結婚式、披露宴を大阪で考えているお二人へ。「ラソールガーデン大阪」は、大阪市キタ(梅田・新大阪)エリアのゲストハウスです。挙式や外観、会場内の写真から式場の雰囲気をつかんだら、先輩カップルが投稿した実際の費用と料金プランを見比べたり、結婚式場口コミで料理やスタッフ、進行演出、衣装や施設の評価をチェック。気になったら、ブライダルフェア・見学予約をして式場訪問してみましょう。

最寄駅
中之島駅, 福島駅, 新福島駅
会場ジャンル
ゲストハウス
総合評価
4.17
口コミ数 92件
投稿費用
の平均
- 万円( - 人)
本番の投稿数 1件
  1. 口コミ (92)
  2. 費用明細 (13)
招待
バニラとライス さん (女性) 認証済み
式場返信あり
招待時
20代後半
招待日
2016年2月
投稿月
2016年6月
総合評価 3.90
費用 - 設備 4.50
演出 3.50 料理 3.50
スタッフ 4.50 立地 3.50
衣装 -    

チャペルが大きく綺麗だった
とくに思いつきません
バニラとライスさん(ラソールガーデン大阪口コミ)

(417文字)

結婚式場の雰囲気・設備の良さ

ホテルウエディングやゲストハウスのチャペルはこじんまりとしたところが多い印象ですが、ここはチャペルも広くバージンロードも長いので素敵でした。

演出・オリジナリティの満足度

ガーデンがあり、そこで新郎新婦と写真を取ることが出来ました。
冬で寒かったですが、天気がよく、素敵な写真が撮れました。

料理の満足度

締めの料理でお茶漬けのような、出汁をご飯にかけて食べたのが結婚式では初めてだったので印象的でした。

式場スタッフの満足度

余興をお願いされたいたので、式の前に何度か担当プランナーさんとやり取りをしていますが、その時もしっかり対応をしていただけました。
当日も余興の一部を手伝って貰え、とてもありがたかったです。

喋りやすいスタッフさんが多く素敵でした。

立地・交通の便の良さ

駅から遠く、歩くのは大変ですが、梅田から専用のバスが出ているのでとても楽でした。

この口コミは役に立ちましたか?
後で読みたい場合は、お気に入り保存が出来ます。

役に立った! 0
お気に入り

式場からの返信コメント

ラソールガーデン大阪

(返信日:2016年6月8日)

バニラとライス様

この度は、お忙しい中をラソールガーデン大阪の口コミにご投稿いただき、誠にありがとうございます。

当館は、中之島という都会の好立地にありながら、贅沢に空間を使い、新郎新婦お二人はもちろんのこと、ご親族やご友人ゲストの方々がゆっくりラグジュアリーな空間をお過ごし頂けるように設計しております。
チャペルの天井は7m、バージンロードは16mあり、窓からはガーデンの
陽光がふりそそぐ、スタッフも自慢のチャペルでございます。

婚礼のメニューでお茶漬け?と驚かれたかもしれませんね。ゲストがほっこりとでき、それでいて印象に深く残るものを・・・と新郎新婦お二人がセレクトされることも多く、好評いただいておるスタイルでございます。

スタッフの対応にもお褒めのお言葉をいただき、大変うれしく思っております。今後もスタッフ一同、ラソールガーデン大阪を訪れる方すべてに心を込めたおもてなしができるよう、励んでまいります。

この度は貴重なご意見、誠にありがとうございました。
また機会がございましたら、ぜひ、ラソールガーデン大阪へお越し下さいね。

口コミの内容は、好意的・否定的なものも含めてバニラとライスさんの主観的なご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
また、口コミで記載されている式場サービス内容・金額・スタッフ・運営会社は、2016年2月当時のものです。現在とは異なる可能性がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

この式場の招待の口コミをもっと見る

基本情報・お問い合わせ

会場名 ラソールガーデン大阪
挙式スタイル 教会,人前
収容人数 2人~121人
TEL・予約
通話無料0066-9680-511091
ラソールガーデン大阪のウェディング専用ダイヤルです。
この式場で挙式・披露宴を検討されている方の専用フリーダイヤルです。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。※IP電話からはつながりません。通常回線・携帯電話などからご利用ください。
この式場が気になったら、まずはブライダルフェアの予約をしよう!
ブライダルフェア一覧へ
空き日程などの確認や資料のお問い合せはこちら
見学予約する 資料請求する お問い合わせ
定休日 水曜定休(祝日の場合は営業)
受付時間 平日12:00~20:00、土日祝9:00~20:00(毎月第3火曜日18:00までとさせていただきます)
住所 大阪府大阪市北区中之島5-3-74
アクセス情報へ >
PR おすすめの記事