結婚したい理想の年齢が予定より遅くなった人が45%。その原因は?

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2016.08.01
結婚したい理想の年齢が予定より遅くなった人が45%。その原因は?

「○○歳」で結婚したいなあ…と漠然に想像している女性は多いかもしれません。

みんなのウェディングユーザーにアンケートを行なったところ、20歳の時点で予想していたとおりの年齢で結婚した人は10%。
多くの人は予想どおりではなかったようです。

そこで今回は、「結婚したい年齢」の理想と実際のところをご紹介します。

【目次】

  • 予想よりも結婚が遅くなった 45%
  • 予想よりも結婚が早くなった 38%
  • 結婚しないと思っていた 7%

予想よりも結婚が遅くなった 45%

結婚予想をした20歳の時点では、実際には学生だったり、就職したてだったり、まだまだ将来を具体的には考えられなかった、という人がほとんどではないでしょうか。
そのなかで、予想よりも遅くなった人は、社会人になってからの自分の価値観の変化を理由に挙げています。

思いがけず仕事がおもしろくなったり、自分の自由になる収入が手に入るようになって「夢の実現」が可能になったり、価値観が劇的に変わることが多くあるようです。
それにともなって、結婚観も「何歳で結婚するか」どうかよりも「どういう相手と結婚するか」に変化しています。

体験談
「予想25歳→実際28歳!」
■当時は「結婚する」ということについて、恋愛の延長線上で考えていたからかもしれないです。4年近く付き合っていた人おり、もちろん結婚も意識をしたのですが、その人と結婚してるイメージがわかなかったので、年齢よりフィーリングを大切にしたいと思いました。(20代後半女性)

体験談
「予想25歳→実際30歳!」
■社会人になり、仕事をやり始めたことで、自分の為だけに使える時間やお金が手に入ったことが一番の大きな理由だと思います。私の場合は、収入を得たことで、それまで密かに夢見ていた留学という夢を実現するきっかけになりました。やっと落ち着いたのが20代後半だった気がします。(30代前半女性)

予想よりも結婚が早くなった 38%

自分の予想よりも結婚が早くなった人は、「偶然」を理由にあげている場合が多くみられました。
結婚を意識する出会いが「偶然」あったり、相手の転勤などの「偶然」の出来事の流れに乗ってみたら自然と早くなった、などです。

一方、「偶然」ではなく、もともと結婚願望が強く常に結婚を意識して行動していたために出会いが多くあり、その結果として早めに結婚相手と巡り会えたという人もいました。

体験談
「予想30歳→実際25歳!」
■この人とずっと生活していける、と言う人に巡り合い、相手も同じように思ってくれたのがたまたまその年齢だったから。(20代後半女性)

体験談
「予想26歳→実際24歳!」
■出会いをたくさん求めて、いろんな人とご飯に行ったりして語ったりして、いろんな男性パターンを見てきた事。自分の親の良くない点をたくさん見てきたので、分析してどんな人と結婚したら幸せになれるかを常に考えていた。あとはもちろん、外見もメイクやおしゃれを頑張っています。(20代後半女性)

結婚しないと思っていた 7%

結婚によいイメージを持っていなかった場合、なかなか結婚に希望を持つことができないかもしれません。
ところが、幸せな結婚生活を送っている友達をみることで「あれ?結婚っていいのかも?」と考えが変わります。
結婚願望が少ない人にとっては、まわりからの影響は大きなものなのですね。

体験談
「結婚願望なし→実際34歳!」
■親世代で、身の回りで良い結婚生活を送っている人を見たことがなかったけれど、自分の同世代の友達が結婚して幸せそうにしているのを見て、そんなに結婚も悪いものではないと思うようになったことが大きい。(30代後半女性)


出会いは「運命」と言われています。 そして「運命」を「結婚」につなげるには、「自分の価値観」が強く関係するようです。
けれども、結婚年齢が予想よりも早いか遅いかということよりも、自分にとって「幸せの選択」は何かということが、一番大切なのかもしれません。

★関連記事

関連する記事