1. トップ
  2. みんなのウェディングストーリー
  3. 幼少期からの思い出の神社で憧れの白無垢を
幼少期からの思い出の神社で憧れの白無垢を

幼少期からの思い出の神社で憧れの白無垢を

投稿日
挙式 披露宴 二次会 食事会 フォトウェディング
ゲスト たくさんの人と

幼い頃から着物に触れることが多く、「ドレスより白無垢に憧れがあった」というかよさん。お宮参りや初詣、七五三などでお参りした思い出の場所である香椎宮で神前式をおこないました。参進の儀や祝詞奏上(のりとそうじょう)など、神前式ならではのさまざまな儀式を経ることで、新しい家庭が始まるという意識がより強まったそうです。新たなスタートをきるおふたりにとって大切な一日となりました。

開催時期 2022年2月
総額 401万円〜500万円
会場

香椎宮(JUNO)

出席人数:3名〜10名

スケジュール

お支度・写真撮影・ファーストミート

  • 結婚は家と家を結びつけるもの

挙式

1日目

お支度・写真撮影・ファーストミート

事前にお互いの衣装を知っていたうえ、緊張もしていたことから、ファーストミートではおふたりともそこまで大きな反応をしなかったそう。それも素敵な思い出のひとつです。
事前にお互いの衣装を知っていたうえ、緊張もしていたことから、ファーストミートではおふたりともそこまで大きな反応をしなかったそう。それも素敵な思い出のひとつです。

紅差しの儀では、「カメラに撮られよる」と照れながらも楽しそうに最終仕上げをしてくれたかよさんのお母さまと、そんなおふたりの様子を静かに見守っていたお父さま。後日写真を見返したときに、「きっと父の方が、『父親が紅差しの儀を通して娘が嫁ぐこと』を実感していたのだと思います」としみじみ感じたそうです。

結婚は家と家を結びつけるもの

「結婚したんやけん、式をしなさい」という家族からの勧めで、挙式をできるだけ早く実施することにしたというおふたり。挙式と披露宴は別日開催にすることで、準備期間1ヶ月でも素敵な式が実現しました。家と家を結びつけるのが結婚であるという考えのもと、神職と巫女が両家の縁結びをする神前式のコンセプトがお気に入りです。挙式当日の朝は、実家で最後の朝ごはんとしてお赤飯を食べ、大切な家族に送り出してもらい、神聖な儀式の準備に臨みました。

挙式

「風が強くて寒かった」という参進の儀では、巫女や神職に導かれて社殿に近づくにつれ、気が引き締まったそうです。いよいよ式場へ昇段というタイミング、緊張も一気に高まります。

斎主、祭員が雅楽を演奏する格調高い和の雰囲気。
斎主、祭員が雅楽を演奏する格調高い和の雰囲気。
祓詞(はらえことば)を秦上し、けがれを祓い清めます。
祓詞(はらえことば)を秦上し、けがれを祓い清めます。
三献の儀。落ち着いてゆっくりとお神酒を飲んでいたというゆうすけさん。
三献の儀。落ち着いてゆっくりとお神酒を飲んでいたというゆうすけさん。
かよさんはお神酒を飲むペースがうまく掴めず、難しかったそうです。
かよさんはお神酒を飲むペースがうまく掴めず、難しかったそうです。
誓詞奏上(せいしそうじょう)。誓詞に書かれる噛みそうな言葉の数々に最初は苦戦していたゆうすけさんですが、練習のお陰で本番は噛まずにすらっと読み上げることができたそうです。
誓詞奏上(せいしそうじょう)。誓詞に書かれる噛みそうな言葉の数々に最初は苦戦していたゆうすけさんですが、練習のお陰で本番は噛まずにすらっと読み上げることができたそうです。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)。祈念の気持ちを玉串に込めて神前へお供えします。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)。祈念の気持ちを玉串に込めて神前へお供えします。

神前式では、いろいろな儀式を通して「家族になるんだ」という自覚がより芽生えたそう。

テイスト

  • 自然体
  • カジュアル
  • アットホーム
  • フォーマル
  • 厳か
  • 格式高い
  • シンプル
  • ナチュラル
  • ラグジュアリー
  • 豪華
  • 王道
  • 定番
  • オリジナリティ
  • 個性
  • クラシカル
  • 伝統
  • モダン
  • トレンド
  • スタイリッシュ
  • クール
  • キュート
  • ラブリー

主役のおふたり

ゆうすけさんさんのアイコン

ゆうすけさん さん

かよさんのアイコン

かよ さん

おふたりからのメッセージ

お金もかかることですし、やるかどうか迷ってる方もいらっしゃるかもしれません。特にご主人は乗り気ではない場合が多いのではないかなと思います。我が家もそうでした。ですが、やってみて思うのは、心からやってよかったと、もう一回やりたいと思うくらい忘れられない素晴らしい日になります!それを楽しみに準備等から楽しんでください!

幼い頃からの憧れであった神前式、笑顔溢れる面白いにこだわった披露宴。もう一度したいくらい楽しかったので参考になれば嬉しいです!

Instagram

Profile

このストーリーの主役

20代 鹿児島県 & 20代 福岡県

ふたりの性格

ポジティブ、マイペース、計画的・几帳面、ひとを楽しませるのが好き

ふたりの趣味

スポーツ・観戦、ヘルスケア・筋トレ、旅行・お出かけ、グルメ・料理

エニマリ

スタッフのコメント

準備期間はわずか1ヶ月で「すべてがバタバタだった」という言葉が信じられないくらい、家族を大切にしていることが伝わってくる素敵な挙式でした。「神前式の流れを把握するだけでなく、各々の儀式がどのくらいのペースやテンポ感で進むかも把握しておいた方が良い」ということだったので、これから神前式を迎える方々はぜひ参考に。

\叶えたい挙式イメージから式場を提案します!/
アドバイザーに相談する
TOP
ページの一番上へ戻りますか?
一番上へ戻る
キャンセル