東京にありながら、緑あふれる昭和の森にある「フォレスト・イン昭和館」。森の中に佇む独立型チャペル。祭壇の奥は天井まである大きなガラス窓で、緑と光に包まれた神聖な空間。ライトアップされ昼間とは違う幻想的な雰囲気のナイトウェディングも。モダンな造りの神殿での神前式も可能です。広大な森を望める「眺林」やスタイリッシュな雰囲気の「シルバンホール」など雰囲気の違う会場からお二人のスタイルに合わせた会場でのパーティーが叶います。

最寄駅
昭島駅
会場ジャンル
ホテル
  1. 口コミ (229)
  2. 費用明細 (26)
本番
tomokumi さん (男性)
式場返信あり
本番時
40代前半
挙式日
2016年4月
投稿月
2016年5月
総合評価 4.57
費用 4.00 設備 5.00
演出 4.00 料理 5.00
スタッフ 5.00 立地 4.00
衣装 5.00    

東京にいながら自然に囲まれて結婚式できる
tomokumiさん(フォレスト・イン昭和館口コミ)

(690文字)

費用・コストパフォーマンスの満足度

最初の基本プラン見積もり提示された時、「この見積もり金額内で挙式できます。オーバーしても10万円くらいです」と始めから言っていただいたので、安心できました。

結婚式場の雰囲気・設備の良さ

披露宴会場に大きな窓があり、開放感があって良かった。なにより、チャペルは緑に囲まれて、東京とは思えない空間の中で結婚式を行うことが出来ました。

演出・オリジナリティの満足度

特に派手な演出はないが、自分たちは「アットホームな式」を好んだ。そのため自分たちらしくオリジナル感を出し、思い描いた挙式ができました。お客様からも「いい式だった」と言っていただきました。

衣装・小物の満足度

ドレスはいろいろある中で、好きな物を選べました。また、スタッフの方も似合いそうな衣装を持ってきてくれたり、小物も会場の雰囲気を考えてアドバイスしてくれたりと、とても親切でした。

料理の満足度

お互いの両親も招いて試食会をしました。季節限定 春のコースを選び「とても美味しい」と言ってもらい決めました。試食をした甲斐もあり、お客様にも当日「料理が美味しかった」と言っていただきました。

式場スタッフの満足度

式の進行を分かりやすく丁寧に教えてくれたので、不安なく式に集中できました。打ち合わせも、担当者が的確にアドバイスしてくれたのでとても頼りになりました。

立地・交通の便の良さ

無料シャトルバスが昭島駅から出ているので、好立地です。自然に囲まれているので、森の中を散歩できます。
また、写真撮影も晴れていれば自然の中でできます。

この口コミは役に立ちましたか?
後で読みたい場合は、お気に入り保存が出来ます。

役に立った! 1
お気に入り

式場からの返信コメント

フォレスト・イン昭和館

(返信日:2016年5月27日)

tomokumi様

このたびはおめでとうございました!
また各項目で高い評価をありがとうございます!

tomokumi様のご希望の「アットホームな式」が実現し、お料理などもゲストの方々に喜んでいただけたようでとても嬉しく思います。

また、結婚式当日は東京とは思えない空間の中で非現実的な1日を過ごしていただけましたでしょうか?
フォレスト・イン昭和館は季節によって様々な景観がお楽しみいただけます。
現在は新緑、秋には紅葉・・冬は雪景色・・春は桜・・・
お好きな季節にぜひまたゆっくりお庭を散歩に来てください。

ご投稿ありがとうございました!
末永くお幸せに!

口コミの内容は、好意的・否定的なものも含めてtomokumiさんの主観的なご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
また、口コミで記載されている式場サービス内容・金額・スタッフ・運営会社は、2016年4月当時のものです。現在とは異なる可能性がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

この式場の本番の口コミをもっと見る

基本情報・お問い合わせ

会場名 フォレスト・イン昭和館
挙式スタイル 教会,神前,人前
収容人数 6人~620人
TEL・予約
通話無料0066-9680-512794
フォレスト・イン昭和館のウェディング専用ダイヤルです。
この式場で挙式・披露宴を検討されている方の専用フリーダイヤルです。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。※IP電話からはつながりません。通常回線・携帯電話などからご利用ください。
この式場が気になったら、まずはブライダルフェアの予約をしよう!
ブライダルフェア一覧へ
空き日程などの確認や資料のお問い合せはこちら
見学予約する 資料請求する お問い合わせ
定休日 火曜日
受付時間 10:00~19:00(平日は18時まで)
住所 東京都昭島市昭和の森
アクセス情報へ >
PR おすすめの記事