結婚披露宴BGMに生演奏を取り入れるメリット

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2016.12.21
結婚披露宴BGMに生演奏を取り入れるメリット

結婚式に、雰囲気を盛り上げるBGMは欠かせません。
披露宴で流す曲を、生演奏で依頼した方は、どのようなところに魅力を感じたのでしょうか。
また、生演奏を取り入れてみての感想や、ゲストからの評判はどうだったのでしょう。

そこで今回は、結婚披露宴BGMに生演奏を取り入れるメリットをご紹介します。


まずはどれくらいの方が、披露宴のBGMに生演奏を取り入れたのか見ていきましょう。

【質問】披露宴のBGMに生演奏を取り入れましたか?

はい...13%

いいえ...86%

披露宴で生演奏を取り入れる方は13%と少数派ですが、珍しいからこそ披露宴でゲストとして見た時は印象に残りますよね。

実際に生演奏を披露宴に取り入れてみた方は、どのようなメリットを感じたのでしょうか。

1.シーンに合わせて自由な演奏が出来る

披露宴のBGMを生演奏にすることのメリットの1つに、シーンに合わせて演奏を自分好みにアレンジ出来るということがあります。

華やかなシーンでは思い切り派手に、歓談中なら穏やかな演奏にできたり、BGMとしての自由度は高いですよね。

音楽は会場の雰囲気を作る大きな要素ですから、シーンに合った演奏があると、1つひとつの演出の感動を、より深くしてくれそうですね。

体験談
「生演奏だと感動も大きくなった!」
■生演奏だと感動が違います。実際に自分も感動しましたし、母親も号泣だったので成功だと思います。(20代後半女性)

体験談
「ピアノ演奏はゲストからも好評!」
■歓談中にピアノ演奏を入れていただき、しっとりとした大人な雰囲気がとてもゲストに好評でした。(30代前半女性)

2.ゲストに格式高い披露宴を印象づけられる

生演奏だと、CDなどをスピーカーから流すよりも迫力がありますから、ゲストの注目度も高くなること間違いなし。

生演奏でしか生み出せない雰囲気は、特別な日であることを、ゲストにもより実感してもらえるので、格式の高い結婚式を演出した方にはおすすめです。

披露宴会場が和風なのか、またはリゾート感のあるホテルなのかなど、会場のスタイルに合わせて音楽や楽器を選んでみるといいかもしれませんね。

体験談
「生演奏は高級感や特別感があった!」
■BGMの料金にピアノ生演奏が含まれており、やはり生演奏がある方が高級感や特別な感じがしていいと思いました。(20代後半女性)

体験談
「余興の代わりだが迫力がある!」
■余興も特に行わなかったため、音楽は生演奏が迫力あっていいと思ったからです。(20代後半女性)

3.親しい人に演奏してもらうとより特別感が増す

もし、家族や友人など、親しい人のなかに楽器を得意とする方がいれば、その方にお祝いとして演奏していただくのも1つの方法。

親しい方だからこそ、披露宴の演出に参加していただけるというのは嬉しいですし、感慨深いものがありますよね。

決して無理にお願いはしないようにし、もし引き受けていただけたら充分にお礼をするように注意しましょう。

体験談
「実の妹の演奏を退場のBGMに!」
■中座の際に妹の生演奏のなか両親と手をつないで退場し、とても感動的でした。(30代前半女性)


披露宴での生演奏は、式場のプランによって無料や割引で利用出来ることもありますので、まずは式場に料金のことなどを確認してみましょう。

自分たちの結婚式で、どのような雰囲気を演出したいのかよくイメージし、生演奏を入れるかどうか検討してみてくださいね。


<関連記事>

結婚式の曲の選び方、シーン別・アーティストBGM

関連する記事