デートで手をつなぐタイミング、女の子がキュンとくる6つの瞬間

みんなのウェディング編集部
2016.06.14
デートで手をつなぐタイミング、女の子がキュンとくる6つの瞬間

付き合い立てのカップルは一緒にいる時の距離感も落ち着かず、そわそわしてしまいますよね。
まずは相手とのスキンシップのためにも手をつなぐところから始めてみましょう。

今回は、結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、デートで手をつなぐベストタイミングや方法を紹介します。


1.集合場所で合流したとき

手をつなぐ最初のチャンスは、デートで合流したその時です。
待ち合わせ場所に無事に合流し、そこから移動する時に「じゃあ行こう」とさりげなく女の子の手を取りましょう。
移動を開始するタイミングなら自然につなげそうですね。

2.人ごみを歩くとき

混雑していてはぐれそうになってしまう場所も、さりげなく手をつなぐことができるポイント。
人ごみだけでなく車通りの多い場所や段差がある場所など、守ってくれるように手差し伸べると女の子なら嬉しく思うはずです。

3.会話が途切れた時

ふと会話が途切れた時、新たな話題を探すよりも、きゅっと手をつないでみるのも1つの方法。
言葉ではなく仕草でとれるコミュニケーションもあります。
ふとした瞬間ですから、女の子もドキッとするのではないでしょうか。

4.場所を示す時に手を引く

移動中「こっちだよ」と場所を教えてあげる時や、「あっちに行こう」という時に、手を引いてあげてそのまま手をつなぐ方法です。
頼れる男性を演出できそうですよね。

5.映画館で上映が始まるとき

映画を見ている間は話せませんから、スキンシップでコミュニケーションをとるのがおすすめ。
館内が暗くなりこれから上映が始まるというその時に、手を差し出してみましょう。暗い中ならドキドキ感もアップするはず!

6.暗くなってきたとき

明るい時はお互いの顔も見えやすくてなんとなく気恥ずかしいものですが、暗くなってくると恥ずかしさも和らぐはず。
デートを楽しみ、暗くなった帰り道などでさりげなくつないでみるといいかもしれませんね。


付き合って間もないと手をつなぐだけでもドキドキですよね。
でも、女の子は彼の方から手を握ってくれるのを待っているもの。
出来るだけ自然になるようなタイミングを見計らって、素敵なデートになるように頑張ってくださいね。

あわせて読みたい!