1. トップ
  2. みんなのウェディングストーリー
  3. 結婚の本質と向き合ってつくりあげたオリジナルの結婚式
結婚の本質と向き合ってつくりあげたオリジナルの結婚式

結婚の本質と向き合ってつくりあげたオリジナルの結婚式

投稿日
挙式 披露宴 二次会 食事会 フォトウェディング
ゲスト たくさんの人と

バージンロード、指輪交換といった当たり前のようにおこなわれているセレモニーが自分たちにとって必要かどうか、自分たちであればどういったカタチがふさわしいかをしっかりと考えたうえでおこなわれたオリジナルの結婚式。家族と家族が一緒になることや、今後の夫婦生活に対する思いを真摯にゲストや親族に伝え、かけがえのないお時間となったようです。

スケジュール

ファーストミート

挙式

  • トップクラスのカメラマンに撮影を依頼
  • オリジナル人前式
  • 詩人の言葉を引用した誓いの言葉

歓談

  • 挙式と披露宴の間に歓談のお時間を用意

食事会

  • 新郎新婦が向かい合った席次

1日目

ファーストミート

鏡のある部屋だったのでRYOさんには目をつぶって待っていてもらったり、睨んだような目にならないために180度振り返ってから目を開いてもらうなど、お約束ごとを決めたうえでおこなわれました。RYOさんの心からの驚きが表情にも表れています。その後は挙式までの間、館内での撮影を楽しまれました。実はこのファーストミートの模様をRYOKOさんがリール動画で投稿したところ、RYOさんの表情もあって10万再生とバズったようです。

ブライダルフェアを見る

挙式

満面の笑みで入場されたRYOKOさんと、慣れない衣装と緊張で表情や歩き方がこわばるRYOさん。挙式は来られなかったゲストのためにインスタライブでも配信し、カメラ目線で最高の笑顔を送られたようです。

トップクラスのカメラマンに撮影を依頼

結婚式の思い出をクオリティの高い写真とともに残しておきたく、会場提携の2Cconcept Japanにお願いされました。トップフォトグラファーに撮影いただく体験自体が価値あるものとして特別に嬉しかったようです。特にお料理の写真は高品質で残しておきたいという希望があり、一皿一皿撮影いただきました。

赤絨毯が敷かれたバージンロードでの入場や父親のエスコート、指輪交換といったセレモニーはおこなわず、だるまの目入れをおこないました。会場のクラシカルな雰囲気とRYOKOさんの艶やかな衣装がマッチして、とても画になるシーンとなったようです。

オリジナル人前式

今までに多くの結婚式に参加してきましたが「自分たちがやりたい結婚式とは少し違うかも」と違和感を持たれていたおふたり。挙式の流れのなかでおこなうひとつひとつの儀式に対しても「自分たちにとって本当に意味のあることをおこないたい」としっかりと考えられました。そのため、赤絨毯での入場や指輪交換といったセレモニーは省き、代わりにだるまの目入れや、両親への感謝の言葉を読み上げるという、オリジナルな人前式を行ったようです。

詩人の言葉を引用した誓いの言葉

おふたりにとって、結婚式の本質的な部分と捉え、何よりも優先したのがこの誓いの言葉。ゲストの心に残る、お土産のような体験をしてもらうためにどうするべきかを悩まれたようです。

あえて自分たちの言葉ではなく、詩人などのプロの言葉を引用して朗読することで、夫婦のあり方や結婚の意味を噛み締めながら誓いの言葉とされました。選んだのは詩人 吉野弘の「祝婚歌」。ゲストからも「あの詩、すごく刺さった」と言っていただき、ガッツポーズをされたようです。

ブライダルフェアを見る

歓談

挙式と披露宴の間にヘアチェンジするという選択肢もあったようですが、ご友人との歓談の時間に充てられました。限られた時間の中でもゲスト一人ひとりと歓談することができて嬉しかったようです。

挙式と披露宴の間に歓談のお時間を用意

ご友人の結婚式に参加した際に、新郎新婦とほとんどお話ができなかったことを残念に思われていたRYOKOさん。披露宴は家族のみで、挙式では話す機会もないことから、友人とお話を楽しめないという不安があったようです。

ゲストも招いた挙式と、ご家族のみの披露宴との間に歓談の時間を設けられました。ご家族とは披露宴でお話できるため、歓談中は時間の許す限りご友人との会話を楽しんだそうです。

ブライダルフェアを見る

食事会

披露宴では、向かい合って座ったおふたりと、それぞれのご家族で円卓を囲って着席。「おふたり並んで座らないで大丈夫か」とプランナーさんに何度も確認されたようですが、このカタチのおかげで、ご家族どうしがスムーズにコミュニケーションが取れたようです。

新郎新婦が向かい合った席次

結婚式の主役は新郎新婦ではあるものの、ご家族だけの結婚式だからこそおふたりのご家族どうしが会話できるようなカタチを望んでいたおふたり。並んで座るとそこに視線が集中してしまうという心配があったようです。

あえておふたりの席を対面にし、会話や視線を分散させることにしました。円卓だったこともあり狙い通り、家族同士のコミュニケーションがスムーズにおこなわれたようです。

披露宴では、特別おいしいお食事を一緒に楽しむということをメインに過ごされました。家族そろって食事を楽しむという状況自体が久しぶりだったとのことで、当たり前のことのようで感動のひとときだったようです。また、お食事も大事な思い出としてとっておけるよう、カメラマンと打ち合わせをおこない、一品一品を丁寧に撮影いただきました。

ブライダルフェアを見る

テイスト

  • 自然体
  • カジュアル
  • アットホーム
  • フォーマル
  • 厳か
  • 格式高い
  • シンプル
  • ナチュラル
  • ラグジュアリー
  • 豪華
  • 王道
  • 定番
  • オリジナリティ
  • 個性
  • クラシカル
  • 伝統
  • モダン
  • トレンド
  • スタイリッシュ
  • クール
  • キュート
  • ラブリー
この式場が気になったら実際に見に行こう!
式場が選ぶピックアップフェア
224日 (土)

残席△【土曜限定】2万円コース7品プレミア試食×ランチ券付美食

残席△【土曜限定】2万円コース7品プレミア試食×ランチ券付美食
満席間近△【土曜日が最もお得】国産牛フィレ、トリュフ、イセエビ等豪華食材を使用したご試食を最大7品フルコースでご用意。歴史ある邸宅で美食を体感して。1軒目のご来館でペアランチ券進呈。9時の回限定でご試食を1品追加。
特典
【来館特典】2万円相当フレンチコース試食【成約特典】3泊ホテル宿泊・衣装最大15万円他最大75万円
気になるフェアを探す

主役のおふたり

RYOさんのアイコン

RYO さん

RYOKOさんのアイコン

RYOKO さん

おふたりからのメッセージ

家族だけの結婚式は楽と考えられる方も多いですが、意外と価値観の違いなどで説明や説得に苦労する面もありました。それを乗り越えての家族だけの贅沢な時間は何にも代えがたく、一般的な結婚式とはまた違った、濃密な思い出になります。このような情勢の中で、「家族だけの結婚式」も、「ふたりだけの結婚式」も、ひとつの選択肢だと思います。人生の節目に何かしたい、という思いがある方は、ぜひ結婚式を諦めないでほしいなと思います。

スーツ愛好家な夫と、普段は楽ちんスタイル・特別な日は和装が好きな妻。高校の同級生で、社会人になってからは、趣味のオーケストラ演奏で顔を合わせる楽しい飲み仲間に。共通の友人からのすすめでお付き合いがスタートし、翌年には婚姻届を提出するスピード婚でした。ハネムーンは香川県小豆島での、旅×フォトウェディング。自炊や家飲みを満喫しつつ、記念日にはお気に入りのレストランで食事をするのが大好きな二人です。

Profile

このストーリーの主役

30代 東京都 & 30代 東京都

ふたりの性格

個性的、おおらか・ずぼら、とことんこだわる

ふたりの趣味

グルメ・料理、お酒、音楽鑑賞・演奏、美術品・工芸品、ファッション

エニマリ

スタッフのコメント

結婚式をおこなうことの意義や価値に真摯に向き合い、自分たちが心からやりたい、やる価値があると思えるものだけを詰め込まれたおふたり。家族と家族が一緒になるためのスタートラインとして、今までお世話になった親族や、大好きなご友人に感謝を気持ちを伝える場として、十分すぎるほどの想いを込めた結婚式となったようです。

\叶えたい挙式イメージから式場を提案します!/
アドバイザーに相談する
TOP
ページの一番上へ戻りますか?
一番上へ戻る
キャンセル