1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式準備
  4. 【結婚式のお車代】今は"交通費の片道分"が一般的!お車代の分はご祝儀に上乗せすべき?"お車代なしでご祝儀はなし"はアリ?

【結婚式のお車代】今は"交通費の片道分"が一般的!お車代の分はご祝儀に上乗せすべき?"お車代なしでご祝儀はなし"はアリ?

2021.10.16

結婚式のご招待があり、嬉しい反面気になるのが、その交通手段や開催場所ですよね。

お車代や宿泊代については、招待する新郎新婦も視野にいれているもの。
筆者もプランナーをしている時は、必ずお車代と宿泊代について、新郎新婦にご案内をしています。

しかし、なかにはそういったことを知らずにご招待だけしている方もいらっしゃるかもしれません。

ご自身が結婚式に出た経験が少ない新郎新婦ほど、知らないかもしれませんね。
ここでは、ご自身が呼ぶ時も呼ばれる時も、どちらの立場になっても使える知識をご紹介していきます。


お車代とは交通費のお返し

結婚式は必ずしも自分が住んでいる地域の近くである訳ではありません。
自動車・バス・電車・新幹線・飛行機…など、様々な交通機関を使ってその結婚式場まで足を運びます。

その時の交通手段にかかる費用のお返し(負担)をするのが「お車代」です。
以前はお車代と宿泊費の両方を全額負担というのが定説でしたが、最近はお車代は「片道分」と言われています

もちろん全ての招待客に全額負担できるのが良いですが、なかなかそうもいきませんよね。
では、どういった時にお車代を出すのでしょうか。


目次に戻る

お車代が必要な時

  • ゲストが自宅から結婚式場まで5,000円以上の交通費を払って来る場合(バスや新幹線など)
  • 会社の社長や役員など挨拶をされる方、受付を依頼した方へのタクシー代として
  • 宿泊代と交通費が計2万円以上の遠方から来る場合

などが挙げられます。


目次に戻る

お車代が必要でない時

貸切バスを用意している時や、宿泊代を出す時。
グループの中で出さないという決まり事がある時は一般的にお車代を出さないという事が多いです。


目次に戻る

招待されるあなたが既婚の場合

先に自分が結婚式に招待していて、今度招待されたという場合は、まずご自分の結婚式の時に、その相手にどう対応したかを思い出してください。
お車代を渡していなければ、相手からのお車代も期待できないかもしれません。
お車代を渡していたのであれば、相手からも返ってくることが多いようです。


目次に戻る

お車代の相場

一般的には、掛かる交通費の片道分と言われています。
福岡~東京の飛行機移動なら3万円分程度です。


目次に戻る

お車代の確認方法

基本的には新郎新婦の方から「飛行機で来るか、新幹線で来るか」など交通手段に関する気遣いや「全額は渡せないけど、○万は負担するので来て欲しい」と言った話があります

しかし、事前にチケットを手配して貰ったりすると、呼ばれる側としては「お祝いの金額を上げないといけないかな」と気を遣ってしまいますので、新郎新婦から申し出があるまでは触れずに、一般的なご祝儀を包むのが良いでしょう。

なかには友人同士であれば「交通費・宿泊費は一切出せないので、ご祝儀は要りません」と言う方もいらっしゃいます。 とはいえ、そもそも結婚式は「祝福してほしい・感謝を伝えたい」からご招待し、呼ばれる側も「祝福したい」から参加するものだと思います。

そう考えると、確かに事前に交通費や宿泊代への配慮があった方がうれしいですが、お金のことだけではなく、その人との関係性を振り返って、気持ちよく過ごしたいですね


目次に戻る

まとめ

  • 1.一般的には交通費の片道分が相場
  • 2.既婚者の方は自分がした時と同じ対応が一般的
  • 出費に固執しすぎず、最後はお互いの気持ちを大切に

※ 2021年10月 時点の情報を元に構成しています