1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 生活・家事・ライフスタイル
  4. 新婚カップル、お盆の帰省を乗り切るコツとは!?

新婚カップル、お盆の帰省を乗り切るコツとは!?

2016.07.27

お盆休みの時期ですね。
実家へ帰省する計画をたてている新婚カップルも多いことでしょう。
では、滞在期間はどれくらいで、どうやって過ごすのがよいのでしょうか?

結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」の相談広場には、夫の実家へ帰省するが、どうやって過ごそうか悩んでいる女性からの相談が寄せられ、注目を集めています。


お盆や正月に主人の実家に帰省するのが恒例となりそうです。
我が家は2泊3日にしていますが、地方にご主人のご実家がある方、皆さんは何泊ぐらいされてますか?
その際、色々お手伝いされますか?(35歳女性)

この相談に対して、みんなのウェディングユーザーから沢山のコメントが寄せられました。

<やる気だけはみせておく>

初めての帰省時はエプロンを持参しました。義母が台所へ行くと、私も行き「何か手伝うことありますか?」と声をかけ、「今はない」と言われた時は素直に休んでます。(32歳女性)

エプロンを用意しておくだけで、「手伝う気がある」ことをアピールできます。
出過ぎないように気をつけておけば、平穏に過ごせるものかもしれませんね。

<がんばりすぎない>

私は子供が生まれる前に一度3泊くらいしました。
私も気を遣って「何かありますか?」と聞いたら、アレもコレもと頼まれてしまい夕食もひとりで作ったことがあります。
それ以来怖くなってしまって旦那の実家に行くと体を壊してしまいます。(28歳女性)

よかれと思って気を遣ったところ、それに乗じて頼まれるだけ頼まれてしまった…というパターンですね。
最初にお手伝いをしてしまうと、それが基本ベースになってしまいます。

<いっそのこと、手伝わない>

私は2泊でしたが手伝いは全くと言うくらいしませんでした。洗い物しても、しまう場所もわからないし、そのうちのやり方もあるだろうし。私は何か言われたら傷つくので何もしませんでした。(36歳女性)

それぞれの家庭によって家事の段取りは全く違う、ということがあります。手伝って「余計なこと!」など思われないためにも、初めからなにもしない方法です。


ただでさえ、夫の実家で気を遣っているのですから、無理にがんばりすぎないほうがよいですね。
しかし、これは義父母のパーソナリティにもよるので、どういう対応ならばよいか、とは一概にはいえないでしょう。
初めての帰省はなにかとわからないことが多いもの、段々と回数を重ねるごとに、要領をつかめていくのかもしれませんね。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています