1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. 結婚式(式場)探しの無料相談
  3. 結婚式場の決定ポイント・注意点
  4. 結婚式場選びや決め方、決め手となるポイント最新事情

結婚式場選びや決め方、決め手となるポイント最新事情

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2019.09.03
結婚式場選びや決め方、決め手となるポイント最新事情

結婚が決まったら、いよいよ挙式や披露宴の結婚式場選び。挙式スタイルはもとより、ロケーションなど様々なポイントがあります。
先輩花嫁たちから聞いた結婚式場選びや決め方、決め手となったポイントのの最新事情をご紹介します。

結婚が決まったら、いよいよ挙式や披露宴の結婚式場選びですね。ホテルやレストランウェディングなど、スタイルはさまざま。二次会を予定する場合にはロケーションも大切です。ぜひ実際にブライダルフェアなど式場に足を運んでみましょう。

そこで今回は、アンケートデータから見る、先輩花嫁たちの結婚式場選び最新事情をご紹介します。

1.結婚式場のリサーチ事情

インターネットや雑誌では、いろいろな結婚式場が紹介されていますよね。ブライダルフェアに行っても、どの式場もステキに見えてしまいそう。いったい何を決め手にすればよいのかわからないですよね。

「みんなのウェディング」にて、すでに結婚式・披露宴を済ませた先輩花嫁花婿たちにアンケート調査を行ったところ、結婚式場選びの傾向が見えてきました。

アンケート内容は次の3つの質問について。

1)結婚式場を決定するとき、もっとも重視したポイントは何ですか
2)結婚式場の下見は何件訪問しましたか
3)あなたの【挙式会場】のスタイルを教えてください

では、先輩花嫁花婿たちがどのような基準で結婚式場をリサーチし選んだのか、ご紹介しましょう。

結婚式場決定でもっとも重視することは?

式場を決める際にもっとも大切なことは、ふたりがどのような結婚式と披露宴にしたいのか、明確にしておくことです。

ブライダルフェアに足を運ぶことも大切ですが、ただ漠然と参加するだけでは、いつまでたってもピンとこない、ということにもなりかねません。

質問:結婚式場を決定するとき、もっとも重視したポイントは何ですか

重視したポイント

第1位 会場の雰囲気 34.7%

第2位 ロケーション(景色・交通の便) 18.1%

第3位 コストパフォーマンス 15.2%

第4位 料理 13.8%

第5位 スタッフの対応 13.1%

第6位 会場設備 3.0%

第7位 その他 2.1%

ここで第1位から3位までの

・会場の雰囲気や規模
・ロケーション
・コストパフォーマンス(費用)

などは、結婚式や披露宴の方向性を大きく左右する要素といえるでしょう。

たとえば、式場によっては、少人数に不向きだったり、二人が希望する挙式スタイルが難しいということがあります。クラシックな雰囲気がよいか、開放的な構造の式場がよいのかによっても、演出構成が変わるかもしれません。

そういう意味で「会場の雰囲気や規模」を先輩花嫁花婿たちが最も重視したということは納得です。 また、ゲストの構成によっては、駅からのアクセスが最優先されるケースがあります。

ふたりの用意できる費用と、希望の結婚式や披露宴と、内容とのバランスも考えなければなりません。挙式についても、キリスト教式か人前式かなども決めておく必要があります。

どの式場がよいのか、まずはふたりでしっかり話し合って、希望のイメージをまとめていきましょう。

体験談
「式場の収容人数やスタッフが決め手に」
■数点会場の視察に行きましたが、神前式場はどれも独特のスタイルがあり選ぶのは大変でした。私達の場合は、式場の収容人数が多いこと、式場の人たちの熱意を感じ、その式場を選びました。(20代後半女性)

体験談
「アットホームな雰囲気重視で」
■アットホームで広すぎない会場を探しました。レストランウェディングがしたかったので、少しでもレストランの雰囲気が出せるよう、天井が低くて窓があって自然光が入る会場を選びました。(30代前半女性)

体験談
「アクセス重視で」
■招待客がアクセスしやすい立地であること。結婚式のプランがあるところ。(受入れ態勢が調っている)撮影もできる雰囲気のあるところ。(30代前半女性)

結婚式場の下見の件数は?

多くの式場ではブライダルフェアや相談会、模擬結婚式・披露宴が開催されています。実際に足を運んで式場を見学することが一番!とはいうものの、いったいどれくらいの数の下見をすれば「これ!」という式場に出会えるものなのでしょうか。

質問:結婚式場の下見は何件訪問しましたか?

graph1

1位  2件 23.2%

2位  3件 19.8%

3位  6件以上 17.7%

4位  1件 13.1%

5位  4件 12.4%

6位  5件 11.7%

7位  0件 2.1%

このアンケート調査の結果、結婚式場の平均下見件数は3.6件であることがわかりました。

あらかじめ二人のイメージを決めつつブライダルフェアなどに参加するとしても、多くのカップルが複数見学して比較検討していることがわかります。

ただし、検討の仕方は、1位の「2件」を含め、全体の約4割(38.4%)が2件までの「絞り込んで見学する派」と、3位の「6件以上」など、全体の約4割(41.8%)が4件以上の「多数見比べたい派」の2つの傾向があるようです。

【挙式会場】を選ぶ

雰囲気やロケーション、費用などの面から結婚式場を絞り込んでいくのと同時に、その挙式会場のスタイルがどういうものであるか、も重要な要素です。

質問:あなたの【挙式会場】のスタイルを教えてください

スタイル

第1位 ホテル 30.6%

第2位 専門式場 28.7%

第3位 ゲストハウス 18.1%

第4位 教会 7.5%

第5位 レストラン 6.1%

第6位 神社 5.7%

第7位 その他 3.2%

挙式会場のスタイル第1位は、設備が充実、宿泊施設も整っているオールマイティな「ホテル」。

2位は結婚式に特化したサービスが充実している「専門式場」、追って3位はセレブな雰囲気を存分に味わえる「ゲストハウス」となりました。

挙式と披露宴、両方を実施した方のうち、約9割のカップルが挙式と披露宴の会場は同じでした。 このトップ3は挙式と披露宴を両方実施できる結婚式場、という観点からも選ばれていることがわかりますね。

また、複数式場を回る際は、相談デスクで予約を手配すると、1日の中で効率よく回れるようにコーディネートしてくれるので、活用してもよいでしょう。
気になる式場のフェア予約をまとめて予約を取ってくれるので、自分たちで1件1件式場へ連絡し、調整しなくてもいいので手間が省けます。
 → 相談デスクへ式場予約を相談してみる♪

目次に戻る

2.式場選びの準備

多くのブライダルフェアは予約制。特に、料理の試食会や花嫁衣裳の試着会は予約が必須です。 もちろん、当日でも見学可能な会場もありますが、しっかり準備して式場を見学したほうが、効率がよいでしょう。

ふたりの結婚式費用の上限を決めておく

ブライダルフェアはとても豪華で素敵で、「私たちの結婚式・披露宴もこんな風になるなんて!」と感激してしまいがち。 でもちょっと待ってくださいね。

ブライダルフェアなどは、ウェディング式場が総力を結集したプレゼンの場。最上級ランクで設定されていることがほとんどです。実際、まず試に出される見積もりは「最低ランク」と心しておいたほうがよいでしょう。

室内装飾、ドレス、料理…加えていくと、びっくりする金額になってしまうことがほとんどです。 あとになってから「こんなにかかるなんて…」と後悔しないためにも、最初にふたりが可能な費用の上限を決めてしまっておきましょう。

そこから出される見積もりで、現実的な線はどのあたりか、予算を増やすことは可能なのか、あるいはもっとお手頃価格で行える会場を探すのか、検討することがよいですね。

当日の持ち物

楽しいブライダルフェアの場は、ついワクワクして浮き足立ってしまいがちですが、そこは「きちんとリサーチする」というスタンスで臨みましょう。

そのためには、持ち物も大切。多くの先輩花嫁花婿が「役に立った!」という持ち物は、次のとおりです。

【デジタルカメラ】

料理の見た目、ドレスの様子、会場の室内装飾など、デジタルカメラに収めておけば、比較検討が容易です。

ただし、会場によっては撮影禁止区域があります。必ず撮影の際には、会場スタッフに確認した上で行うようにしましょう。

【筆記用具】

ちょっとしたことをメモしたり、会場スタッフの話をまとめるには筆記用具は必須です。

【大きめのバッグ】

ブライダルフェアなどでは、意外と資料が多くなるものです。できればA4判が入るくらいの大きめバッグを持参しましょう。

チェックすべき点

実際にブライダルフェアに参加することで、

・演出のイメージが具体的になる
・テーブルコーディネイトのイメージが固まる

というメリットや、

・自分たちの理想のイメージと実際の式場のイメージとの差
・自分たちの予算と現実に可能な範囲との差

など、シビアな面も見えてきます。 それをトータルで判断するためのブライダルフェアです。ぜひしっかりと観察して、後悔のない式場選びに役立てるようにしましょう。

体験談
「試食会で味や盛りつけを確認できた」
■模擬挙式も模擬披露宴も、ドレスの試着も試食会もどれも参考になったが、特に料理に関しては実際に食べて味や盛りつけなどを確かめることができてよかった。(30代後半女性)

体験談
「スタッフの雰囲気をチェック」
■どのような人がどのような雰囲気で食事を運んできてくれるか、またその食事がおいしいか?どのようなお酒があるかも確認できました。(30代前半女性)

体験談
「費用をおさえたくてスタッフに相談した」
■よぶ人数を少なめで費用も抑えたかったし、何から進めていけばいいかわからなかったのでスタッフさんが優しくいろいろ教えてくれてここのスタッフさんとなら楽しい結婚式があげれそうだと感じたから。(30代前半女性)

体験談
「試食会に参加したことで決めかけた会場をやめた」
■一度決めかかった会場で、2回目の下見時(試食に来てくださいとの事で)に試食させて頂くと、温かい料理だったはずがとても冷たくかたかったので、それ以後は必ずお金出してでも試食会に参加していました。(30代前半女性)

目次に戻る

3.まとめ

先輩花嫁花婿から「かなり会場内を歩いた」という経験談が寄せられています。 歩きやすい靴も必須かもしれません。 服装は、きちんと感のあるものであればOK。

初めて足を運ぶ前は、ワクワク感と同じくらい、「どうやって式場を決めればよいのだろう」と不安な気持ちもあるかもしれません。

けれども、百聞は一見にしかず。ぜひ、当日は会場を隅から隅までしっかり見て、自分たちが納得いくまでスタッフにいろいろ聞いてしまいましょう。

素敵な結婚式場にめぐりあえますように!


《関連記事》

結婚式事情「みんなのウェディング白書2015」はこちら

みんなのウェディング相談デスク

関連する記事