【結婚式】お礼やお車代の金額相場&包み方・渡し方のマナー

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2017.10.31
【結婚式】お礼やお車代の金額相場&包み方・渡し方のマナー

結婚式では「お礼」の気持ちとして「お車代」を渡します。
お車代には実費としての意味合いもあり、友人や主賓など、渡す相手によって金額設定の線引きが悩ましいもの。
ゲストごとの相場はいくらになるのでしょうか。

そこで今回は、お車代に関するマナーや金額相場をご紹介します。


お車代とは

遠方からのゲストの交通費・宿泊費として用意します。
ただし、主賓・乾杯の方については、遠方でなくても自宅からハイヤー(タクシー)を利用して往復してもらうことを前提に御礼ではなくお車代として用意するのが一般的です。


目次に戻る

お車代の袋・包み方

お車代金額に応じて、用意する袋が異なります。

数万円程度お渡しする場合

数万円程度渡す場合は、「水引き」と「のし」のついたものを選びます。
水引きの種類としては、「あわじ結び」(写真)・「結び切り」のものを選びましょう。
水引の上には、御礼もしくは、御車代のどちらかを記入をお忘れなく。

数千円程度お渡しする場合

数千円程度渡す場合は、このようなぽち袋でも構いません。
最近は、様々なデザインが売っていたり、自身でDIYする花嫁さんもいらっしゃいますね。
ぜひ、あなたらしいものを選んでみてください。


目次に戻る

お車代の渡し方

受付係から受付時に直接手渡してもらうのが、もっともスムーズな方法です。
とはいえ、せめて主要な人物(主賓・乾杯)や親族へは両親からも挨拶を兼ねて直接、手渡しされると良いのですが、渡す方と渡さない方が一緒にいるところでコッソリと渡すのは難しかったり、主賓・乾杯の方なら席に座っているときとなると、会場の中央の一番目立つ席であることから、やはり受付で渡してもらうほうがスムーズであることもあります。 その場合、式中に必ずご挨拶をしておくことをおすすめします。


目次に戻る

誰にいくら渡すべき?お車代の相場

受付を担当してくれた方に

3,000円~5,000円

受付などを担当した友達などへお礼として渡す場合は、この金額設定が多いようです。
この場合、頼んだ側の親から、挨拶をかねてぜひ手渡し するようにしましょう。
また、包んだお金と合わせて、なにか品物をお渡しするのもいいかもしれません。

遠方からきてくれたゲストの方に

交通費の半額~全額

予算が許すならば、遠方ゲストへは交通費の全額負担がのぞましいでしょう。
その場合は、実費を渡すよりも事前に新郎新婦側でチケットを購入して、先方の手に渡るようにするとスマートです。
もちろん、先にチケットをお渡ししなくても当日実費分をお渡しするというのでも問題ありません。

また、全額負担は難しいけれど、気持ちだけは…という遠方ゲストへは、交通費の半額がキリのよい数字として考えられる金額設定のようです。

主賓・乾杯・祝辞を依頼した方に

10,000円~30,000円

主賓のゲストや、乾杯・祝辞を依頼したゲストに対しては、最低でも1万円以上お渡しするのが相場のようです。
相手側のご自宅が式場から近くても同様に包みましょう。

また、お渡しする際は、それぞれの親から挨拶もかねて、めだたないようスマートに渡したいところです。


「お礼」の意味合いでの「お車代」は、ご祝儀の相場との兼ね合いで金額設定を考えられている場合が多いようです。

一方、「実費」の意味合いでの「お車代」は、より直接的になるので、友達や親戚など、事情のわかった関係であることが前提といえます。
予算とゲストとの関係を見極めて、金額設定をしてみてはいかがでしょうか。


<関連記事>

これでトラブル知らず!結婚式のお車代をスマートに渡すためのマナー

いつ?誰から?「お車代」のスマートな渡し方とは?!

結婚式でお礼代を上手に渡す方法って?

結婚式の主賓に渡す失礼のないお礼3パターン

<スピーチ・挨拶関連まとめ記事>

結婚式披露宴のスピーチ&挨拶<祝辞・謝辞>文例や禁句のマナー

<新郎新婦向け謝辞・挨拶関連記事>

結婚式・披露宴の新郎挨拶<謝辞>スピーチ文例とポイント

結婚式・披露宴<新郎のウェルカムスピーチ>動画まとめ

結婚式のスピーチ<新郎新婦の父親>挨拶動画まとめ

結婚式の花嫁から感謝の手紙<書き方・文例集>まとめ

新郎挨拶にそのまま使える! 結婚式ウェルカムスピーチ文例

みんなのウェディング相談デスク

関連する記事