結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   新生活  >   結婚後の家族問題  >   マリッジブルーの乗り越え方について


家族問題

Facebookページでも結婚準備の情報をお届け中♪
 前の相談 『婚約中の妊娠報告について相談させて下さい』 次の相談 『親の援助について、もめています。』 

 minmi190 さん  25歳  女性  千葉県  2016年04月15日 21:34
相談

マリッジブルーの乗り越え方について

この相談をお気に入りに追加する

彼にプロポーズをされ、4か月後に入籍することを決めました。彼のご家族にお会いした際は喜んでくれました。しかし、私の両親に会わせたところ、結婚は反対しないが、入籍はのばすように言われました。理由はお互いの仕事が忙しいから落ち着くまで待つこと、私を花嫁修業させたいとのことでした。花嫁修業の内容を詳しく聞いたら、入籍したあとも仕事と並行して家事をやれるようにしたり、嫁に出しても恥ずかしくないように母親なりに私に結婚の心得を身に付けさせてから見送りたいと言われ、そこには納得しました。
ただ、入籍を決めてからというもの、母親は結婚が人生の墓場だと言わんばかりに苦労が絶えず辛いものであると、ことあるごとに言うようになりました。正直私は幼いころから母親が苦労し、父親は奔放でいつも遊んでばかりいるように写っていたので元々持っていた結婚へのネガティブな部分がより深まってしまいました。(結婚後は実家にほとんど帰ってきてはいけない、我慢を強いられるものだという内容を話されます)加えて結婚を祝う言葉は聞けていません。こんな娘だけど貰い手があって良かったね、とは言われましたが。
彼を両親に会わせる前、結婚が楽しみだった私は結婚式のことに想いを馳せていましたが彼に「そういうことを考えるのは両親への挨拶や住居の場所など生活の基盤がきちんと決まってからにしよう」と言われ、結婚式のことを考えることを否定されたような気持ちになってしまい、それからというもの、結婚に対して楽しいイメージがなくなってしまいました。確かにそれを決めるのは尤もですし、母親のいうこともわかります。
けれど、それからというもの結婚が幸せで楽しいものだというイメージが薄くなり、苦労の絶えない思い通りに行くことのない悪いイメージがついてしまいました。
挨拶や住居の場所の目処がつき、彼は結婚式のことを決めようと言い出しましたが、私はそれを考えることすら嫌になってしまっています。
こんな状態で良い結婚式が望めるとも思えず、結婚すること事態にも疑問を抱き始めてしまいました。
彼は結婚に対してポジティブな気持ちが高まり結婚式の会場決めなどを積極的に持ち掛けてくるな反面、私はネガティブな気持ちで暗い気持ちになってしまい、温度差があります。
母親に言うと間違いなく、「じゃあ結婚やめたら?」と言われるのがオチだと思っているので話していません。彼をがっかりさせたくなくて、いまは自分の気持ちを話していませんが話をした方が良いと考えています。
俗にいうマリッジブルーなのだと思っています。みなさんはどのようにマリッジブルーを乗り越えられたのか、教えていただけるとありがたいです。

  • 相談者をみんなで応援する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この相談は役に立ちましたか?   0 人が役に立つと評価しています。



和装撮影・前撮・写真のみOK
和装撮影・前撮・写真のみOK
美人メイクと白無垢で残す極上のフォトウエディング!和装撮影・前撮・写真のみはこちら
『ブライダルフェア』に行こう
まずはブライダルフェアで結婚式場の下見を!デートにも最適♪


 うーん… さん 35歳  女性
回答   2016年04月16日 17:27
彼との関係性が中心にあるマリッジブルーというよりは、お母様の「子離れブルー」に思いっきり巻き込まれて振り回されているブルー状態(彼は、そのとばっちりを受けたら戸惑ってしまうのでは?)という印象を受けました。

>結婚を祝う言葉は聞けていません。こんな娘だけど貰い手があって良かったね、とは言われましたが。
失礼を承知で書いてしまえば、いわゆる世間で言うところの「毒親」ぽいですよね……。
世の中には「自分は結婚で苦労したけれど、あなたは結婚して夫婦一緒に幸せになりますように」という言葉が出てくる親御さんもいると思いますよ。お母様に関する記述全体「母である自分は結婚してこんなに不幸になった、娘であるあなただけが幸せになるなんてあり得ない(許せない)」という“呪い”すら漂ってくるように感じられます。

“「あなたのためを思って」と言う人に対しては、「まず自分のために生きてください」と言葉を返していきましょう”これはとある有名人の言葉ですが、私の好きな言葉です。


>彼に「そういうことを考えるのは両親への挨拶や住居の場所など生活の基盤がきちんと決まってからにしよう」と言われ
彼の、「現実的に、経済面や生活のことを考えて決めてから」というのは極めて真面目・真摯な姿勢だと思います。また、特におかしなことを言っているようには思えませんし、奔放なお父様とは違う方と巡り会えて、良かったのではと思います。
むしろ、minmi190さんが、お母様からの束縛やご両親が見せてきた「不幸な夫婦の現実」から目をそらすためのエネルギーを、「素敵な結婚式(非日常のイベント)へのあこがれ」によって補給していたのでは?とも感じました(あこがれをエネルギーに変えるのは、現実から逃げているようでもありますが、それ自体は悪いことではないと思います)。

彼の態度が云々という以前に、お母様とご自身・お父様とご自身の関係性やご両親それぞれへの感情について、どこかで見つめなおしてみてはいかがでしょうか。できれば、中立の立場・利害関係のない心理カウンセラーや、冷静沈着に相談事を聴いてくれる友人等に、話を聴いてもらい、今あるブルーの中身を客観的に整理するのがベターなのでは…

あくまでもご相談の文面から感じた印象です。的外れで、お気持ちを害されたらすみません。他の方のご意見も聞けるといいですね。。
この回答は役に立ちましたか?  10 人が役に立つと評価しています。

この相談に回答・コメントする

この相談をお気に入りに追加する
 前の相談 『婚約中の妊娠報告について相談させて下さい』 次の相談 『親の援助について、もめています。』 

 家族問題の相談リストへ
 相談広場TOPへ

関連する最新の相談

相談する

フリーワードで検索




例) 演出 仮予約

相談広場のジャンル


結婚式準備



ドレス



披露宴準備



招待客



新婚生活準備



結婚後


フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。