結婚式(挙式)を和装であげたい花嫁のための基礎知識

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2019.01.21
結婚式(挙式)を和装であげたい花嫁のための基礎知識

日本の伝統的な婚礼衣装である白無垢や色打掛(いろうちかけ)
特に白無垢は和式の挙式のみに許される衣装です。

和装での結婚式で気になるのが、マナーや慣れない衣装選びですよね。

そこで今回は、結婚式(挙式)を和装であげたい花嫁のための基礎知識 をご紹介します。

【目次】

  • 1.和装でおこなう結婚式について
  • 2.和装婚での花嫁の衣装について
  • 3.和装に合わせる髪形について
  • 4 .和装に合わせる小物について
  • 5.立ち居振る舞いやマナーについて
  • 6.着物はレンタル?買い取り?

1.和装でおこなう結婚式について

和装での結婚式としては、以下があげられます。

・神前式
・仏前式
・人前式

神前式と仏前式は宗教挙式であり、決まった所作をこなします。
一方、人前式は挙式スタイルも婚礼衣装も二人で自由に決めることができますが、「和婚」ブームの流れから人前式でも和装を選ぶ新郎新婦がいるようです。

神社挙式(神前式)とは

古くから伝えられてきたイメージがある「神前式」ですが、神社で結婚式が行なわれる現在の形式になった歴史は意外と浅く、実は100年ほど前からです。

神道をベースに、大正天皇の結婚式(当時は皇太子)を原型として、その後民間に広まっていきました。

神前式は必ずしも神社だけではなく、ホテルや結婚式場など神前式の結婚式を挙げられる場所が会場となります。

仏前式とは

仏前式は、一度結婚すると来世でも縁が結ばれるという仏教の教えに基づき、二人のめぐりあわせを仏様や祖先に感謝・報告し、来世までの結びつきを誓う儀式です。

仏教の宗派によって違いはあるものの、本尊の前で夫婦の誓いをかわし、念珠(記念の数珠)を受けて焼香し、三三九度の盃をかわすところは共通しています。

神前式と比べると少数派であるため、ホテルや専門式場では仏前式に対応してくれるところは少なく、両家のどちらかが属している寺院や先祖代々の菩提寺で行われることが多いようです。

参列者は数珠を持参します。

人前式とは

人前式(じんぜんしき・ひとまえしき)は、両親やその他の親族、親しい友人などの前で結婚を誓うスタイルの結婚式です。

神職や僧職の司式によって神仏に結婚を誓う教会や神前での結婚式スタイルとは異なり宗教とは無関係であるため、出席者の宗教的背景にかかわらず式をとり行えることと、ふたりの自由に挙式を考えることができるのが特徴といえるでしょう。


2.和装婚での花嫁の衣装について

では、和装の婚礼衣装にはどのようなものがあるのでしょうか。

白無垢について

和装の婚礼衣装のなかで、もっとも格の高いものが白無垢です。 白無垢は挙式のときだけに許される、邪気をはらい神聖な儀式に臨むための特別の衣装です。

打掛(一番上に掛ける着物)、掛け下(打掛の下に着る振袖)、その他の小物類もすべて「白」で統一されています。

色打掛について

打ち掛けは室町時代以降の武家女性の礼装とされていました。 打ち掛けとは小袖の上からもう一枚同形の衣をかけたスタイルを意味します。

結婚式では挙式に白無垢、披露宴に色打掛を羽織るのが一般的ですが、色打掛も白無垢と同格の婚礼式服であるため、神前式結婚式にも着用できます。

引き振袖について

花嫁ならではの引き振袖(お引き摺り:振袖の裾を引いた振袖のこと)が人気です。

元々は、江戸時代の武家の婚礼衣装として用いられていた正式な和装スタイルです。

原則として、挙式に着られる振袖は一般的な振袖ではなく、黒地の引き振袖(黒引き)のみですが、現在は白地など黒以外の引き振袖を着る花嫁もいるようです。

中振袖について

通常、成人式で着る振袖が「中振袖」になります。 婚礼用には引き摺る長い裾が必要ですが、中振袖にはその長さがありません。

また、婚礼用の引き振袖では裾に綿が入っており重厚感がありますが、中振袖は「ぺったんこ」になっています。

婚礼用の「お引き摺り」として着用するには、中振り袖のお端折りを作らず伸ばしたまま着用するか、あるいは、綿を入れたり着丈を伸ばすなどの「お直し」が必要です。

また、挙式では、角隠しをつける必要がありますが、中振袖に文金高島田のかつらをつけると、着物に重厚感が少ないために少々バランスの悪い印象になってしまうかもしれません。

和装婚礼衣装の帽子

神前式や仏前式での挙式は魔除けの意味もあり、白無垢ならば綿帽子、それ以外は角隠しを必ずつけることが慣わしとなっています。

最近では、黒引きを着て、洋髪のヘアスタイルのコーディネートが増えていますが、神前式を行うならば角隠しを合わせるようするのが伝統的な習わしです。

綿帽子とは

文金高島田の上から被る、白い布の袋状の帽子です。 挙式のとき、しかも白無垢にしか合わせられません。丸いシルエットで愛らしい印象になります。

一方、本来綿帽子は白無垢のみに合わせるものでしたが、最近では色打掛を挙式に着る花嫁も増えてきたことを受け、色打掛用の綿帽子もあります。

角隠しとは

文金高島田の髪にかける白い布のことです。 白無垢をはじめ、色打掛や振袖(黒引き)にも合わせられる帽子です。

江戸時代、良家の女性たちが髪に挿したかんざしの端を隠すために着けたのが始まりといわれています。 明治時代の頃から花嫁の習わしとなりました。

「綿帽子」も「角隠し」も挙式のときのみかぶるものです。 このまま披露宴に臨む場合は、綿帽子や角隠しをはずします。 これは洋装のベールアップと同じ意味で、婚儀が成立したという象徴です。


3.和装に合わせる髪形について

「島田髷(まげ)」は江戸時代に流行した未婚女性の髪型です。 そこから派生して、武家の娘の間では髷の位置が高い髪型である「高島田」が定着しました。

さらに髷の位置が高く華やかなものが「文金高島田」として和装の婚礼髪型として伝わっています。

「文金高島田」の由来には、徳川八代将軍吉宗の時代に貨幣を「文金」と呼び縁起がよい、といういわれがあります。

もっとも、今ではこの髪型を地毛で結い上げることは大変なので、かつらをかぶるのが一般的です。


4 .和装に合わせる小物について

白無垢に合わせる小物

白無垢を着る際の小物類は白で統一するのが基本です。

中には白地に金や銀の刺繍で柄を織り出したものや、袖口や襟の縁等に赤・ピンクの生地をアクセントに入れた華やかな白無垢や小物もみられます。

色打掛に合わせる小物

華やかな色合いの刺繍が施された小物を合わせることができます。

引き振袖に合わせる小物

目を引く色や凝った刺繍、染め柄など、華やかな色合わせでのコーディネートも楽しめます。

懐剣(かいけん)

帯にさす短剣のことです。
かつて武家に生まれた女性が、「自分で自分の身を守る」ために護身用に短刀を所持していたことから、今日でも用いられています。

帯締め(おびじめ)

金銀を織り込んだ「丸帯」の上から、帯を固定するために用います。 婚礼では「丸ぐけ」(綿が布のなかに包まれたもの)を使用します。

末広(すえひろ)

扇子のことです。
先に向かって次第に広がっていく形から、将来にわたる結婚生活が末広がりに幸福と繁栄に恵まれるようにとの願いが込められた縁起ものです。

草履(ぞうり)

婚礼用のもので、どの衣裳にも合わせられる白の他、金や銀・赤等、衣裳に合わせて選びます。

白無垢には必ず白の草履を合わせますが、引き振袖には色柄の草履を合わせるのがトレンドのようです。

草履のかかとの高さは2~12㎝と幅があり、新郎新婦の身長差に合わせて調節します。

高さのあるほうが華やかになりますが、歩きやすいかどうか、実際に試着して必ず確認しておきましょう。

箱迫(はこせこ)

胸元の合わせに差し込まれる房と刺繍のついた箱状の装飾品。 江戸時代は武家の未婚の娘の実用品で成人女性の印でもありました。

本来はくしや鏡など小物を入れるものですが、打掛等では華やかな刺繍が施され、装飾的な意味合いが強くなっています。

箱迫(はこせこ)の代わりに、懐紙入れとして使われていた紙ばさみ(紙入れ)を用いることもあります。

抱え帯

帯の下の位置に結ぶ細い帯のこと。
婚礼のお引き摺りの裾の長さを調節するために用いられます。

江戸時代、上流階級の女性は家の中では長い裾を引きながら歩きましたが、外出の際は裾を紐で抱えて上げて歩いていました。

その紐をいつしか抱え帯と呼ぶようになり、花嫁衣裳の必需品になりました。 帯に合わせて色柄を選びます。

髪飾り(かんざし・こうがい)

日本髪を飾り立てる時に使用する。さまざまな素材や色・柄があり、そこに施された細工にも手が込んでいます。

挙式と披露宴では替えることが多く、挙式では気品のあるシルバーやべっこうを、披露宴では華やかにゴールドや真珠製が用いられるようです。


5.立ち居振る舞いやマナーについて

歩きにくいけれど下を向かない

普段着物を着慣れていない場合は、着物の重さに加えて歩きにくさがあります。

つい足下が気になるうえに、かつらをつけた頭も重いためにうつむいて歩きがち。 けれども、遠くに視線を向けるように心がけると美しく見えます。

事前に着て動作の練習をする

着物を着るのは成人式以来という花嫁も多いでしょう。 しかも花嫁衣装は成人式の振袖と違って、すべてが大ぶりで重さがあります。

挙式での所作では袖が重すぎて腕を思うように動かせないことがあるようです。 いつもの動きはできないことを想定しておきましょう。

できれば、事前に和装での動きを確認しておくのがおすすめです。

すそが汚れないように歩く

和装の婚礼衣装は裾が長いものです。 特に神社での挙式では入場の際に境内を歩くことがあります。

その際、お端折を持って歩くのが基本です。
ずるずる引き摺ってしまって、せっかくの衣装を汚したりしないようにしましょう。

6.着物はレンタル?買い取り?

・レンタルのメリット:場所をとらない。洗濯して返せばよい。

・レンタルのデメリット:汚さないように気を付けなくてはならない。汚したり破いたりした際には弁償の必要がある。

・買い取りのメリット:自分の一生の思い出になる。気兼ねなく着ることができる。

・買い取りのデメリット:保管場所の確保や保管方法が難しい。

婚礼衣装は試着とあわせても数回袖を通すかどうか。
これは和装にも洋装にもいえることですが、買い取りすれば、自分のものとして一生の記念にできる反面、保管場所や保管方法にも気を遣わなければなりません。

一方、近く挙式を予定している身内や親しい人がいる場合、自前の衣装を相手に貸すことは「幸せのおすそわけ」の意味合いもあり、とても縁起のよいつながりとなります。

レンタルにも買い取りにもメリットとデメリットの両面があるので、よく検討するようにしましょう。

みんなのウェディング相談デスク

関連する記事