ストレート

シンプルで実用的な点から一番人気がある指輪。長年使用してても飽きが来ない理由から購入する方が多く、他の指輪と一緒に着ける重ねずけをする際も相性が良いです。

この条件を追加する

ウェーブ

S字・V字と言われるウェーブがある指輪。
指に流れるように沿う為、指を細く美しく見せる効果があると言われてます。

この条件を追加する

エタニティー

リング全周にグルッとダイヤモンドが入った指輪です。
英語で「永遠」という意味のリングで、リングの全周にとぎれなく同カット、同サイズの宝石を留めています。

この条件を追加する

ハーフエタニティー

宝石が半周だけ入っているものをハーフエタニティと呼びます。
石が入っているのは半周だけなのでサイズ直しが簡単にでき、フルエタニティに比べて安価なことがメリットです。

この条件を追加する

ミル打ち

指輪のエッジやライン部分に小さな丸の打刻模様をつけた指輪です。
「千の粒」を表し、「子宝」「永遠」「長寿」などの意味を持つアンティークな雰囲気が人気のデザインです。

この条件を追加する

モチーフ付

結婚指輪に、ハート、花、動物など形あるものがデザインされている指輪を指します。
モチーフには愛や絆など意味があり、二人への特別な願いが込められています。

この条件を追加する

細身

リング幅が細い指輪。女性らしく、上品で華奢なイメージを与えます。
しかしぶつけた衝撃で変形する例もあり、金属の量が少ないリングには注意が必要です。

この条件を追加する

幅広

リング幅が太い指輪のことで、指や関節の太さが気になる人にぴったりのデザイン。
男性からよく好まれ、面積が多いため存在感や重量感があります。

この条件を追加する

プラチナ

白金とも呼ばれ、日本の結婚・婚約指輪では1番人気がある素材です。
汗などによる変色がほとんどなく耐久性に優れている理由に加えて、純粋性と希少性があり人気が高いです。

この条件を追加する

ホワイトゴールド

金にパラジウムなどを練り合わた合金で、メッキが剥がれたり色合いに変化が出る場合があると言われてますが、海外ではプラチナより人気がありお手頃価格です。

この条件を追加する

イエローゴールド

イエローゴールドは、ゴールドの素材に銀や銅を混ぜて作る合金です。
変色に強いですが、強度としては純度が高いものほど柔らかく弱くなるので18K以上の合金を選ぶのがおすすめです。

この条件を追加する

ピンクゴールド

ゴールドに銀や銅を配合してピンク色を再現した素材です。
可愛らしい色なので女性の人気があり、プラチナやゴールドより肌馴染みがよく上品な印象になるので男性にも合います。

この条件を追加する

チタン

プラチナより硬度が高いので傷つきにくく、指にはめているのを忘れてしまうほど軽い素材です。
変色にも強い反面、加工次第で色鮮やかに発色するので個性的な指輪になります。

この条件を追加する

パラジウム

プラチナと同等の白い輝きを持つ希少性の高い金属です。
金属アレルギーの原因になる人もいるので注意が必要ですが、お手頃な価格な上に酸化や変色にも強いのが特徴です。

この条件を追加する

コンビネーション

プラチナとゴールドなど異なる素材を組み合わせた指輪の事です。
華やかな印象になったり色のコントラストがついたり自分だけのデザインになることが人気な理由の一つです。

この条件を追加する

フルオーダー

デザインから考え世界でたった一つの指輪を作ることです。ブランドによってはオリジナルのデザインを提案してくれるところも。
既製品では満足できない人にはオススメです。

この条件を追加する

セミオーダー

デザイン・素材・色などあらかじめ用意された選択肢を組み合わせて指輪を作っていくこと。
すべて1からオーダーするのは手間だけれど、既製品では物足りない人にオススメです。

この条件を追加する

手作り・ハンドメイド

自分たちが工房で指輪を作ることです。原型を自分たちで作り、その後プロの職人さんが仕上げをやってくれるので安心です。
自作することで2人の思い出にもなるので近年人気が上がってます。

この条件を追加する

リフォーム

祖母や母親から譲り受けた指輪を溶かしたり宝石だけを使って新しいデザインにリフォームすること。
幸せや想いを受け継いでいくことで素敵な指輪を作ることができます。

この条件を追加する

ダイヤモンド

ダイヤの品質には4Cと呼ばれる4つの基準があります。
CARAT(重さ)COLOR(色)CLARITY(透明度)CUT(研磨)色や輝きよって値段も変わるので比較しましょう

この条件を追加する

カラーストーン

ブライダルリングの石といえばダイヤモンドが定番ですが、誕生石やお気に入りの宝石を加えることで個性ある指輪になります。
サファイア、ルビー、エメラルドなどがあります。

この条件を追加する

ICHI

一心、一点、一生を貫く、和の美意識に魅了された職人のブランド
その昔、すべてのものはすべて手造りであった。古くさいながら、ichiは物造りの本来の姿から始まった。ichiの全ての物が終始手造りなのだ。 日本に産まれ、古い記憶の中から忘れたくない和の神髄が根底に流れるその想いをichiはその"もの”に託し造りこむ。手造りという一つ一つの工程が、一つ一つ表情の違う唯一無二の顔を造っていく。 むしろ着飾る事を取り除き、裸に馴染むものでありたいとichiは願う。それが、無に近い美しさとなる。

TYPE 種類で選ぶ

GEM STONE 石の種類で選ぶ

ダイヤモンド

もっと見る

カラーストーン

SHOP 取り扱いエリア・ショップ

BRAND ブランド情報

ポイント

一緒に生きていくこと

一緒に生きていくこと

取り巻くものを二人だけの〝こだわり〟にしてほしい。他の誰にも描けない二人だけの軌跡を残してほしい。お気に入りの〝居場所〟を造ってほしい。 時間を感じさせるもの。手のぬくもりが確かに残るもの。家族の顔が思い浮かぶもの。ichi は手にするだけで思い出が鮮やかに蘇るようなそんな結婚指輪を、これから新だなスタートを迎える二人に届けていきだい。

一人ひとりの手から一人ひとりの手へ

一人ひとりの手から一人ひとりの手へ

すべてを手作業で行うものづくりにおいては素材に対する嘘が許されない。それは、自らの行為がそのまま素材に現れてしまうから。油断した気持ちで制作していると、顕著にものに反映されてしまうのは手造りならではのことだと思います。 大切なのは素材に対して常に素直でいること。当たり前のことですが、当たり前のことをひと時も忘れることなく貫き続ける難しさがあります。 同時にお客様の目に触れる距離で制作していますので、お客様に対しても決して嘘がつけない。このことが職人それぞれの責任の現れとなり矜持となります。

鍛造

鍛造

ichiでは型を作って流し込む鋳造法を用いず、地金を熱し叩き金属の結晶を締める事で金属を鍛えて成形する『鍛造』技法を用いています。職人の手仕事により一点ずつ、お二人の一生に確かに寄り沿う事の出来る強度を保つ結婚指輪・婚約指輪をご提供致します。また、一点一点造り上げるその手法は、まさにその人のためだけに造られるものである証。一生を寄り沿う一点ものが、お二人にとっての宝物となれば職人冥利に尽きるというものです。 ブランド名にもある『一』にはそんな造り手の想いが込められています

指輪の関連記事を読む

指輪の選び方

  1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. 指輪
  3. ICHI