結婚式から何日? 新婚旅行へ向かう理想のタイミング

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2016.08.09
結婚式から何日? 新婚旅行へ向かう理想のタイミング

かつて新婚旅行は結婚式直後に行くカップルが大多数でしたが、今はいろいろな時期が選ばれています。

結婚式間近に、ハネムーンの準備をするのは大変ですし、準備の負担を減らすために国内を旅行先に選ぶカップルもいます。

【目次】

  • 1.新婚旅行の時期
  • 2.気を付けたい点

1.新婚旅行の時期

このごろの傾向として、新婚旅行は必ずしも挙式直後とは限りません。

仕事の都合や、海外のベストシーズンにあわせて、あるいは授かり婚などのために、時期をずらして新婚旅行にでかけるカップルが増えています。

「みんなのウェディング」では、新婚旅行に行った先輩カップルたちに、その時期についてアンケート調査を行なったところ、次のような結果となりました。

質問:新婚旅行はいつごろ行きましたか?

第1位 挙式後1週間未満 30.1%

第2位 挙式後1ヶ月~3ヶ月未満 21.1%

第3位 挙式後1週間~1ヶ月未満 15.8%

第4位 挙式後3ヶ月~半年未満 12.6%

第5位 挙式後半年~1年未満 9.1%

第6位 挙式前 8.7%

第7位 挙式後1年以上 2.6%

挙式後に新婚旅行に行ったカップルが3割いる一方で、挙式後少し間をあけてから新婚旅行に出かけているカップルも多いことがわかります。

そして、挙式前に出かけているカップルが1割弱いることも注目です。 これは、会社の規定によって、休暇の時期が左右される、という事情によるようです。

新婚旅行の日程の確保

新婚旅行を計画する場合は、まず日程の確保をすることが最も大切です。

たいていの職場では、結婚にともなう休暇を認められているものですが、その規定について、会社側によく確認したうえで、新婚旅行の日程を組みましょう。

というのは、その休暇の基準が「入籍日」なのか「挙式日」なのかによっては、新婚旅行に行ける時期が変わるからです。

もし、先に入籍をすませてから挙式を行なうカップルの場合、会社の規定が「挙式日」を基準にした休暇ならば、挙式直後に新婚旅行に行く計画をたてることができますが、「入籍日」を基準にした休暇ならば、挙式前に新婚旅行を計画することもあるでしょう。

また、職場によっては「どうしてもこの時期は休めない」場合があるものです。

結婚式の予定はもちろんのころ、新婚旅行に行く場合、その希望の時期について、予定の数ヶ月前までには、会社の上司に打診や相談をするなど、確認を怠らないことをおすすめします。

新婚旅行の行き先

海外旅行には、まとまった日数が必要になるものですが、休暇の日数によっては、新婚旅行先が変わってきます。

長く休暇がとれる場合にはヨーロッパ、短い場合には比較的飛行時間の短いグアム、あるいは国内旅行となるでしょう。

また、休暇が取れる時期によって、ベストシーズンをむかえる旅行先が変わります。 いずれにしても、早めの計画が肝心。

人気のスポットは、すぐに飛行機が満席になるものですから、日程の見通しがたった時点で、すぐに予約をするようにしましょう。

2.気を付けたい点

結婚式準備との兼ね合い

新婚旅行の準備にあたって、もっとも気をつけないといけないことは、結婚式準備との兼ね合いです。

結婚式準備が本格的になるのが、挙式3ヶ月前。 そして挙式1ヶ月前には多忙を極める日程をこなしていかなくてはなりません。

新婚旅行を挙式後に計画しているカップルは、この挙式準備が超多忙になる時期に並行し新婚旅行の準備をすすめる可能性が高くなります。

また、忙しくなればなるほど、確認事項に漏れが生じやすいものです。 少しでも準備の負担を少なくするためには結婚式準備のピークと新婚旅行の準備が重ならないように、早めの準備をおすすめします。

新婚旅行にいくかどうかを早めに決める

どうも休暇が取れないと思っていたところ、突然休暇がとれそう!となって、急ぎ新婚旅行を計画するカップルもいるでしょう。

ところが、直前では、どこも飛行機は満席、などということになりがちです。

もし、結婚式直後の長期休暇が難しい場合は数日の国内旅行、そして時期を先に延ばしてゆっくり旅行を計画する、という考え方もあります。

いろいろな方法があるので、ふたりにあった時期と旅行先を決めるように、よく話し合ってみてくださいね。

関連する記事