彼が喜ぶ手料理とは? 実は男ウケの良いご飯5パターン

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2016.07.22
彼が喜ぶ手料理とは? 実は男ウケの良いご飯5パターン

気になる男性や、付き合ったばかりの彼に初めて手料理を食べてもらう時って緊張しますよね。
彼に喜んでもらえるご飯って、どのようなものなんでしょう。

今回は、結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、男性が絶対に喜ぶ、料理上手を演出できる家庭料理を紹介します。


男の一人暮らしでは難しい「から揚げ」

ポイントは、男性の1人暮らしだとなかなかやらない「揚げ物」だということ。揚げ物は手間がかかる気がしますが、実はごく少量の油で揚げることもできますし、心配なら市販の唐揚げ粉を使えば味の失敗もなし。
ビールも一緒に用意しておけばばっちり家庭的な面をアピールできます。

お刺身で魚をさばける女性アピール

魚を捌くのも、男性はなかなか自分ではやらないことですよね。
お魚が捌けるとぐんとお料理上手なイメージもアップします。
新鮮なお魚を買ってきれいに盛りつけることが出来れば1番いいのですが、もしもきれいに出来なかったら海鮮巻きやなめろう、サラダにいれるなどして形をごまかしましょう。

飲んだ次の日はお味噌汁で

お味噌汁も基本の家庭の味。
お味噌汁については普段の食卓に出すよりも、彼がさんざん飲んだ次の日にさりげなく作ってあげるとポイントが高くなるようです。
具材は肝臓に効くとされているしじみを使うといいかもしれませんね。
飲んだ次の日でも、さっぱり食べられるようなものを選びましょう。

一工夫したハンバーグは男性の大好物

こちらも唐揚げ同様、男の人が大好きなお肉料理の代表。普段お店では食べられない大きなハンバーグや、ハート形のハンバーグにするなど工夫してもいいですね。
煮込みハンバーグにする、ソースはケチャップではなく手作りするという小技を使うと更にお料理上手に見えるようです。

グラタンで女子力アピール

グラタンはオーブンを使って焼き上げるというのが料理上手なイメージがつくポイント。
チーズがとろとろに溶けたアツアツのグラタンを出されたら、男性も「おお! 」と思うはず。
具材は彼の好きそうなものを選ぶのがコツです。
ホワイトソース作りが心配なら、こっそり市販のものを利用しましょう。


編集部まとめ

他には、王道の肉じゃが、カレーライスなども不動の人気のようです。
出来れば彼に作ってあげる前に予行演習をし、盛りつけにもこだわってみましょう。

関連する記事