングペーパー A4(「セリア」/100円+税)
  • リボン(「セリア」/1ロール100円+税)
  • ボンド(「セリア」/ 100円+税)
  • 油性ペン 好きな色(「セリア」など/ 1本100円+税)
  • スティックのり (予算外)

総額:約716円+税~

※作りたいイメージに合わせて、リボンは数色用意するのもおすすめです♡
※今回はゴールドの油性ペイントマーカーを使いました。

トレーシングペーパーで土台を作る

まず、A4のトレーシングペーパーを半分に折り、さらにその半分に折ります。

次に、このように2つ折り・横長のフラッグ形になるように真ん中の線で切ります。
これでプロップス2つ分になります。

ペーパーストローとトレーシングペーパーを組み合わせる

2つ折りのトレーシングペーパーの折り目部分にペーパーストローを置き、そこにボンド、端部分にのりを塗ってくっつけます。
しっかり乾いたらいよいよ文字を書いていきます♪

文字を書く

書きたい文字を下書きし、その上から油性マーカーでなぞります。
しっかり乾いたことを確認してから、下書きの線を消しゴムで消します。

リボンで飾って完成!

紙の下部分にリボンを結びつけて、できあがり♡


ウェディングのテーマに合わせて装飾を変えてみては♡

今回は、ナチュラル系のウェディングに似合いそうなフォトプロップスの作り方をご紹介しました!

もう少しラブリー路線にしてみたい方は、リボンをピンクに変えてみたり、造花やポンポンを加えてみたりといったアレンジもおすすめ♡
入れる文字も、おふたりのお名前を書いたり、式の日付を入れたりと、イメージに合わせてぜひいろいろなプロップスを作ってみてくださいね♪


次回もプチプラでトレンドに合うDIYを実際に作りながらご紹介します♡
お楽しみに♪

関連する記事