1. トップ
  2. みんなのウェディングストーリー
  3. お花に囲まれながらご家族と特別なひとときを
お花に囲まれながらご家族と特別なひとときを

お花に囲まれながらご家族と特別なひとときを

投稿日
挙式 披露宴 二次会 食事会 フォトウェディング
ゲスト 家族のみ

おふたりが結婚式の場所に選んだのは、自然豊かな軽井沢の地。お花が大好きな歩美さんと、ご家族だけの結婚式にちなんで「お花いっぱいのファミリーウェディング」をコンセプトにおこなわれました。カラフルなお花に囲まれた空間で、ご家族だけのアットホームなパーティーを楽しまれたそうです。ご家族を大切に思うおふたりが、こだわって準備された結婚式。だからこそ、ご家族みんなが笑顔で溢れるファミリーウェディングとなりました。

スケジュール

写真撮影

  • ご家族みんなが過ごしやすい環境も決め手に

挙式

  • 希望が叶えられなくても幸せなのが結婚式

披露宴

  • お色直しの間は思い出ムービーを流して
  • お気に入りの花材を取り入れたこだわりだっぷりの会場装飾
  • 一人ひとりのために選んだ引き出物を

1日目

写真撮影

結婚式の会場に選んだのは、ルグラン軽井沢ホテル&リゾート。お付き合いされていた頃に利用したことのある、おふたりにとって思い出の場所だったそう。ガーデンウェディングがおこなえると知り、素敵な雰囲気のなかで結婚式ができるならと、お気に入りの場所に決められたそうです。

ご家族みんなが過ごしやすい環境も決め手に

高齢のご家族に配慮したバリアフリーが整う環境も会場選びのポイント。遠方から来るご家族が結婚式の間だけでも快適で過ごしやすいようにと、ご家族のことを大切に思って決められた会場だったそう。

楽しみにされていた結婚式。もうすぐで結婚式が始まると思うと、期待と不安な気持ちでドキドキが止まらなかったという歩美さん。

ブライダルフェアを見る

挙式

ギターとフルートの生演奏が響きわたる厳かな空間。静かな教会だからこそ、壮大でやわらかな音色が一段と素晴らしくて感動する演出に。

牧師からのサプライズメッセージに、歩美さんの涙が止まらなくなるシーンも。夫婦が仲良しでいるための6ヶ条を聞いているうちに、言葉では表せない思いが溢れ出して涙が出てしまったのだそう。

結婚式当日は雨天となり、憧れていたガーデンウェディングは実現できなかったそう。それでも、スタッフさんの心づかいや大好きなご家族を目の前にすると、あたたかくて幸せな気持ちでいっぱいの挙式となりました。挙式のあとには、「教会も素敵で幻想的な雰囲気がとても良かった」とご家族から言ってもらえたことが嬉しかったそうです。

希望が叶えられなくても幸せなのが結婚式

こだわりのひとつでもあったガーデン。当日を迎えてみると、重要だと思っていたガーデンウェディングが叶わなくても、スタッフさんやご家族がかけてくれた優しい言葉もあって、満足する最高の結婚式になられたそう。おふたりやご家族が幸せな時間を過ごせたことが重要だったと感じられたそうです。

ブライダルフェアを見る

披露宴

披露宴は、ご家族だけのアットホームな雰囲気のなかでおこなわれました。初めにおふたりが挨拶を。司会者はもうけずにおふたりが進行しながら演出をおこなうことに。ご両家が揃う貴重な時間をみんなで楽しまれたそうです。

お色直しの間は思い出ムービーを流して

お色直しの間、ご家族が退屈しないようにとムービーを用意。ムービーを見ながら楽しく話してもらいたいという思いから、ご家族みんなの思い出が詰まった内容にされたそう。

チョコレートが大好きだというおふたり。そんなおふたりのウェディングケーキは、チョコレートクリームをたっぷり使ったものに。シンプルなデザインのなかに、ドットモチーフをプラスしてアクセントに。見た目がかわいいだけでなく、チョコレート味でとってもおいしかったそうです。

お気に入りの花材を取り入れたこだわりだっぷりの会場装飾

お花が大好きだという歩美さん。ご家族もお花好きということから、お花を取り入れた会場装飾にこだわられたそう。使用したい花材をフローリストさんに相談しながら、おしゃれなテーブルコーディネートに仕上げられました。ピンクやオレンジの明るいお花が印象的で、まるでガーデンパーティーのような空間に。

おふたりのために、ご家族からの素敵な余興も。ウクレレ教室に通う健太さんのお母さまの演奏で、歩美さんのお父さまとお兄さまが歌を歌われたそう。素敵な演奏が終わると同時に、感極まった健太さんが涙する場面も。笑顔で拍手をしながら涙を流す健太さんと、ほほえましく見守る歩美さん。ご家族がひとつになる幸せな時間になりました。

ご両親への手紙を読む歩美さんの姿を見て、涙を我慢できなくなったお父さまが泣いてしまう場面も。手紙は、あえて結婚式の前日の夜に書いたという歩美さん。結婚式前日のリアルな気持ちを書き留めた内容に、お父さまは感動されたそうです。

一人ひとりのために選んだ引き出物を

大好きなご家族一人ひとりに感謝を伝えたいという思いから、ひとりずつのために引き出物を選ばれたおふたり。一緒に意見を出し合いながら選んだものだそう。ご家族を思いながら準備されたおふたりの結婚式。それでも、結婚式をおこなうことで、さらにみんなから幸せをもらえたと感じたおふたりは、「まだまだ感謝を返し足りないね」と話されたそう。

ブライダルフェアを見る

テイスト

  • 自然体
  • カジュアル
  • アットホーム
  • フォーマル
  • 厳か
  • 格式高い
  • シンプル
  • ナチュラル
  • ラグジュアリー
  • 豪華
  • 王道
  • 定番
  • オリジナリティ
  • 個性
  • クラシカル
  • 伝統
  • モダン
  • トレンド
  • スタイリッシュ
  • クール
  • キュート
  • ラブリー
この式場が気になったら実際に見に行こう!
式場が選ぶピックアップフェア
224日 (土)

【1.5H/オンライン】VR視聴×御見積×じっくり安心相談会

【1.5H/オンライン】VR視聴×御見積×じっくり安心相談会
在宅&スマホでOK♪ご自宅から安心してご相談できます。結婚式の準備として、電話やPCなどでまずは気になる会場やホテル情報を。ご希望に応じて御見積や空き状況もご案内致します。
特典
*成約特典:新郎新婦様スイートルーム宿泊プレゼント
気になるフェアを探す

主役のおふたり

健太さんのアイコン

健太 さん

歩美さんのアイコン

歩美 さん

おふたりからのメッセージ

結婚式はどのようなカタチであれ、挙げた方が良いと思います。自分たちがこだわりたいところはとことんこだわって、ある程度は気楽に迎えるのが良いのかなとも思いました。振り返ってみると、失敗したことや笑ってしまうようなことなど、そういう思い出こそが心にあたたかく残っていたりします。完璧を求めすぎず、とにかくすべてを楽しんで幸せな時間を過ごせますように。

兵庫県出身の新郎と、長野県出身の新婦です。新郎の仕事で長野県にいたときに知り合いました。新郎の転勤で静岡県と長野県の遠距離期間を経て結婚し、今はふたりで静岡県で暮らしています。お互いに家族のことが大好きで、結婚してからはお互いの家族のことも大好きになったので、兵庫県と長野県で決して頻度は高くはないですが、よくふたり揃って帰省します。

Instagram

Profile

このストーリーの主役

30代 静岡県 & 30代 静岡県

ふたりの性格

ポジティブ、繊細、マイペース、とことんこだわる

ふたりの趣味

ハンドメイド・DIY、スポーツ・観戦、旅行・お出かけ、ライフスタイル・インテリア、ペット・動物、読書、音楽鑑賞・演奏、美術品・工芸品、TV・映画・動画、ガーデニング・家庭菜園、ファッション、アニメ・漫画

エニマリ

スタッフのコメント

自然溢れる軽井沢の地で、お花に囲まれながら素敵な結婚式をおこなわれたおふたり。DIYされたアイテムは、本物にこだわりながら材料集めや手づくりされているのも印象的でした。また、会場選びや引き出物など、ご家族を大切に思うおふたりだからこそ、あらゆるところに配慮が散りばめられていてあたたかい気持ちになりました。

\叶えたい挙式イメージから式場を提案します!/
アドバイザーに相談する
TOP
ページの一番上へ戻りますか?
一番上へ戻る
キャンセル