結婚式の友人代表スピーチ、祝辞の文例や禁句、挨拶のマナーまで

みんなのウェディング編集部 Goma
最終更新日 2018.12.27
結婚式の友人代表スピーチ、祝辞の文例や禁句、挨拶のマナーまで

結婚式で友人代表のスピーチを依頼されたら、新郎新婦のお祝いのためにも気持ちを込めて挨拶したいもの。
感動的にもしたいし、笑いもとりたいと、つい欲張ってしまいますよね。

今回は、友人スピーチのマナーや成功のポイント、文例などをご紹介します。

友人スピーチの基本的なポイント

結婚式スピーチの文章構成

  • 招待のお礼と祝辞
    (例)「〇〇さん、△△さん、本日はご結婚おめでとうございます。」
     ※この時に、起立している新郎新婦に「どうぞ、おかけください。」と声をかけてあげてください。
  • 自己紹介
    (例)「ただいまご紹介に預かりました、私〇〇申します。私は新婦と中・高と同じ学校で…(続く)」
  • 新郎新婦とのエピソード
    (例)「新婦△△さんは、いつもクラスのムードメーカーで、人気者でした。体育祭の時も、率先してリーダーを務めてくれたりと、とても頼もしい存在でした!…(続く)」
  • 新郎新婦への激励
    (例)「これから大変なことも、嬉しいこともたくさんあると思いますが、どんな時でも幸せな家庭を築いていってください。 おふたりの幸せを心から祈っております。」
  • 締めの言葉
    (例)「本日は誠におめでとうございました。ありがとうございました。」

時間と原稿用紙の目安

基本的には約3~4分程度に、すっきりと収めましょう。
400文字詰め原稿用紙だと、だいたい2~3枚程度が目安となります。


目次に戻る

スピーチ成功のポイント

基本的な点を抑えたら、後は当日「大成功」に収めるために、さらに良くするためのポイントを抑えましょう!
以下のことを当日までに準備するようにしてください。

  • 原稿用紙を作成する。
  • 時間内に収まるよう、話し方と原稿内容を調節する。
  • 当日緊張が和らぐよう、人前で練習する。
  • 原稿内容に合わせて、喋り方を工夫する。
  • 服装を考える。

ただ、原稿を読み上げるでは気持ちは伝わりませんよね。
入念な準備あってこその大成功!
また、服装は当日全員の前に立つことも踏まえて、ふさわしいものを選ぶようにしましょう。


目次に戻る

使ってはいけない言葉

晴れの舞台での挨拶で、結婚式を台無しにするなんてことがあったら大変! マナーをしっかり理解して、最高の挨拶にしましょう。

「忌み言葉、重ね言葉は避ける」

主に、忌み言葉・重ね言葉とは、

  • 別れを連想させる言葉(例:別れる、切る、切れる、離れる)
  • 不幸・不吉な言葉(例:敗れる、悲しむ、嫌う、九、四)
  • 繰り返す重ね言葉(例:繰り返す・繰り返し・再び)

のことを指します。

これらは、お祝いの席での常識として、縁起が悪いといわれ絶対に使ってはいけません
忌み言葉のなかには日常会話でよく使う言葉も多くあるので、気をつけなければ意外と無意識のうちに話してしまうことが多い言葉です。

暴露話や過去の恋愛についての話は避ける

いくら新郎新婦本人に承諾をとって話す内容でも、暴露話は気持ちのよいものではありません。
また、もう時効だろうから、と過去の恋愛話をするのもNGです。
ひょっとすると、過去の恋愛に関わるゲストが出席しているかもしれません。
新郎新婦のことでなくても、誰かを傷つける可能性のある内容は避けましょう
(例)昔新婦は◯◯くんと付き合っていたなんて頃もありましたが、新郎と出会えて本当に良かったね!

砕けすぎた内容や話し方にはしない

結婚式はさまざまなゲストが出席しています。
新郎新婦への親しみを込めたスピーチつもりでも、くだけた内容(下ネタなど)・話し方は会場の他のゲストに「場をわきまえない非常識なスピーカー」という印象を与えてしまいます
どの世代のゲストでも安心して聞くことができる内容・話し方を心がけましょう。
(例)新婦は高校の時ギャルで、あの時の写真を見返したら、ほんとにマジでありえないと思ったよねー

自慢話はしない

結婚式は新郎新婦が主役です。
友人の結婚式であるにもかかわらず、自分の仕事や実績を話す人をときどき見かけますが、これもNG。
あくまでも新郎新婦の話題を中心に、スピーチの内容を組み立てましょう。
(例)私がグランプリを取った時新婦はたくさんお祝いしてくれました。本当にあのグランプリを取るのは大変でした。


目次に戻る

スピーチをする際のマナー

1. 司会者に名前を呼ばれたら

「次に、新郎の高校時代からの友人である◯◯様よりご祝辞を頂戴いたします」などと、司会者があなたのことを紹介したら、着席したまま軽く一礼しましょう。
これは、同席している円卓のゲストに対しての一礼です。
そのとき、照れ隠しであっても、まわりの友人と目を見合わせて笑ったり、クスクス笑うのは見苦しいので、気を付けましょう。

2. 起立して一礼

次に、その場で起立して出席者全員に対して一礼をします。
ゆっくりと、落ち着いて礼をしましょう。
そして、マイクの置かれている場所まで歩み出ましょう。

3. マイクの前に立って一礼

新郎新婦にゆっくり丁寧に一礼しましょう。
そして出席者全員にもう一礼です。
スピーチ中の祝辞の時も新郎新婦に対して 「△△さん、◎◎さんおめでとうございます」で一礼、ご両親に祝辞で 一礼します。

4. スピーチ終了後に一礼

出席者全員に向かってゆっくり一礼
新郎新婦にあらためて一礼します。

5. 着席前に一礼

同じテーブルの方に対して一礼します。


目次に戻る

友人代表のスピーチ文例集

学生時代の友人向けに向けたスピーチ

  • 例1

ただいまご紹介に預かりました◯◯と申します。
△△くん、◎◎さんご結婚おめでとうございます。
並びに、ご両家のご親族の皆様誠におめでとうございます。

新郎の△△くんとは、高校のときからの付き合いで、15年ほどになります。
私たちが仲良くなったきっかけは忘れてしまいましたが、気づいたら意気投合していました。

結婚式という場は、新郎新婦を誉め上げるものだ、と聞いておりますので、私も慣例に従い、私から見た△△くんの素晴らしい点をお伝えしたいと思います。

一つ目は「人知れず努力をする」ということです。
△△くんは本当に文武両道の人間でして、大学受験の時期も就職活動の時期も、勉強や企業巡りも精力的にこなしながら、遊びもバイトもしていました。

実は、私も遊びとバイトで△△くんとご一緒していたのでよくわかるのですが、必死になってやっている、という印象がまったくなく、結果として大学も就職先も、難関であるにも関わらず○○くんの希望通りに決められたときは、びっくりしました。
おそらく、人知れず、努力を積み重ねられた結果だと思います。

二つ目は「とても謙虚である」ということです。
大学合格したときも、就職が決まったときも、大きなリアクションはまったくありませんでした。
浮かれても仕方がないくらいなのに、そういうところが○○くんにはありません。
とても謙虚な男です。

ところが、そんな△△くんが興奮して話してくれたことがあります。
それが◎◎さんのことを教えてくれたときです。
今までに見たことのない、嬉しそうな表情で、どんなに◎◎さんが素晴らしく、可愛くて、気が利く女性であるか、という話をたくさん聞かされました。

△△くんがそこまで言う◎◎さんとは、どのような人なのだろうか、と、とても気になっていましたが、お会いしてみて、なるほど、と納得です。
そして、本当にぴったりのおふたりだと思います。

さて、ぜひ新郎新婦のおふたりにお伝えしたいのですが、今日ここに出席している高校時代のメンバーは私も含めみんな独身です。
△△くん、僕たち独身貴族に悔しい!結婚したい!と思わせるような、楽しくあたたかな家庭を築いてください。

本日はおめでとうございます。
みなさまご静聴ありがとうございました。

  • 例2

ただいま司会の方からご紹介いただきました、新婦◎◎さんの友人の◯◯と申します。
◎◎さん、△△さん、またご両家ご親族のみなさま、本日は誠におめでとうございます。
友人といたしまして、お祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います。

◎◎さんとは、小学校も同じでしたがクラスが違ったため、親しくお付き合いをさせていただくようになったのは、中学校で同じクラスになってからのことです。

他の小学校から新しくできた友達が多いなか、同じ小学校出身者で通学路が同じだったことと、同じアイドルグループが好きだったこともあって意気投合し、◎◎さんとはすぐに打ち解けることができました。

でも、私が意地っ張りになってしまった時期がありました。
それは、本当に私の勝手な事情なのですが、運動系のクラブ活動での先輩後輩の上下関係がうまくいかず、とても辛い時期があったからです。

そのときは、誰も私のことをわかってくれないのだとひとりで思い込み、本当に誰とも話したくなく、あんなに仲がよかった◎◎さんとも、自分から話さないようにしていました。
そして、ちょっと道をはずれてグレかかってしまい、ほかのクラスの友達は当然話しかけにも来なくなりました。

そんななか、◎◎さんだけが違いました。
どれくらいの時期を過ぎたときか、◎◎さんはいつも通り、「おはよう!」「きのうのあの番組見た!?」とアイドルグループの話題をしてくれたのですが、私は意地を張って無視しようとしていました。

ところが、◎◎さんは、ふと、私の目をじっとみて、「私の大好きな◯◯が、遠くにいっちゃって悲しい。また一緒に話そうね。」と言ってくれたのです。

◎◎さんの目が潤んでいたのに気づいて、こんなに私のことを思ってくれていた友達がいたんだ、意地を張っていた自分はなんて勝手だったのだろう、と心から反省しました。
その晩、私は、詳しい内容は忘れてしまったのですが、泣きながら◎◎さんに、ごめんなさい、ありがとうを伝える手紙を書きました。

そして、次の日の朝、家を出ようとしたら、◎◎さんが家の近くで待っていてくれました。
嬉しくて涙が出ました。 ◎◎さんは喜んで手紙を受け取ってくれました。
本当に嬉しくて、それからは、絶対◎◎さんを悲しませるようなことはしない、◎◎さんの力になろうと決めました。

おふたりの出会いは、私が◎◎さんをお誘いして出かけた職場関連のパーティーで新郎の□□さんとお会いになったのが馴れ初めです。
こんな魅力的な◎◎さんのことですから、△△さんは一目で見初められました。誰からもお似合いのおふたりです。

私がキューピットになろうと思ったわけではなかったのですが、偶然おふたりの出会いのきっかけを作ることができ、私はとても光栄に思います。
これからも、どうぞ末永くお幸せにお過ごしください。

本日このような晴れの場を迎えられましたこと、本当に心よりお祝い申し上げます。
これをもちまして、おふたりのはなむけの言葉とさせていただきます。
おめでとうございます。


マナーやポイントを抑え、おふたりの心に残るスピーチをしてくださいね!

<「スピーチ・挨拶関連」まとめ記事>

<「ゲスト向け祝辞・スピーチ」関連記事>

<「新郎新婦向け謝辞・挨拶」関連記事>

みんなのウェディング相談デスク

関連する記事