結婚式の費用を抑えるコツ! 交渉するポイントとタイミング

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2019.02.03
結婚式の費用を抑えるコツ! 交渉するポイントとタイミング

結婚式の費用は、できるだけ抑えられるところは抑えたいですよね。
結婚式場の費用は、『交渉』ができるって知っていましたか?

先輩カップル達から、「結婚式の費用で後悔した!」なんて声をよく聞きます。

他の式場を見る前に最初に見学した会場が安かったから即決してしまった・・・。
見積もりの見方がわからず最初の見積もりより最終金額が上がってしまった・・・。
交渉ができることやその方法を知らなかった、などなど。。。

今回は、そんな後悔をしないよう『費用の交渉』について、先輩たちの本音の口コミをもとにポイントを紹介していきます。


今回のポイント

・費用や持ち込みなど交渉(相談)ができる!
・契約前までが交渉のチャンス!
・交渉する際の武器は他社の見積もりをもっていくこと!
・交渉の際に無理は禁物!今後の会場スタッフとの関係性も配慮しよう

それでは、先輩たちの本音の口コミを見ていきましょう。

1.交渉すればよかった・・・

本音の口コミ
「今思えば色々と交渉すればよかった」
■下見の段階で、色々を見越しても『安い!』と感じて決めたのですが、実際後から聞くと、高い部類に入っていたようです。
値引き交渉もなにもせずに契約してしまったので、今思えば色々と交渉すればよかったな、と。(女性:挙式日:2014年03月)

本音の口コミ
「納得してから契約した方が後悔が無い」
■結果、特に安くすませられなかった、が感想です。これは完全に自分達の準備不足でした。
下見の労力をけちった・経験者の友人へのリサーチ不足を痛感しました。
体調的に余裕がなく、また、言いにくくて言い出せず交渉もできなかったので、値引きなども特になし。
リーズナブルに済ませたく、基本的な見積もりを出してもらい、安い!と思い三件目で即決。
しかし、ふたを開けてみると実際は、普通。むしろ少な目の人数でこの値段は高いと友人談。
最終見積もりまでいってしまってから安くないときづきましたが時すでに遅し。
何件かの式場の見積もりをとり、契約前に各式場に交渉してふるいにかけるべきでした…
各種グレードアップをしないなら本当にやすいです。
リーズナブルに済ませたいとお思いの方たちは、なんとなくで契約せず、まずはドレスをみて値段を確認したり、料理の料金表、各演出にかかる料金など出来る限りこまかく希望をリストアップし、明示してもらって、納得してから契約した方が後悔がないと思います。(女性:挙式日:2013年05月)

本音の口コミ
「後で額が上がってしまった!」
■値段交渉をもっとしてもよかったかなと思う。最初の見積もりに花が入ってなかったので、その分かなり額が上がってしまった感があった。(女性:挙式日:2014年04月)

先輩カップルたちの体験からもみるように、そもそも交渉はできるのです!

上記の本音の口コミでは、値引交渉をしなかったり、言い出せなかったり、今思えば・・・と、先輩たちも後悔しているようですね。

一方で、実際に交渉できたカップル達はこう言っています。

目次に戻る

2.費用を大幅に抑えられた!

本音の口コミ
「交渉の結果、費用を抑えられることに成功」
■最初の見積もりの段階ではかなり高かったですが、交渉の結果、担当の方がこちら側の要望を聞いてくださり、費用を大幅に抑えられました。(女性:挙式日:2014年01月)

本音の口コミ
「最終見積もりが出るまでディスカウント交渉」
■仮契約前から最終見積もりに到るまで必要なときはディスカウント交渉もさせていただきましたし、お得な情報やキャンペーンについては式場側から教えてもらえました。(男性:挙式日:2014年02月)

最初の見積もりよりも交渉次第では安くできることもしばしば。
交渉していたカップルは費用の削減に成功しているようです。

そんな『交渉』でも交渉するタイミングは大切なようです。

目次に戻る

3.交渉するタイミングは契約する前に!

本音の口コミ
「契約前に交渉を!」
■成約前の値引き交渉はきちんとするのもお勧めします。
僕たちですと、セットになった分の割引と7月なのでオフシーズン特典、他に、値切っておよそ10万円割り引いてもらい、全部で50万円程安くなったかと思います。(男性:訪問日:2010年01月)

本音の口コミ
「他の式場との比較をする!」
■値段交渉は契約前でないと一切受け付けてくれません。
他の式場に行かれて、相場を調べてから、当会場へ来られることを強くオススメします。(女性:訪問日:2012年11月)

本音の口コミ
「契約前にもっと情報収集すべきだった」
■いくらか割引があった。他の会場と見積もりは同じか少し高いくらい。
他の方の明細を見ると、交渉すればもっと割引できたのかなと思う。料理ランクアップや引出物など。契約前にもっと情報収集すべきだった。(女性:訪問日:2014年04月)

本音の口コミ
「持ち込み料の交渉も契約前がオススメ!」
■ドレスにこだわりたい方は成約時に交渉しておいたほうがいいと思います。
例:他店からのレンタル品の持ち込み交渉、購入品は無料で持込したいなど 。(女性:挙式日:2012年10月)

このように、交渉は式場決定の「契約前にすること」が鉄則のようです。

また、交渉する際は、同じ内容で他式場に見積もってもらった見積もりを引き合いに出すと具体的な金額が出ている分、交渉はしやすいでしょう。

契約前だと、式場は自社で契約をして欲しい分、検討してくれるかもしれません。

こういった情報やコツを知っているだけでも、納得のいく結婚式場選びができるでしょう。

交渉や相談の方法について、もっと詳しく聞きたい方は、身近の先輩カップル達や結婚式のプロアドバイザーに相談してみてもよいでしょう。

気軽にサクッと相談したい方

ぜひこの機会にご活用くださいね!
後悔のない賢い結婚式選びを!


目次に戻る

関連記事はこちら♡

みんなのウェディング相談デスク

関連する記事