1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 生活・家事・ライフスタイル
  4. バーゲンセールでの無駄遣い・衝動買いを防止する4つのポイント

バーゲンセールでの無駄遣い・衝動買いを防止する4つのポイント

2016.08.01

いまは、2013年・夏のバーゲンセールの時期。買い物にいった時、どうしても欲しくなって衝動的に余計な買い物をしてしまうことはありませんか?
その時は満足するかもしれませんが、そんなことを繰り返していては無駄遣いが増えるばかり。

今回は、結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、散財を抑えるための方法を紹介します。


1. カード・余分な現金は持ち歩かない

基本的な方法ですが、欲しくてもお金やカードがなければ買うことはできません。
買い物の上限を決めてから現金をもっていくようにし、現金がなくても買い物ができるカード類は持ち歩かないのが1番。
また、家族など信頼できる人に現金やカードを預けておき、どのくらいお金を使っているのか確認してもらいながら使うのもいいかもしれませんね。

2. その場で買わずに一旦帰る

どんなに欲しいと思っても、とにかく品物を見た当日に買うのはやめましょう。
時間を置くと買いたい衝動もおさまってきますし、本当に買うべきなのか冷静に考えることができます。
それでも欲しいと思う場合は、意識的にインターネットで評価の低いレビューを検索してみるのもひとつの方法。
ネガティブな意見を知ることで冷静に判断できます。

3. 「本当に必要なものか」を考える

何かを買いたい!と思った時、どのような動機を持っているのかを考えてみてください。
それは本当に必要で買いたいのか、ただ欲しいから買うのか。
必要なものなら買っても問題はありませんが、ただ「欲しい!」という気持ちだけなら買うのは見送るようにしてみましょう。

4. 買い物メモ以外のものは見ない・買わない

本当に必要な買い物をするためには、買うものをあらかじめ決めてメモを持って行くこと。メモ以外のものは店頭で見ないようにするだけで、余計なものが欲しくなる機会も減るはずです。
また、きちんとメモを作ることで買い物の予算も決められますから、現金をいくら持っていくかもわかりやすいですね。


【編集部まとめ】

衝動買いをしてしまうというのは、お金を貯められない人の特徴でもあります。
きちんと貯蓄を増やすためにも、衝動的な買い物はきっぱりとやめる決意をしていきましょう。

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています