着物で結納を行う際のおすすめ髪型・ヘアアレンジや服装マナー

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2019.04.02
着物で結納を行う際のおすすめ髪型・ヘアアレンジや服装マナー

結納は日本独自の儀式、着物姿で行うと素敵ですね。花嫁は振袖のラストチャンスですし記念になります。
一方、忘れがちなのが髪型。

そこで、着物で結納を行う時の髪型・ヘアアレンジや服装のマナーをご紹介します。


1.着物に適した髪型とは

結納の場は、両家の家族だけの場であるとはいえ、厳かな儀式の場であることをわきまえた格好が大切です。
礼儀として、身だしなみをきちんとして臨みましょう。

そして、フォーマルな場であるので、服装の格を両家でそろえることが大切です。

花嫁が振袖を着られる機会は結婚式まで、ということもあり、着物姿で結納に臨むケースも多いようです。

一方、忘れがちなのが髪型です。 結納の場では、親世代(特に相手側の親)に好感を持たれる髪型がよいでしょう。

結納に向いているヘアスタイルは、人気のヘアスタイルや、成人式の髪型とも異なります。
結婚式のように華やかなスタイルでもありません。

ポイントは「上品で清潔感のあるスタイル」であることです。

髪まとめて好感度アップ

結納では、お辞儀をする場面がたびたびあります。 食事会が行なわれることも多いでしょう。

肩よりも長い髪は、くずれないように、まとめるかアップに。 前髪は顔にかからないように、留めたり、編み込みをするなど、工夫をしましょう。

清楚でありながら華やかさも

結納では、内々の儀式ということもあり、華美でなく清楚であることが好まれますが、地味でないことが大切。 ある程度は華やかに装うほうが、場が華やいでよいものです。

美容室で着付けとセットでヘアメイクをお願いする場合は、結納であることを伝えると、相応の帯スタイル、ヘアスタイルに仕上げてくれます。

また、着物姿はアップできないと似合わないのでは?と思われがちですが、ショートスタイルでも、コサージュなどの髪飾りを使うと振袖にも似合います。

大ぶりな髪飾りは低い位置でまとめれば上品で清潔なイメージになりますし、ミディアムやボブでもうまくまとめられます。

なお、髪飾りは自分で用意して美容室でセットしてもらいます。
事前に希望の髪型とあわせて、髪飾りのことも美容室の方に相談しておくとよいでしょう。

もし自分でヘアスタイルを整える場合は、髪をまとめてシニヨン(おだんご)にするアップスタイルが、比較的セットがしやすいようです。


2.避けた方が良い髪型

結納でのポイントは、きちんとした清楚な髪型であることです。
お祝いの席なので、地味すぎては残念ですが、「派手」な印象をもたれないように配慮が必要です。

一般的に、

・毛先を巻きすぎない
・髪を盛り上げ過ぎない
・髪色は茶色すぎない
・顔に髪がかからない

ほうが、親世代の印象はよいようです。
成人式と違って、結納は身内だけでの集まりです。

流行を追ったおしゃれよりは、きちんと感にこだわったほうが印象アップになりますね。


3.服装・髪型の注意点

主役である花嫁の髪型はもちろんのこと、主役の花婿も「清潔感」のある髪型で臨みましょう。

さらには、結納の席に同席する親族の髪型にも配慮が必要です。
花嫁以外の親族のポイントは「控えめ」であることです。

特に、未婚の姉妹が結納の席に同席する場合、振袖を着て臨む場合、振袖は格式をあげるため、相手側のご家庭に「礼儀をつくす」ことではふさわしい着物ですが、

・華やかすぎない着物の柄
・華やかすぎない髪型
・華やかすぎない着付け(特に帯のスタイル)

が大切です。

花嫁が自分の姉妹である場合は、ふたりのバランスをよく考えましょう。

花嫁が相手側家族である場合、花嫁が着る振袖の色や柄をそれとなく聞き、場合によっては、少し相手よりも格を下げて、準礼装の色留袖や訪問着にする必要があるかもしれません。

ホテルや結婚式場などは、美容室が併設されている場合が多いでしょう。

結婚式でのことだけでなく、結納にふさわしい花嫁本人ならびに親族の着付けと髪型について、相談してみてもよいでしょう。

両家の服装の格

なお、結婚式と同様、結納も両家の服装の格をそろえることが大切です。
相手側と服装について、事前に確認をしておきましょう。

なお、 花嫁の振袖は「正礼装」 になるため、

◇花婿…紋付き袴、モーニング

◇両家母親…花嫁本人と格を合わせるか準礼装:黒留袖、色留袖あるいは訪問着(洋装も可)

◇両家父親…花婿本人と合わせるか準礼装:紋付き袴、モーニングあるいは準礼装

が、 本来両家の「格を合わせた」スタイル です。

花嫁が「準礼装」の訪問着、色留袖を着る場合は、まわりの親族も花嫁の服装の格と同等か、少し格下の服装にします。

なお、主役の花嫁、花婿以外の親族は、少し格下の服装でもよいのですが、主役のふたりの格は合わせるようにしましょう。

現在では、男性が結納で紋付き袴を着るケースは少なくなっていますが、もし結婚式が洋装だけ、などという場合は、結納は着物姿にすると、記念となってよいかもしれませんね。


<「結納」関連記事>

結納とは?顔合わせ食事会との違いや会場選び服装マナー

結納品や結納金など形式別の準備品から、服装マナーまで基本まとめ

結納や顔合わせ食事会の費用負担について

結納金や結納返しの相場、使い方などの疑問を体験談で解説!

結納返しとは?金額の相場、目録、記念品などマナー紹介

便利でおすすめ!結納パック・セットの上手な活用法

結納の目録や受書の書き方と準備するべき点<関東式・関西式>

【結納返し】関東式と関西式の違いや相場、記念品について


みんなのウェディング相談デスク

関連する記事