ウェディングドレスのアクセサリーを選ぶときの3つのポイント

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2018.08.19
ウェディングドレスのアクセサリーを選ぶときの3つのポイント

結婚式に着るウェディングドレスは選び抜いた1着。
どんなアクセサリーをつけるかによって、印象ががらりと変わります。

より美しく着こなすためにも、ドレスを引き立ててくれるアクセサリーは慎重に選びたいですよね。

そこで今回は、ウェディングドレスのアクセサリーを選ぶときの3つのポイントを紹介します。


1.ドレスに合わせて選ぶ

まずこだわって選んだドレスを主役にし、どんな素材のアクセサリーが合うのかを考えるところから始めてみましょう。

パールはどんなドレスにも合う 万能さがありますし、 スワロフスキーやストーン系のものは華やかさ があります。 それぞれのアクセサリーの特徴を捉え、ドレスをより引き立たせるものを選びたいですね。

体験談
「シンプルスワロフスキーでドレスを主役に!」
■私はシルバーでスワロフスキーのついているシンプルなものにしました。ウェディングドレスを見て欲しかったので、アクセサリー類はあまり派手にはしませんでした。(20代後半女性)

体験談
「シンプルドレスにはアクセサリーでボリュームを!」
■2連の真珠ネックレスに、ドロップ型の真珠がついた華やかなデザインにしました。ドレスがシンプルだったので、アクセサリーは豪華にボリュームを出すようにしました。(30代前半女性)

2.会場に合わせて選ぶ

アクセサリーを会場の雰囲気に合わせて選んだり、変化をつけたりするのもひとつの方法です。
特に挙式では神聖なイメージを大切にするために、あえて シンプル なアクセサリーを選ぶという方は多いようでした。

また、リゾート挙式やガーデンパーティーなどの場合はナチュラルなイメージの レイや花冠 などをアクセサリーに使うのもいいですね。

体験談
「場所によってアクセサリーを使い分け!」
■挙式ではアクセサリーをパールで統一し、披露宴では披露会場でも映えるよう、大きくて光を反射するビーズ素材のものに変更しました。(30代前半女性)

体験談
「アクセサリーで花嫁の雰囲気を変える!」
■チャペルでは上品に見せたかったので真珠のネックレスを選び、披露宴ではダイヤのついたものを選びました。ネックレスを変えるとイメージが結構変わると思います。(20代後半女性)


3.統一感のあるデザインや素材を選ぶ

ドレスの時に着けるアクセサリーと言えば、 ネックレス・ピアス(またはイヤリング)・ヘアアクセサリー の3点セット。 全て顔周りのものですから同時に目に入ることが多く、この3つにまとまりを出すことは意外と大事なこと。

素材やモチーフを合わせ、ドレスとのバランスを見て全体的な 統一感 が出るように意識してみましょう。

体験談
「ドレスと同素材のビーズを選ぶ!」
■ドレスの後ろにビーズの飾りがあったので、それと同素材のネックレスを選びました。(40代前半女性)

体験談
「アイテム選びで全体の統一感を出す!」
■披露宴は豪華なティアラを付けたので、それに合わせたスワロフスキーのネックレスにしました。パールならパールで素材を合わせた方がまとまると思います。(30代前半女性)


その他、お母様から譲ってもらったパールのネックレスを着けるなど、思い入れのあるアクセサリーを選ぶという方も多いようでした。

アクセサリーの選び方によって全体の印象は変わってきますから、自分のなりたい姿をよくイメージして決めてくださいね。


<「ウェディングドレス」関連ページ>

人気のウェディングドレス・カラードレスを選ぶならこちら

<「ウェディングドレス」関連記事>

ウェディングドレス<デザイン・種類別>画像まとめ

ウェディングドレス<種類・ライン別>デザインまとめ

ウェディングドレスの選び方!体型や雰囲気にあう種類・デザイン

カラフルなカラーウェディングドレスまとめ

結婚式を華やかに!カラフルなカラーウェディングドレスまとめ

ウェディングドレス用の下着!ブライダルインナーの種類や選び方

ウェディングドレスのレンタル料金相場と注意点

<「結婚式の髪型」関連記事>

ウェディングドレスにぴったりの髪型<ロング・セミロングヘアー編>

ウェディングドレス&和装の髪型♪生花を使ったヘアアレンジ

ウェディングドレスにぴったりの髪型♪<ミディアム~ロングヘアアレンジ>

結婚式お呼ばれ髪型<最新版>自分でできる髪型画像70選&マナー


▼気になる部分を即効シェイプ!
ドクターシーラボのエステサロン【シーズラボ】

関連する記事