1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 夫婦関係
  4. もしかして「離婚」…?彼との間に生まれた亀裂を修復したい。夫婦の心がすれ違っている時の対処法

もしかして「離婚」…?彼との間に生まれた亀裂を修復したい。夫婦の心がすれ違っている時の対処法

2021.05.22

結婚式の写真を眺めながら、涙一つポロリ…。
最初は小さな隙間だったはずなのに、いつの間にか、二人は大きくすれ違い、今は顔を合わせるだけで険悪な雰囲気に。
幸せな結婚生活のスタートから一転、夫婦の関係で悩みをかかえるカップルは多くいます。
このままでは、せっかく永遠の愛を誓ったのに離婚という判断になるかも・・・。
最終的な判断はあると思いますが、本当に夫婦できちんと問題に向き合えていますか?
今回は、夫婦の心がすれ違っている時の対処法について紹介します。

一度、相手の話をゆっくり最後まで聞く

「今までだった何度も話し合いをしてきたわ!」
果たして本当にそうでしょうか?女性というものは、どうしても“話したがる生きもの”です。

自分としては話を聞いているつもりでも、まだ彼が喋っている途中で意見をしたり、口を開くたびに彼のプライドを傷つけるようなことを言っていたりするなら、それは話し合いというよりも、ただこちらが言いたいことを言ってしまっているだけ…。

離婚を回避したいなら、一度彼の話を最後までゆっくり聞く ことが大切。
ただ聞くだけでなく、真剣に聞いている姿勢をみせて、相手との距離を縮める ことが、今の状況から抜け出せる第一歩になります。


目次に戻る

感情的には責めない

最初は冷静に話し合っているつもりでも、男性ってどうしても途中で“だんまり”しちゃうものなんですよね…。
しばらく沈黙が続いたりすると、最終的にはスイッチが押されて感情的に物事を伝えてしまうこともあるのでは?

しかし、いくら話し合っていても、感情的になって相手を責めるのは、今の状況から抜け出すというよりも事態が悪化していくことになるでしょう。
なかなか彼に対する怒りや不安がおさまらないなら、冷静に話し合えるまで、一度距離をおくことをおすすめします。
近くに実家があるなら、何日間か両親の側でゆっくりするのもあり。

精神的に落ち着いたら、また彼との話し合いを再開させてみて。


目次に戻る

お互いにお休みをつくる

話し合いすらもてない状況であれば「夫」「妻」という役割をお休みする期間を作ってみてはいかがでしょう?
お子さんがいらっしゃらないなら、なおさら、自分たちのペースで物事を進めますよね。
恋人時代のように、すれ違いが生じてきたら、一時的に休めばいい話。
すぐに「離婚?」と焦ってしまうから、さらに最悪な状態になっていくのです。

お休みをしている間、一緒の家にいるかどうかも、彼と話し合って決めておきましょう。
実家に帰ったり、一人旅に行ったり、いくらでも一人になれる環境はつくれますよね。


いかがでしたか?

どんなに仲が良さそうにみえる夫婦でも、すれ違いが大きくなることはあるもの…。
ただ、まだお互いがお互いを必要としている部分があるなら、諦めずに向き合わなくてはいけません。
ときどきお休みを挟みつつ、一つ一つの問題を解決していきましょう!

※ 2021年5月 時点の情報を元に構成しています